軽微双極性障害(ソフト・バイポーラー)というものがある。

どうも、ほっしー(@hossy_FE_AP)です。

双極性障害という病気は、双極性障害1型、双極性障害2型という分類をされていることが多いです。

しかし、実際にはそのように明確にわけられるものではありません。

 

1型にも2型にも該当しない…単極性のうつ病かもしれない…とずっと誤診を受け続けてしまう患者もいるそうです。

私も双極性障害と言われたり季節性のうつ病かもしれないと言われたり…。

右往左往しています。

 

双極性障害には、ソフトバイポーラーと呼ばれる軽微な双極性障害という定義もあるんですよ。

ソフト・バイポーラーと呼ばれる、比較的軽症で、生活の支障も比較的小さなものも、双極性障害として扱われるようになっている。

そうしたケースでは、必ずしも薬物療法が必要なわけではなく、自分の傾向を自覚し、ライフスタイルの見直しや適切な対処を行うことで、マイナスの影響を防ぎ、人生の質を高めることができる。

引用:うつと気分障害

もうなにがなんだかw

 

 

単純ではない双極性障害について

双極性障害1型と2型

一般的に、双極性障害(躁うつ病)というと、双極性障害1型を指すことが多いです。

単極性うつ病にも見られるうつ状態と異常なまでのハイテンション、周りを傷つける攻撃性、意味不明な過大投資を行う躁状態の2極化が見られる病気です。

 

私が患っている双極性障害2型というものは、躁状態がそこまでハイテンションにはならない(異常には見えない)軽躁状態というものを伴います。

なんだ、単純に1型の弱いやつじゃん。と、片付けるのは早いです。

たしかに、躁状態の時の異常性は1型に及ばないので、社会的に迫害されやすいわけではありませんが、それ故に、医者にも自分にも病気が見えにくいのです。

 

私自身も自分が双極性障害2型と言われているけど…といった感じです。

冬季うつ病の疑いもあると言われていますが、確定しているわけではありませんからね。

 

軽微双極性障害(ソフト・バイポーラー)

双極性障害の診断にはDSMというものを用います。

  • 双極性1型障害(Bipolar Ⅰ Disorder)……明確な躁病エピソード(manic episode)があり、それに大うつ病エピソードが付随する疾患。
  • 双極性2型障害(Bipolar Ⅱ Disorder)……1回以上の軽躁病エピソード(hypomanic episode)と1回以上の大うつ病性エピソード(major depressive episode)が見られる疾患。
  • 不安性苦悩型(With anxious distress)……不安による苦痛・苦悩が目立って見られるタイプ。
  • 混合型(With mixed features)……躁病エピソードや大うつ病性エピソードにおける混合症状を定めたもの。
  • 急速交代型(With rapid cycling)……1年間に4回以上の急速な気分の変動を繰り返すもの。
  • メランコリー型(With melancholic features)……几帳面・生真面目・責任感が強い・悲観的といったうつ病の病前性格と相関しているもの。
  • 非定型(With atypical features)……嫌な出来事や不快な人間関係に遭遇した時に症状がでやすいストレス反応性のもの。
  • 気分に一致した精神病型(With mood-congruent psychotic features)……自分の感じている気分や自分が置かれている状況と一致した形で、双極性障害のような気分・感情の乱れが生じるもの。
  • 気分に一致しない精神病型(With mood-incongruent psychotic features)……自分の感じている気分や自分が置かれている状況と一致しない形で、双極性障害のような気分・感情の乱れが生じるもの。
  • 緊張病型(With Catatonia)……精神運動制止(精神運動抑制)の機序によって、感情的・心理的な反応が殆ど見られなくなるもの
  • 周産期発症型(With peripartumonset)……産後うつ病のマタニティブルーのように妊娠出産の影響を受けて発症するもの。
  • 季節型(With seasonal pattern)……冬季うつ病のように季節・日照時間・気温の影響を受けて発症するもの。

 

双極性障害と一口に言っても、これだけの傾向が存在するということです。

しかも、これに該当しない、単極性のうつ病にも該当しない、その他精神疾患でもなさそう…。だけど経過は双極性障害だ。というものを軽微双極性障害というそうです。

 

お察しの通り、双極性障害1型よりも2型よりも症状としては軽いものですが、患者は何かわからないけど気分が上下しやすい。

しかも抗うつ剤は一切聞かないという自体に陥ってしまいます。

 

軽躁病の範囲が広すぎる

軽微双極性障害の特徴も踏まえた上で、双極性障害の範囲について聞いてみると、プライマリー・ケアをしている仲間は、「自分の患者の半分がその範囲に入る」と答えました。

引用:「うつ」がいつまでも続くのはなぜ?双極2型障害と軽微双極性障害を学ぶ

 

このDSMを用いた診断方法では該当しない患者が多いそうです。

 

当院に来院される患者さんの中で、最近一番増えているのがこの病気です。
双極性障害(躁うつ病)としてあつかう病態ですが、必ずしも躁のエピソードは必要ありません。

ご家族に躁うつ病のかたがおられたり、抗うつ剤によって元気になりすぎたことがあるだけでも
この病気の可能性があります。

他には寝すぎてしまう過眠症状や過食衝動(非定型うつ病の特徴)、産後の発症、
抗うつ剤が効きにくい、3回以上うつを繰り返しているなどの特徴があると、可能性が高いです。

往々にして患者さんは病院ではうつ状態の話しかしませんので、
この病気がうつ病と誤診されているケースが非常に多いです。

引用:気分障害

 

私は双極性障害というよりも軽微双極性障害に近いんじゃないかと勝手に思っています。

家族に躁うつ病の人はいませんが、家族に疑惑がかかっているひとはいますねぇ。

 

ただ、処方されている薬はレクサプロという抗うつ剤なので、仮にこのケースだとすると激しい躁状態が出るはずなのですが、その兆候が見られません。

担当医師は「気分障害という大きな枠組みで見ている」と言っているので、もしかしたら双極性障害とは思われていないのかも?

診断書にもうつ病って書かれちゃいますからねぇ。

 

医者でさえも診断に困っている

うつ病よりも誤診されるおそれが高い

双極性障害1型に比べると、2型、軽微双極性障害というのは症状が見えにくいもの。

一般的には、うつ状態はどれも同じような感じですが、躁状態に違いが現れます。

 

あまりこういう捉え方は良くないかもしれませんが、1型⇛2型⇛軽微の順番で躁状態の躁が弱くなっていきます。

なので、躁状態は単純にちょっと調子がいい!うつが治ったんじゃないのか!?と思って病院に行きません。

もしくは、診察するときも、なんだか調子がいいです。と、医師からみても異常性は見られないので、躁状態かどうか医師が見抜くのは難しいのです。

 

だからこそ、軽い躁状態をもつ双極性障害2型や軽微双極性障害は理解されにくいのです。

 

間違った薬の処方により、治療期間が伸びる

仮に、双極性2型もしくは、軽微双極性障害だとして「うつ病」と誤診された場合。抗うつ剤が処方されることになるでしょう。

双極性障害は、気分安定薬と抗うつ剤を併用することで、バランスを取ろうとします。なので、抗うつ剤のみを使用した場合、躁状態が誘発、いわゆる躁転してしまいます。

この間違った処方により、症状がより悪化してしまい、長期化してしまうんです。

 

双極性障害の治療長期化は脳にダメージを与えて、認知機能を低下させてしまうという話もあります。

また、相当深刻になると、低下した認知機能は戻ることがないこともわかってきています。

 

双極性障害は難治性の病気

だからこそ深く知らなければならない

私も、本を読んだり医師と相談したりしながら探り探り勉強をしています。

ここに書いてあることも間違っているかもしれません。間違いがあれば修正いたします。

 

医師でさえも診断を謝ることが多いのは、我々が双極性障害という病気について理解が浅いというのもあると思うんです。

難しいですよ。軽躁状態というのはやっぱり気持ちのいい状態なんです。仕事が捗りますし、パフォーマンスも異常に上がります。

他人に迷惑はかからないんだし、軽躁状態を無理に抑えること無いじゃん!って思ってしまうんですよね。

 

そしてうつ状態へ落ちていってしまうと…(笑)軽躁状態の時は、なんでもできるマンになってしまうので、体力的な疲れがうつ状態になるとツケが回ってきたりします。

天国から一気に地獄に落とされるような感覚ですね。

 

一生ものだから仲良くしよう

双極性障害には「完治」はありませんと最初に言われました。凄くショックでした。一生治らない病気にかかってしまったのかと…。なので、目指すところは「寛解」です。

寛解とは、治ってないけど、症状が収まってでない状態のことです。

 

薬とカウンセリングを上手に使っていくことでその状態に持って行きます。

一生ものなので仲良く付き合っていくしかありません。日々勉強ですね。