障害年金証書が届いたらチェックしておきたいこと

どうも、双極性障害と戦うブロガー星野 良輔(@hossy_FE_AP)です。

障害年金を申請して受給権を獲得すると、年金証書と年金決定通知書が1枚の書類として自宅の届きます。

届いたら何かしないといけないというわけではありません。

 

ただ、自分が何級なのか? 月額いくらもらえるのか? といったことを確認しておきたいですよね。

何級かということはすぐにわかりますが、金額に関してはわかりにくいです。

説明書が一枚付属してるんですが、これ分かりにくいので自分の認識であっているのか役所に行って聞いてきました。

障害年金証書

年金証書と年金決定通知書が1枚の書類として届きます。

障害年金証書の説明書。書いてあることよくわからん。

 

まず自分の個人情報の記載内容に間違いがないか確認して、間違いがなければ気になるポイントをチェックしていきましょう。

 

自分の障害等級は何級かな?

まずは等級の確認です。

書類の右下を見れば等級が書いてあります。

障害等級はここを見てね
障害等級の確認拡大画像

「障害の等級」という項目に等級が記載されています。

ちなみに、次回診断書提出年月も記載されています。要するに障害年金の更新日。

忘れないようにしましょう。

 

で、どこ見たらいくらもらえるかわかるの?

障害基礎年金の場合

障害基礎年金

障害基礎年金の場合は、下部の赤枠の中の金額です

障害厚生年金の場合

障害厚生年金

 

年金額は年額表示

年額表示です

振込は2ヶ月に1回! 月1ではないので気を付けましょう。

6分の1づつ振り込まれます。

年金額が100万円なら2ヶ月に1回、約16万6000円振り込まれる計算になりますね。

 

遡求に成功している場合

「受給権を取得した年月」が「審査が通った日」よりも前だった場合、遡及に成功しています。

遡及に成功している場合

受給権を取得した月の翌月分から直前の支払い月の前月までの分が支払われます。

例で言うと、平成27年11月〜平成28年11月までの12ヶ月分ですね。

 

障害年金証書は障害者手帳の申請時に使える

障害年金証書があれば、医師の診断書なしに障害者手帳の申請ができます。

等級も合わせてくれるので、先に障害年金を取得してから障害者手帳をとったほうがいいでしょうね。

病院によっては診断書は1万円を超えるところもあるので…。少しだけ節約できます(笑)

障害者手帳申請書

障害者手帳の申請書。添付資料に障害年金証書等の写しと記載されている。

ちなみに障害者手帳は障害年金と違って申請は簡単です。

この書類を書いて写真を貼って終わりでした。

ほっしー

障害年金の申請とは雲泥の差ですわな…。

障害者手帳取得方法については、以下の記事で詳しく解説してます!

簡単だよ! 精神障害者福祉手帳を取得する流れまとめ

 

あまり知られていない重要情報

障害年金受給者は、国民年金の法定免除資格を得ることができます。

ほっしー
ただこれ、申請しないとダメなんですわ。

国民年金はバカにならないほど高いので、金銭的に厳しい人は検討しましょう。

申請しないとダメ! 障害年金を受給してたら国民年金が免除されるの知ってた?

 

さいごに:まだお金は振り込まれませんぜ

50日経過後の月に、年金送金通知書という別の書類が届きます。

お金入れましたぜー!っていう通知ですね。

障害年金の申請を社労士にお願いしているなら、初回振り込み時の金額を計算して報酬額が発生するでしょうから、すぐに使ってしまわないように注意しましょう。

分からない場合はここに聞きに行こう!

  • 年金事務所
  • 街の年金相談センター
  • 区役所(簡単なことなら年金事務所に問い合わせてくれます)