見えない障害バッジをつけて啓蒙活動に協力したい

どうも、ほっしーです。

ブログの問い合わせボックスに、こんな問い合わせがありました。

女性
双極性障害のことについて調べていたら、あなたのブログを知りました。仕事のこと、症状のこと 色々あり、参考になりました。

嬉しいなぁと思いながら読み進めていると、ある1つのお願いがあるとのことで。

女性

私は、見た目では精神障害があるように見られません。

なので見えない障害バッチをつけています。

これを紹介してほしいのです。

ほっしー
見えない障害バッジ…?

最初はてっきり、見えない障害バッジをつけているようなものだという解釈なのかと思いましたw

念のため検索してみると、実際に存在するようです。

「見えない障害バッジ」という名のバッジが。

「見えない障害」の当事者として情報発信をしているのに、恥ずかしながら今日まで知りませんでした…w

ほっしー
私も啓蒙活動に参加したい…!

 

 

バッジによって「障害を見える化」する大切さ

難病、内部疾患、発達障害など、社会で認知されず、福祉政策でも「制度の谷間」に落ち込み、サポートが受けにくい「目に見えない」障がい、困難、痛みをもつ人が数多くいます。

電車で席を譲られることもなく、「怠けている」「わがまま」「やる気がない」と思われることもめずらしくありません。

「バッジをつけて、見えない障害を知ってもらおうよ。」 twitter のみんなの声から、このバッジはうまれました。

引用:見えない障害バッジ | わたしのフクシ。

見えない障害の代表格と言ってもいい精神障害。

制度の谷間に落ち込んでしまうのも、病気自体が認知されていないからです。

また、見えない障害だからと言って萎縮して生きていると、正しい情報が摂取できなくなっちゃうんですよ。

例えば障害年金なら、社会保険労務士にお金を払って取得確率を大幅に上げるという技もあるんですが、それもあまり知られてません。

社労士と障害年金を取るまでの流れをまとめてみたよ

 

精神疾患は見えないだけにとにかく理解されない扱いを受けてしまいます。

自暴自棄になって、ズブズブと闇に落ちていっちゃうんですよね…。

本来受けられる福祉を知ることのない人たちにも、調べる勇気を与えることができるんじゃないかと思います。

 

私はこれからもブログで情報発信を続けていきますが、ブログってのは検索されなけりゃ読まれないんですよね。

インターネット空間に情報があるだけで、リアルの世界には存在しません。

その点、バッジという形でリアルの世界に表現できるのはインパクトあります。

男性
あれはなんのバッジだ…?

ってなるわけですから。

 

デザインは2種類から

  • 当事者用はハート付きのデザイン
  • 啓発用はノーマルなデザイン

当事者用デザイン

啓発用デザイン

私は当事者ですが、おそらく啓発用の方を常用します。

ほっしー
ブログやTwitterで情報発信をしているので、啓発側だと思うんです。

みたいな、高尚な理由ではなく、デザイン的にハートはちょっと…と思うだけですw

 

見えない障害バッジの気になる点

試みは非常にいいと思います。

精神疾患だけでなく、見えない障害はたくさんあるはず。

それを啓蒙するまたは当事者としてアピールするには何か形が必要ですからね。

 

ただ…、このバッジのデザインで気づいてもらえるのかは少々疑問。

イエローリボンを彷彿とさせますが、一般の人がどこまで知っているのか…。

また、「大切なものは目に見えない」これが一体何を意味しているのか、解読するのは難しそうです。

 

まずは見えない障害バッジを認知してもらうことからかな。

私もささやかながら協力します。

見えない障害バッジはこちらから購入できます

お申込みはこのページからできます。

ただ、企業でもNPOでもない有志の集まりらしいので、少量生産っぽい。

記事執筆時(2017/08/02)見てみると、8月中旬に申し込みを再開するという記述があります。

Twitterアカウントで通知してくれるみたいなので、フォローしておくと良さそう。

私もフォローしたので、次回購入を待ちます!