双極性障害のひとは、禁酒するべき! アルコール依存症になりやすいからね

どうも、メンタルヘルスブロガーのほっしー(@hossy_FE_AP)です。

双極性障害のひと
お酒飲みたい…お酒…お酒…

あなたはお酒に溺れてませんか?大丈夫です?

 

お酒はできるだけ飲むなよ! と、精神科医も警告してます。

さまざまな薬剤や物質が、気分障害の原因となる。

もっとも身近で、多くの人が関係しているのが、アルコールである。

ストレスを感じると、アルコールなど発揚効果やリラックス効果のあるものを摂りたくなるが、飲酒は、うつなどの気分障害を引き起こす原因となり、しばしば悪循環をもたらす。

引用:うつと気分障害

 

また、双極性障害のうつ状態から脱するために、お酒を飲んで忘れてしまおうとする方もいるそうな。

それは絶対にダメです。依存症につながるので…。

うつ状態から脱せるなら…という思いもあるでしょうから、普通の人より依存症になる恐れがありますよ。

 

 

アルコール依存症は怖い

 

アルコール依存症になると、精神科の領域になります。

立派な精神疾患の1つに数えられています。

私の友人の父がアルコール依存症でした。

酒がないと彼の父は暴れだしてしまうほどに依存していたそうです。

 

双極性障害だけでも、家庭を壊しかねない病であるのに、そこにアルコール依存が加わると考えただけでも恐ろしいですね。

もし今、あなたがそこまでお酒好きじゃない〜たまに飲む〜ぐらいの程度であれば、禁酒をした方がいいでしょう。

お酒が好きで好きで仕方がないという方は、主治医と相談してください。なにより、すでにアルコール依存症の可能性もあるかもしれません。

 

うつ+アルコールの相性は最悪だ

アルコールやカフェインなど、睡眠や気分に作用する薬物は摂取しない方がいいといわれています。

双極性障害はアルコール依存症との併存も多いので、その場合は必ず禁酒する必要があります。

薬物療法との相互作用もありますし、波が安定せず今後何度もつらいうつを経験したり自殺企図したりするよりは、最初はつらく感じても禁酒した方がいいと思いませんか?

引用:双極性障害ーその波の向こう

 

わたしのフォロワーさんにも、うつがひどくなるとお酒がやめられなくなるという人がいるんですよ。

お酒自体が好きだってこともあるんでしょうけど、それ以上に現実逃避の手段として飲んでいる印象です。

まだわたしがやっているような現実逃避のほうが健康にいいw

 

お酒を飲むと現実を忘れて頭をふっとばすことができます。

まぁ寝逃げに近い感覚なのかもしれませんねぇ。

うつから逃げるためにアルコール入れたって、うつも悪化するしアルコール依存症になるしで、最悪なだけですよ…。

 

お酒は睡眠の質も下げます

太陽光の届く場所にベッドを配置するのも有効です

 

私自身もそうでしたが、特にうつ症状や不安、不眠を和らげようとしてアルコールを摂取する人も多いと思います。

しかし、かえってアルコールをやめた方が確実に気分はよくなりますし、アルコールは睡眠の質を低下させるといわれています。

引用:双極性障害ーその波の向こう

睡眠の質が下がってしまうと、うつや軽躁、躁を誘発してしまいかねません。

双極性障害に限らず、精神疾患はとにかく生活リズムを守ることが大切。

その意味でも、アルコールは私たちの大敵となりそうです。

 

糖尿病を誘発するかも?

アルコール依存症も怖いですが、もう一つ合併症として代表的なものに、糖尿病があります。

非定型抗精神病薬

オランザピン(商品名:ジプレキサ)、アリピプラゾール(商品名:エビリファイ)、クエチアピン(商品名:セロクエル)、リスペリドン(商品名:リスパダール)などがあります。

いずれも躁状態に対する治療効果が報告されている他、クエチアピン、オランザピンは、双極性障害のうつ状態に対する治療効果が報告されています。

また、オランザピン、クエチアピン、アリピプラゾールは、再発予防効果も示されています。オランザピンは双極性障害の躁症状およびうつ症状に対する適応が、アリピプラゾールは双極性障害の躁症状に対する適応が認められています。

躁状態では、非定型抗精神病薬を気分安定薬と合わせて服用することにより、さらに効果が高まります。

非定型抗精神病薬は、いずれも「パーキンソン症候群」が起きにくい特徴がありますが、これらはいずれも糖尿病を誘発する場合があるので、血糖値に注意しながら服用する必要があります。

アリピプラゾールは、じっとしていられなくなる症状(アカシジア)や、不眠がでる場合があり、量の調整に注意が必要です。

引用:http://square.umin.ac.jp/tadafumi/Living_with_bipolar.htm

精神科の薬の中には、副作用として太るってのもあるんですよ。

しかも、並の太り方ではない。2ヶ月で14キロ太ったという話を聞いたことがあるぐらいです。

薬の副作用で甲状腺機能が低下することも、太ってしまう原因の1つと言えるでしょう。

 

太る副作用、女性は特に注意してください

男性よりも、体重に対して過敏な反応を示すのが女性です。

太ってしまうというだけで、うつが加速しますよね。

男性も太るのはまぁ嫌ですけど、そのストレスは女性ほどではないでしょう。

 

もちろん、男女ともに太ることは双極性障害以外の身体的な病気も招きかねないので、太る副作用のある薬は極力避けるべき

抗うつ薬は副作用があるのでしゃーないといえばしゃーないんですけども。

 

さいごに:お酒は太るし、うつはひどくなるし、金かかるしでいいことねーぜ!

お金

お酒は普通の人でも依存症に気を付けなければいけないところ。

双極性障害ならなおのこと、うつから逃れるために依存してしまう可能性はかなり高い。

まぁ…理解されにくい病なので、孤独になってしまう気持ちはわかりますけどもね。

 

もし今の段階で、やろうと思えば禁酒できるってひとは、さっさと禁酒してしまいましょう。

無理やり辞めるとそれがストレス要因になるので、医師と相談しながら辞めていけるとベストですね。