私の居場所はここじゃない…。 精神病院からの脱走劇

逃げてない? run

皆さま覚えているかたはいるでしょうか?

知っている方も、知らぬ方も、どうも双極I型おまえと申します。

今回は、わたしの三度目の入院について書かせていただこうと思います!

 

「入院なんて慣れたものだ」と、気軽にスタート

2週間という、意外と短い間。

まどろっこしいので、結論から書きますと、病院から抜け出し無断で家まで歩いて帰りました。

距離にするとおよそ7キロ。

 

なぜこんな事態に陥ったのか、これから書かせていただこうと思います。

入院は以前と同じように、自主入院でした。

 

初期の期間は2週間。

三度目の入院ということもあり、わたしはあっという間だろうと、たかをくくっていました。

荷造りは完璧、もう慣れたものだとでもいうように、わたしは入院したのでした。

 

急な環境の変化に、病状が悪化

病院

異変が起こり始めたのは3日目でしょうか?

ホームシックといえばいいのか、それまで個室だったわたしは、今回初めて今回4人部屋の大部屋は初めてでした。

でも大丈夫だと思っていました。

しかし、深夜、右隣から響き渡るトドのようないびきを聞くまでは。

 

同室にいる人は、皆年上の方や、年配の方。

話す相手はお見舞いにきた、家族だけ。

他に話す相手もいません。一縷の望みは家族のみです。

あと、ゲームと漫画。

朝毎日点滴を打たれ、不安定の状態のまま数日が過ぎ、ナースコールの紐で首を閉めようとした自分が怖くなり、頓服をもらいにナースステーションに行きました。

 

ナースの言葉

病院の椅子

一番言いたくないことを振り絞って、わたしは言いました。

おまえ
ひどく死にたい気分なので、薬をください

これでも必死に言いたいことを言いました。勇気を出していった言葉でした。

 

それを聞いた看護師さんは、なんでもないことのように、当たり前のように、

女性

ちょっと待ってね、こっちかな…こちがいいかな…?

と、わたしに出された薬を見ていました。そして最後に、

女性

薬を飲んでゆっくり横になってね

という言葉を残し、仕事に戻りました。

 

その時思ったのです。

わたしが言いたくもない死にたいとしても、看護師さんには聞き慣れた言葉で、さして重要なものではないと。

ありふれた言葉なんだと。

わたしは思ったのです。

死にたいという思いが、普通に扱われるところに、これ以上いられないと。

元々自宅には帰りたかったのです。

 

答えは1つ。

看護師が見回りに来る前に、家に帰ろう。

グーグルマップを見たら、丁度母がパートから帰って来る時間帯でした。

 

いざ、脱走。

逃げてない? run

わたしは財布と携帯だけを持ち、まるで散歩に出かけるような身軽さで、家へと、自宅へと、歩き始めました。

精神状態は突き抜けた躁状態。それも怒りの方向に向いていました。

おまえ
絶対に帰る、家に帰るんだ。なにがなんでも。

怒っていたことも覚えています。

わたしの頭の中にはそれしかありませんでした。

 

汗だくになりながら、家へ家へと

しかし不思議なことに頭の中で流れていたBGMは、カントリーロードでした。

故郷からこれでも離れるかと思っていたにもかかわらず。故郷に帰るのにも帰るのに。

 

自分の居場所は、家なんだと再確認

玄関の前

家に帰ると、パートから帰って来た母がちょうど帰って来ました。

家に着いた途端、わたしは号泣。

もう戻りたいと何度も繰り返しました。

ここがわたしの家なんだと。

 

そのあと、また病院に戻り、診察に戻り、主治医のおじいちゃん先生と話しました。

その結果、外泊をして、2週間の予定が、5日で退院することにしました。

あの暑い中早歩きであるいたことはわすれません。

そして、Googleマップのありがたさも!

 

さいごに

閉鎖病棟は出られませんが、散歩に出られるような病院は気をつけてくださいね。

怒りと、躁転で、汗だくになっても必ず帰ると決めてしまったら、帰ることができませんでした。

双極性障害の皆様、くれぐれもお気をつけてくださいね。

わたしは、看護師の方が見回りに来る間に散歩に行くがごとく、家に向かいました。

 

どうしても、辛い場合は、主治医・看護師の方に話すようにしてくださいね。

もし、今回のようにいなくなったことがバレていたら、大変なことになります。お気をつけを!!

 

おまえ

寂しがりやのわたしは、3日が限度でした…

少しでも治すために、入院を決めたりしてください。

おまえのほしいものリスト

 

関連記事

 

逃げてない? run

心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(最高45万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。

#うつマッピングの著者です。

詳細プロフィールはこちら

YouTubeチャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。