長谷川豊氏に「後天的精神障害者も死ねと思ってますか?」と、聞きたい。

どうも、双極性障害と戦うブロガー星野 良輔(@hossy_FE_AP)です。

長谷川豊氏が「後天的な人工透析患者は自堕落な生活を送ってきた結果なので、死んじゃえよ」というようなニュアンスの記事を出して話題になってます。

彼は医師の話を持ち出して信ぴょう性を増そうとしているみたいですが……

先日、ある「人工透析」を担当しているお医者さんと話をする機会がありました。皆さんは「人工透析」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

週に2回も3回も病院通い? 可哀想に! 美味しいものも食べられないの? カワイソウに!

病院で患者さんと対峙している多くのお医者さんは、少し違う印象を持っているそうです。

「はっきり言って大半の患者は自業自得」 「患者さん?お金にしか見えないですね」 「まー、人工透析を見てると、日本の未来はないってよくわかるwwww」

引用:自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!

どこの医師やねん。名前出せやって感じっすな〜。

それはともかく、この記事が話題になってから反論している方もいました。

気になる方はぜひどうぞ。

人工透析についてはよくわからんのですが、これは主語を精神障害者に変えても通る話じゃないのかな?と思ったんですよね。

今回、私が言いたいのは「長谷川豊氏は、精神障害者についても同じような考えなのでは?」と。

人工透析患者が自業自得なら、精神障害者も同じだよね?

長谷川豊氏の暴論

自堕落な生活を送ってきたから。健康に気を使っていたら糖尿病になんてならねえよ!

糖尿病についても人工透析患者についてもよく知りませんが、そりゃ中にはいるでしょうね。

暴飲暴食を続けた結果なっちゃったてへぺろ☆みたいな人が。

でもそういう人は、人工透析患者にかかわらずどこにでもいるものでしょう。

これ、長谷川豊氏の考えなら精神障害にも言えるんじゃ?

こじつけに見えるかもしれませんが、言えるでしょ。

なにせ、精神疾患にも先天的なものと後天的なものがありますからねぇ。

長谷川豊氏だったらこう言うだろう

後天的な精神疾患患者は甘えですよ。

例えば、仕事が辛くてうつ病になりました。なんて言う人もいますけど、仕事が辛いなんて当たり前じゃないですか。

だったら自分で心を調整するように取り組むとかいろいろ方法はありますよね。

また、精神疾患になった人は障害年金という制度があるんですよ。

これで儲かってるやつが多いんですよ!ほんと、日本の制度はクソですねぇ!

あんなものなくしてしまえばいいんですよ!

ね、人工透析患者を精神疾患に変えただけでも話が通っちゃうんですよねぇ。

補足説明

長谷川豊氏のブログの中で、「障がい者年金」という言葉が出てきましたが、そんなものはありません。

文脈から察すると障害年金のことだと思いますが。

関連記事:双極性障害の人は障害年金を受給しよう!【障害年金の基礎知識】 

転載先のメディアが大炎上し、謝罪することに

転載先のメディア、BLOGOSは、謝罪記事をアップしていました。 参照:9月19日に掲載(転載)した長谷川豊氏の記事についてのお知らせとお詫び

しかし、長谷川豊氏の怒り?は収まらないようで、再び同じような記事を自身のブログで投稿していましたね。

わずか10%や20%かも知れない、30%かも知れない。

ご自身に全く非もない中、腎臓を悪くされ、人工透析を行っている患者・またご家族の皆さん。私はあなた方を何度も取材しています。あなた方がどれだけ苦しいのかどれだけ悲しい思いをされているか?

ネットで私の悪口を書くしか能のないバカたちより、あなた方の現実はちゃんと分かっています。 あなたがたは、守られるべきなのです。

しかし、圧倒的に人数の多い、あまりにも「自業自得的要素の強い悪質な患者」たちによって、あなた方まで偏見で見られる。

「こいつら税金食いつぶしているな」と見られる。 本来、そんなことあっちゃいけない。 自分の過失のない患者さんや、同情すべき部分の多い患者さんは、社会全体で守らなければいけないのです。

そのためにも! 私はもう一度言う!

「自業自得」とはっきり判断できるレベルの人工透析患者など、全額自己負担にせよ!

引用:人工透析の現場と現状

ここまでくると、ますます精神障害者にたいしてどう考えているのか、その取材とやらをしていただいて記事にしてもらいたいものです。

そのときこそ私の主戦場なので、ガッツリ考察したいと思います。