参考になる話がいっぱい! 精神疾患の体験談記事まとめ

どうも、ほっしーです。

ブログを続けるなかで、読者さんに体験談をインタビューさせて頂く機会が何度かありました。

これまでの体験談を1つのページにまとめてみたので、興味のあるものを読んでみてください。

 

もくじ

 

体験談を読む前の注意点

体験談のなかには、治療を放棄してしまった方もいます。

しかしそれは正しい行為とはいえません。

私自身も治療を放棄して悪化した経験があるのでここは注意していただきたいです。

あくまでも読み物として

ほっしー
はーこういうひともいるのか…

という目線でお楽しみください。

 

双極性障害の体験談

1.病気と闘いながら10年も仕事を続ける猛者

結婚したい!離婚したい!と、どちらも私が言い出したんですよね…

結婚生活では、どちらかというと鬱状態のほうが長かったですね。夫の転勤で知らない土地に行った、ということもあって。

元夫からは二度と連絡してこないで欲しい、と言われています(笑)

 

仕事で優秀な成績を収めるも、双極性障害の波で結婚と離婚を経験したそうな。

二度と連絡してこないでほしいってすごいですよね(笑)

 

2.ペットと旦那が命綱

近くのコンビニに行くだけでもメイクをしていましたが、全くできなくなり、外へ出ることもできない。

食料は彼氏や友人に頼んで買ってきてもらっていました。

枕元にタンブラーを置いて、薬を飲んで寝るだけという生活です。

 

ペットが居ると死ねないという気持ち。わかるなぁ…。

 

3.潰瘍性大腸炎という難病も併発した音楽家

死にたいという気持ちが強かったです。自傷はしたことありません。

飛び降りようとしたことはあるんですけど、怖かったから辞めました。

 

彼女は残念ながらこのあと精神科病棟に入院することになりました。

が!今は無事に退院して元気にやっているそうです。

 

 

4.閲覧注意! 特殊な例です

あえて閲覧注意という文字を使いました。

彼女のように薬をやめて回復した方もいるにはいます。

が、私のように断薬をすると体調が悪くなる方が圧倒的多数です。

読み物としては面白いですが、決してマネはしないように。

 

薬、効いてなかったんかもなーって思いました。笑。

最初はすべての薬をいっきにやめたのですが、 眠れなくてしんどかったので、 睡眠導入剤だけ、週2回くらいのペースで飲んでました。

動悸がしたり、めまいがしたり、ざわざわしたり、味覚障害っぽいのがでたりしましたが、

うん、これ、薬飲んでた時もこの症状出てたよね!!

って乗り切りました←

 

5.手を抜くことがストレスを感じないコツとのこと!

双極性障害となって7年以上。

失語症などを併発し苦しんだ彼女の助言は優しく、ためになることが多いです。

強いて言うなら、サボることです。

頑張らないです。疲れたらすぐに休みます。子ども放ったらかしてでも寝ます!!!

 

6.うつと躁が入り乱れる最悪の経験

わたしの場合は、うつ状態なのに強い焦燥感に襲われ、それを合図に、自己否定がひどくなっていきました。

自分が存在していることが、許せず、罪の意識と申し訳なさで頭の中が、いっぱいになり、呪詛のように、ごめんなさいを繰り返していました。

 

私は混合したことがないので、貴重な体験談だなぁと感じました。

強烈なエピソードで、読み物としてもおもしろいです。

 

 

7.夫からのDV、離婚、裁判、入院…壮絶な双極性障害の体験記

子育てに関する価値観の違いや、うつに対する理解のなさから夫婦仲は悪化。

体調が悪く床に座りこんでいた私の顔面に手加減なしで蹴りを入れられ、顔が一週間腫れる怪我をした事も(元夫は空手道場の師範)。

 

「病気が理解されない」の究極系を見たような気分になりました。

自分がいかに恵まれた環境にいるのか再認識させられることに。

精神疾患者って、環境に恵まれなかったら本当に悲惨なんですよね。

 

 

8.夫に病気のことを理解してもらえないので、隠れて精神科に通ってます

 

病気のことを家族に話せない…これほどツライことはありません。

子育てはただでさえ大変なはずだよなぁ…。

無理して倒れたこともあるって…少し憤りを覚える体験談でした。

 

 

9.双極性障害を抱えながら、妊娠した女性の体験談

まず一番最初に言えるのは 主治医と相談して断薬に成功してから妊娠するのが理想だと思いますので、妊娠は計画的に!

妊娠して急に断薬なんてほんと地獄です。

いくら妊娠中に飲める薬があるといっても それが自分に合うかなんてわからないですからね!

双極性障害を抱えているけど、子どもを作っても大丈夫なのか?

と考えている方に、きっと参考になる内容になっています。

私は男性なので、わからないことだらけでしたが、本当に勉強になりましたね。

 

 

元気な双子の赤ちゃんが生まれたとの連絡をもらい、インタビューさせていただきました!

 

10.私のパートナーは誰よりも熱心に双極性障害について勉強し、支えてくれる

躁状態になる前にすぐに気づいて「危ないから意識的に休んだほうがいい」と言ってくれます。

完全に躁状態になってもとにかく寝るように言われます。

うつ状態も前兆があるらしく「そろそろ来る」というのがわかるらしいです。

こんなパートナーがいると、患者は幸せだよなぁ…。

そう思わせてくれる記事の内容です。

数は少ないながらも、理解してくれる人っているんですね。

 

 

11.人生はジェットコースター

看護実習が始まった1月には鬱に転落…自殺未遂。仕事も学校もやめてしまいます。

この頃の口癖は

女性
私の人生ジェットコースター

なんにも長続きしやしません。

 

人生はジェットコースター…まさにその通り。

彼女もまた、双極性障害2型にしてはジェットコースターな人生でございます。

 

 

12.双極性障害の妻は、たくさんの薬を飲んできました。副作用についてまとめます。

私の妻は双極性障害Ⅱ型という病気で、今まで治療のためにかなり多くの薬を使ってきました。

合う薬がなかなか見つからなかったため、他の人と比べても結構たくさんの種類を使ってきたのかな?

副作用はそこまでじゃなかったけど、効果もいまいちだったから変えたという薬は多いです。

が!なかには副作用が強烈でやめざるを得なかった薬もあります。

  • エビリファイ
  • アモキサン
  • セロクエル
  • レボトミン

それぞれ体験してきた副作用が書かれています。

私はそれほどたくさんの薬を飲んでないので、書けない記事ですな。

 

体験談記事の詳細はこちら →双極性障害の妻が経験した抗うつ薬の副作用

 

13.たくさんの薬を飲んでメモしてきたからこそ分かること

双極性障害II型とのお付き合いは3年強になりました。

よくある大うつ病からの実は双極性だった、の人です。

そんな僕ですが、昔からすごく収集癖があります。

 

こんな書き出しから始まる記事。

うつ→躁うつと経過をたどる中でたくさんの薬を飲まれてきたようです。

そしてこれまで飲んできた薬についてしっかり記録されているのでとても参考になります。

 

 

14.躁状態が私に教えてくれたこと

他にも、いつもなら練習に苦労するピアノの曲が、やすやすと弾けるようになる、簡単な作曲もしちゃう、という副産物もあります。

もちろんそのうちうつになると、この能力はなくなってしまいます。元通りの役に立たない職員になります。

でもフラットな時、私は躁状態で子供達に共感できた自分を思い出します。 それを繰り返すうちに、子どもの気持ちに共感するコツのようなものが私に身についてきました。

 

躁状態はいいことなんて1つもない。

双極性障害を経験したことがある人なら、あとからこのように後悔することが多いですよね。

彼女はそんな地獄にも、1つの希望を見出しています。その姿勢はまさに学ぶべき点。

 

 

15.精神障害者雇用で、自分に合った仕事環境を手に入れた

私のような場合でも、いい会社にめぐり合い、一般雇用の人と同じような待遇で、働くことは出来ます。

だから、働きたいと思う人は、働くことをどうか諦めないでほしい。きっと、チャンスはやってくるから。

私のように、自分の働きたいように働ける人が少しでも増えるようことを、願うばかりです。

双極性障害と社会の不寛容さに振り回されながらも、あきらめずに自分の仕事を手に入れた素敵な女性の体験談。

ネットの障害者雇用のエージェントを利用して、自分にとって良い環境を手に入れたそうです。

社会復帰を目指す人に、とても参考になる内容になってます。

 

 

16.国立大学を卒業し大手メーカーに障害者枠で就職した僕が、障害者雇用のメリット・デメリットを語る

大手メーカーに障害者枠で就職。

仕事や研修も健常者と変わらないものでした。(待遇は2万ほど給料が低かったです。)

しかし4ヶ月経った頃、双極性障害が再発し頻繁に休むようになったため休職。会社としてはほぼ残業もなかったですし、パワハラなどがあったわけでもありません。

単純に初めての会社として緊張し、疲れが出たとこに再発したんだと思います。

障害を隠して就職するべきか? オープンで働くべきか?

そう悩んでいる方に、とても有益な記事だと思います。

良いのか悪いのか、精神疾患に学歴は関係ないようですね…。

 

 

17.精神科に行くことは甘えだと思っていた私は、うつ病を悪化させて苦労しました。

当時の診断は統合失調症でしたが、すぐに通院を辞めてしまいます。

理由は精神科へ通院することに母が反対していたためです。

ご近所や世間の目が気になっていたようで、私への風当たりは酷いものでした。

誰にも相談できないまま、私はついに高校へは通えなくなってしまいました。

私たちの世代(20代)は、心の風邪キャンペーンによってネガティブな面も増えたものの、精神科に足を運びやすい環境が整ってきました。

が、親世代はそういうわけではないようです。

彼女の場合、親から「精神科に行くことは甘えだ」と言われ続けたせいで、適切な治療が受けられず悪化の一途をたどることになりました。

こういう被害者をなくすためにも、ブログを書き続ける必要があるな…。

 

18.双極性障害の特徴を、大切な人は「いつも通りだ」と笑って受け入れてくれた

「双極性障害って診断されてね」

という話をした時、その子は

「いつも通りじゃん〜高校生の時からそんなだったよ」

と笑ってくれました。

「そんなの普通じゃん、普段の齋藤じゃん」

と、言われたことがどれだけ嬉しかったことか。

私も友人がこんな感じなので、どれだけ救われているかと感じる気持ち、わかるなぁ。

 

19.家庭環境が悪いとメンヘラになる! 毒親育ちの私が語る、双極性障害になるまで

双極性障害になったこともそうでしたが、私の場合は小学生時代の不適切な養育が原因で「愛着障害」を抱えているかもしれないとも言われました。

愛着障害は元々、生まれた頃から施設に預けられたり、虐待を受けて育った子どもが発症する病気だそうです。

子ども時代に親から愛されていないという実感があれば、確実に精神はやられるよなぁって気がします。

全くまっさらな状態で、最初に自分以外の人間と触れ合うのは親ですからねぇ。

 

うつ病の体験記

1.姉妹でメンヘラに! 良いことと悪いこと

近すぎず、遠すぎず、の仲でいれば5年後10年後くらいに、「あの時お互いの地雷を踏みぬいたね~」と笑える日が来るんじゃないかと思っています。

まだまだ先行き不透明ではありますが、そこそこに仲の良い姉妹でありたいと思っています。

自分だけでも制御するのに一苦労な精神疾患。

家族にもう一人いると考えるだけでもしんどさが伝わってきます…。

でもどうやら、悪いことばかりではないようですよ。

 

 

2.交通事故が原因でうつを再発、そして妻にうつる

自分がうつ病から回復し、復職して3年、投薬の服用量も減量するステージにて交通事故にあいました。

その結果、うつが再発。

発症状態を見た妻が、看護に専念するためにパートを辞め、看病に専念することになりました。

しかし、徐々に妻に睡眠障害が発生。妻はどう考えても抑うつ状態になっていました。

自分の精神疾患が大切なパートナーにうつってしまう…。

こんなに怖いことはありません。

しかし、二人で試行錯誤しながら支え合っているのは素敵。

 

 

3.メンヘラにならないと、友達になれなかった

私のカーストで『病む』は流行になっていたように感じました。

両親と仲いいなんてありえない、いじめでどんなひどい目にあったか、ストレスで胃が悪くなったみたい…そんな会話ばかりでした。

これはある漫画のフレーズですが、皆が皆不幸に向かってヨーイドン!でした。

もともとはそれほど病む性格じゃなかったという投稿者。

仲良くなった友達が全員病んでいて、自分も病まないとその集団から外されると思ったそうな。

今ではすごく後悔しているとのこと。

大人になると、自制が効くのでいいですが、学生時代は周りに流されるのが普通なので、怖い話だと思います…。

 

 

4.娘を亡くしても、いや、亡くしたからこそ生きていく

娘が亡くなって2年が過ぎましたが、私は家族と一緒になんとか生きています。

常に家族がそばに一緒にいてくれたおかげで、今もしっかり生きられているのだと感じます。

もちろん、心の中では娘も一緒にいます。

 

自分が下ばかり向いていたら、娘に笑われるかなと思うから、元気な時は少しだけ前を向いて頑張っています。

私にとっては家族の存在が大きく、かけがえのない存在となっています。

大切な存在がいることで、私も生きようと思う原動力になっているのだと思います。

 

自分が同じ境遇だったらどうだろうか…。

私は独身ですし、子どもも居ません。

想像の範囲でしかありませんが、耐え難い苦痛でしょう。

 

健常者でも、前向きに生きていくことが難しいのではないかと思わされます。

自分がいかに恵まれた環境に置かれているか。

戒めにもなる記事となりそうです。

 

 

精神病院に入院した体験記

1.「私、入院したい。」と自ら言った

ひどくなる自殺念慮、とりあえず物騒なことで頭をいっぱいにさせ日々を過ごしていました。

もうコップに収まりきらなくなったのでしょう、ある日爆発しました。洪水とかでなく、もう爆発です。

パニックを起こし、自傷行為等をしました。

思い出そうにも記憶が曖昧なので詳しくは覚えておりませんが、号泣し、泣きわめ散らかしたことは覚えています。

その爆発が一旦治った数日後、両親に、

「入院させてほしい。」

と頼みました。

 

入院体験談です。強制入院ではなく、自ら入院を希望した話。

ほっしー

入院ってすごい重たい話なのでは…

と思ったのですが、そんなことはまったくなく、普通に病院に入院したという内容で読めます。

想像以上に暇な場所らしく、持っていったほうが良いものなんかも書いてくれています。

 

 

気分変調症の体験談

1.職場の理解がありがたい

週1の休みで毎日3時間勤務してるよ~!少し物足りない感じだけど、私にとってはちょうどいいの~。

時短勤務をさせてくれる企業っていいですよねぇ。

いきなりフルタイムは絶対に無理だしなぁ。

 

 

気分が落ち込んでいる状態だと思います。それが長く続いているだと。次カウンセリングを受けてみますか

気分が落ち込んでいる状態が長く続いているってわかっているけど、自分の状態に名前をつけてほしいなぁ。

解説してほしかったのです。釈然としない気持ちだったのです。

診断がもらえない気持ち、わかるなぁ…。

私もうつ、双極性障害、気分変調症と診断が行ったり来たりしていて、精神科医は明確に答えたがりません。

この体験談は、病名をつけられない(気分変調症っぽいとは言われてる)けどうつ症状に苦しむあなたにこそ読んでほしい。

 

パニック障害の体験談

1.電車に乗るのがトラウマになってしまった

発作起こしたの。ロッカーの前でしゃがみこんだけど治らなくて…。

駅員に必死の思いで声をかけたんだけど、事務所までわりと遠くて連れて行ってくれる間に何の声かけも無し。

 

社交的な性格で誰からも好かれるようなタイプの女性。

パニック障害の発作が新宿駅でおき、その時のあまりにも雑な対応に電車がトラウマになってしまったそうです。

 

2.教師の無理解に振り回された中学時代

担任:1時間目行けたんだから、最後までいけるっしょ!

彼女:1時間目のみ受けるつもりだったので、授業の道具などがありません。

担任:大丈夫大丈夫!話通しとくから!

社会科の先生:おい、お前、久しぶりに学校に来たのに、忘れ物したのか?あり得ないだろ。

 

このあと彼女は、学校に行けなくなってしまい引きこもりに。

一時的に入院していたこともあるほど彼女の症状は重いものでした。

 

3.横行する虐待。最悪の家庭環境ながらも、自分の夢を必死に追いかける

鉄の鉛筆入れで頭を殴られ、血が吹き出し記憶が飛んだこともあります。

私が寝ている間にエアガンで私を打ちながら笑って動画撮ってた…なんてこともあります。

狂気じみてる…。

 

いやはや、まじで狂気じみている…w

実は1個上の体験談と同じ人なんですよ。

学校でも家庭でも居場所がない。同じ国とは思えないほど不遇な環境です。

自分なんてまだまだ甘いなぁと思わされましたね…。

 

 

恋愛についての体験談

1.メンヘラ女子が恋愛を上手にやるにはどうすれば…? 彼氏をこっちに引きずり込めばいいんじゃね?

彼氏を自分に依存させる方法

  1. 一緒に課題をクリアする。
  2. まず自分の事を考えさせる時間を増やす事
  3. 私に関する事での感情の波を激しくする事
  4. 相手のメンヘラチックなところを否定しない、受け入れる
  5. 自分も弱さを公開する。
  6. ↑5つを実行した上で一気に突き放す。

メンヘラ女子の怖さが垣間見れる体験談の内容となっておりますw

 

2.月収100万円以上稼ぐホストが、メンヘラ女にメンヘラ堕ちさせられた話

ある日、仕事終わりに誘われ、これは一般的にアフターと言われていますが

バーの後、ラブホテルで飲んでおりました。

途中から記憶がないんです、そりゃそうです。酒に睡眠薬を盛られたんですから。

 

こりゃまた強烈な体験談でございます。

共感性の強い方はダメージがあるかもしれないので、閲覧注意と警告しておきますね。

まあ…なんかもうすごすぎてフィクションのような感じがしますが…w

 

体験談を読むことで、勇気がもらえる

私はインタビューを通して気付かされました。

ほっしー
ああ、私なんてまったく大したことない…。 まだまだ頑張れる。

精神疾患になると視野が狭くなってしまい、自分だけがこの世で不幸なのでは? と考えます。

 

それもうつの症状ではあるんですが、視野が狭いままだと治療も進まないんですよ。

精神科医が書いた本は、症例というもので、患者のリアルな感情はあまり伝わってきません。

自分と同じような体験をしているひとが、この世にはたくさんいるということを体験談を通して知ることができます。

 

私はうつになって、3年以上たちます。

勝手にベテランだと思ってましたが、インタビューしてみるとまだまだ知らないことだらけ。

まぁ精神疾患に関しては、ベテランにはなりたくないですが…。

 

きっとあなたの参考になる話がたくさんあるので、目を通してみてください。

全部の体験談の分量は本1冊ぐらいありそうですw

 

あなたも体験談を投稿してみませんか?

ありがたいことに「私も体験談を投稿したいです!」という声を多くいただきます。

ただ、ルール的なものを設定してなかったので、あたふたしてしまってたんですよね(笑)

なので、ここでルールを決めておきたいと思います! あ、別に厳しいものじゃないですよw

 

投稿ルール

  • 投稿の形式はなんでもおっけーです!Wordで書いてもらっても、メールに直接文章を打っても!
  • 使ってほしい画像があったら一緒に送ってください。(オリジナル画像限定)ない場合はこちらで用意するので、画像なしで結構です!
  • なんでもよいので、ペンネームをメールに添えてお送りください(ヤバそうだったら変えてもらうこともありますw)

ブログの問い合わせフォームか「yukitrend0322@gmail.com」にご連絡ください。

なお、言葉じりを少しいじったりすることもあります、ご了承ください。

以下の内容は取り扱いできません

  • 既存医療を否定するもの
  • 自傷行為や自殺を助長するもの
  • 文字数が極端に少ないもの(1000文字以上、お願いします)

 

掲載までの流れ

  1. 「yukitrend0322@gmail.com」に体験談を投稿
  2. ほっしーがちょっとだけ編集+見出し、画像を調整して公開
  3. 公開したらメールにて連絡します。
体験談は全て貴重なものです。

同じ精神疾患でも、それぞれストーリーがあるんですよ。

あなたのストーリーが誰かを救うかもしれません。

お気軽にご投稿ください。

 

キャンペーン(予算が許すまで…)

体験談を投稿いただいた方に、報酬をお支払いするキャンペーンを開始します。

  • 1文字0.5円、最大2500円(あなたの書いた文字数で計算します)
  • オリジナル画像1枚につき+100円(採用された画像の枚数とさせていただきます。)

メールの件名にキャンペーンのお知らせ見ました!と書いていただけると、キャンペーン対象になります。

 

インタビュー