うつで朝調子が悪い? それは日内変動のせいだよ。甘えじゃない。

どうも、うつの日内変動に悩んでいるブロガーのほっしーです。

日内変動によって生活のリズムが完全に崩壊してしまい、夕方からしか活動できないんですよ…。

うつ病の人はそういうひとが多いみたいです。

 

名前
朝、調子が悪くて…夕方から気持ちが軽くなる…。私ってうつ病じゃなくて甘えてるんじゃないかな?

と、落ち込んでいるあなた!

大丈夫ですよ。私も一緒ですし、それはうつ病の症状ですから!

 

日内変動はなんぞや? という話から、日内変動に振り回される私の1日を書いてみました。

 

 

うつ病の日内変動ってなに?

日内変動の特徴:朝、調子が悪く、夕方にかけて改善する

うつ病の症状は、一般的には朝調子が悪く、昼過ぎから夜にかけて少しずつ改善していく傾向があります。

日内変動と呼ばれるもので、私の患者でも具合が悪いと電話をしてくるのは、ほとんどが朝です。

引用:新版 うつ病の人の気持ちがわかる本

うつになると朝起きられないというひとが多いですが、これも立派なうつの症状。

日内変動の原因についてはまだわかっていないようなのですが、うつが治ってきてもこの日内変動だけはなかなか治らないんですよね。

 

精神科の診察も朝の9時とか10時とかにしか予約を取らせてもらえないんですよ。

精神科医いわく、「生活リズム改善のためです」とのこと。

ただ引用した分にもあるように、朝調子の悪い人が多いので混雑しまくりです…。

11時ぐらいに精神科に行くとだいぶひとが減っているので、みんな日内変動あるんでしょうねぇ。

 

夜に活動的になりすぎのでまた朝起きれない

日内変動のことを知らないひとは、夜に過活動になります。

朝や昼には身体が重くて憂鬱な気分で1日を過ごすことになるので、なにもできないと落ち込んでしまいます。

なのに、夕方から夜になって身体が軽くなって心も軽くなってくるんですから活動したくなっちゃうんですよね。

 

私も夜に調子がいいからって、ゲームをしたりマンガを読んだりして楽しく過ごしていました。

その時間は楽しくていいんですけど、朝はめちゃくちゃ憂鬱です。いや、寝る前から憂鬱かなw

 

ほっしー
あー…寝てしまったら朝が来てしまう…いまのうちに楽しんでおかなきゃ…

そう考えて、頭ガンガンさせながら起きていちゃうんです。

で、朝になるとやっぱり憂鬱。さらに昨夜の無理がたたって頭痛もするので最悪。

 

次の日に悪くなることがわかってても、夕方と夜に身体が軽くなることがうれしくてつい無理しちゃうんですよ。

日内変動のことを知ってからは、あまり無理しないように活動をあえておさえたりするようになりました。

少しでも朝は快適に過ごしたいじゃないですか。太陽の光を浴びることもうつ病治療には大事なことなんでね。

 

うつ病は甘えと勘違いされやすい原因の1つに日内変動がある

日内変動は朝調子が悪く、夜調子がいい。そして夕方から夜にかけて活動的になる。

夕方から夜は、人によってはうつ病に見えないかもしれません。

症状が軽めのときは患者としても体感的に、夕方から夜はうつ病感がないですしね。

 

ツイッタラー
朝起きられないのって、完全に生活リズムが逆転してるからじゃん(笑)
ツイッタラー
生活リズム治したら実はうつ病じゃなかったとか言うんじゃないの?w

 

これ↑、Twitterで実際にみたやりとりです。

そう見えるのも無理はないでしょう。

リアルな生活風景を知っているならともかく、SNSを使っているうつ病のひとは夜元気なので勘違いされやすいんです。

Twitterの画像

私も夜のほうがツイート数多いです(笑)

 

文字だけの世界ですからねw 昼間にあれだけ人生の終焉を嘆いていたひとが、夜中になると趣味全開のツイートとかしてたらそう見えるんでしょう。

日内変動もうつの症状であることはあまり知られてませんからねぇ。

「うつ病は甘え」と言われる原因の1つに日内変動が関わっていることは間違いないでしょうな。

 

日内変動に振り回されるとこんな感じです

  • 起床時間は14時〜16時
  • 活動するのは16時から
  • 就寝時間は2〜3時ぐらい
  • 家族から生活リズムが悪いと指摘されます

 

朝に活動できないので、二度寝三度寝してしまう。

日内変動くんのおかげで朝は憂鬱。

精神的には調子いいんですが、朝だけはどうにもうつ状態に差し掛かりそう…なところでうじうじしてますw

うつ病の回復プロセスは直線的ではなく、波を描いて回復するものなので仕方ありませんねぇ。

うつは波を描きながら回復していく

うつは波を描きながら回復していく

 

飲んでいる薬、レクサプロの副作用もあるんだと思いますが、とにかく眠い。

結局起きられずに二度寝三度寝してしまいます。

目がさめるのは14時とかひどいときは16時とか…w

 

お仕事は夕方からしてます

仕事はライター、メディア運営です。

好きな仕事なのでやれます。うつで楽しいという気持ちを奪われても、できるってことはやっぱり楽しい仕事なんだろうなと(笑)

好きな音楽を聴くことや、本を読むことに対する興味がなくなっても、執筆についての興味はなくならなかったので。

 

どこかに努めているわけではなく、フリーランスという形態なので、人にも会わなくていいですね。

また、どこかに務めるとなると基本的に8時間労働じゃないですか。無理です無理w

これは日内変動がどうか以前の問題で、体力的にも精神的にも、息苦しい空間に8時間いることが無理ですねぇ。

 

就寝時間は2〜3時過ぎることがよくあります

本を読むことが好きなので、日内変動の過活動と夜中の静かな環境が加わって、読書が凝ります(笑)

ずっと本を読んでいると目が痛くなってくるので、次の日絶対ひきずるなぁと思いながらもやめられないんです。

これでもおさえている方でして、ひどいときは朝まで本を読んだり仕事したりしてました。

 

体力を使わない読書方法ないかな? なんて思って最近導入したのが聴く読書です。

これは本を読むことが苦手な人にもいにもオススメ。うつが最強でなにもできないときでもこれはできます。

 

家族からその生活リズムがよくないのでは? と指摘されることもある

家族
いつまで寝てるの? 太陽の光浴びたほうがいいんでしょ?
家族
そんなんじゃいつまでたっても治らないんじゃないの?
ほっしー
そ、そうだね。

 

こればかりは説明しても仕方ないですし、家族の言うとおりなのでぐうの音も出ません(笑)

悪気があって言っているわけではない、心配してくれているだけだと思えば、傷つかずに済みますw

家族でもこれなんですから、うつ病が理解されることなんて到底ないのでは? と思ってしまいますね。

 

うつ病患者でさえも、日内変動がうつ病の症状であることを知っているひとが少ないので、無理もありません。

だれがわるいというわけでもなく、うつ病という病気がまだわかってないことだらけなので仕方ない。

うつ患者
うつのつらさをわかってもらえない!!

 

と言いたくなる気持ちもわかります。

が! 本人すらもよくわからない、病気自体もよくわかってないので少しだけあきらめましょう。すこしだけ。

「理解されない」という感情にとらわれると、つらいんですよ。ほんとに理解されないのでw

 

 

日内変動がクセみたいになってるので、サラリーマンじゃなくてよかった

よくないことなんですが、日内変動がくせになっちゃってます。

特に冬はひどくて、11月〜3月はもれなく冬眠してますみたいな(笑)

なので、改めてサラリーマンじゃなくてよかったなぁ…と。

 

規則正しい生活ができない状態なんで、勤務時間帯は使いものにならないでしょうからねw

うつ病が治って復帰して社会で働いている人でも、5年後には半分が脱落してしまうそうですよ。

 

フリーランスの場合は、自分で仕事の調整ができるので、うつが再発してもなんとかやりくりできるんですよ。

これが正社員だとそうはいかないんでしょうね。

精神疾患者に優しい社会とはいえないので、変わっていくといいなぁ。

 

畑 夕日