双極性障害は遺伝する病気なの? 遺伝病とは言えないのでそんなに心配しないで。

自分の子どもに遺伝するのか不安になりますよね?

Twitterでアンケートをとってみたところ、40%のひとが遺伝すると思っているようでした。

データだけ見るとちょっと私もびびっちゃいましたが…

結論から言えば、遺伝子の関係は否定できないけど、確実に遺伝病とは言えないんです。

つまり、過度に心配する必要はありません。

 

 

双極性障害は遺伝する病気なんですか?

双極性障害は遺伝率はどれぐらい?

双極性障害の患者さんの一卵性双生児の場合は、八割がたというかなり高い割合で、もう一人の双生児の方も、双極性障害を発症します。そして二卵性双生児の場合だと二割以下、とかなり率が低くなっています。

この二つのデータから、双極性障害には何らかの形で遺伝子が関係している、ということが証明されるわけです。

ところが、もし双極性障害の原因遺伝子があったとすれば、二卵性双生児だったら、その原因遺伝子を共有している割合は二分の一になるので、発症率は少なくとも半分くらいのはずです。

ところがそんなに高い割合ではないのです。 このことから、双極性障害がひとつの遺伝子が原因の、いわゆる遺伝病ではないということがわかります。

親子のような一親等親族においても、双極性障害の発症頻度は十数パーセントという低い率です。

引用:双極性障害―躁うつ病への対処と治療

 

うつ病よりは遺伝的要素が強いと言われるものの、過度に心配するほどではありません。

双極性障害が発症する原因もまだハッキリとわかっていないので、決定的に遺伝する! 遺伝しない! と決められない現状もあるんでしょう。

 

赤ちゃん

10%前後を高いと見るか低いと見るか…

 

双極性障害は環境要因の影響も大きい

同じような環境でも、快適に感じる人もいれば、強いストレスを感じる人もいる。

「環境に恵まれる」かどうかは、環境自体の問題だけでなく、その人がもっている遺伝的因子にも影響されるということである。

引用:双極性障害―躁うつ病への対処と治療

 

幼少期に虐待にあっていたとか、学校でいじめにあっていたといった決定的な要素がなくても、発病することはあるでしょう。

たとえば私であれば、わりと人間関係に恵まれていた職場でしたが、どうしても仕事内容が納得いかずにストレスが溜まって発症しました。

生活費のためだけに働きたいという人であれば、とても良い環境だったと思います。残業も多く、給料もとてもよかった。

 

同じような環境でも、快適に感じる人もいれば、強いストレスを感じる人もいる。

まさにこれですよね。

遺伝子的な要素も否定できませんが、当事者感覚から言えばやはり環境要因のほうが大きいと感じますな〜。

 

双極性障害は遺伝子を含め、複数の要因が絡まりあって発症している

いまのところ、この遺伝子が双極性障害を決める! というものは見つかってないということですね。

この遺伝子とこの遺伝子とこの遺伝子があれば、双極性障害のリスクが多少上がるよ! って感じなんでしょう。

 

研究者
決定的に遺伝だ! とは言えないが、遺伝子要因はうつ病よりも大きいことは間違いない。
研究者
うむ、くわえて、環境要因も捨てがたいのう。
ほっしー
なんだよそれ。結局、わかってねーじゃんw

 

双極性障害のリスクが上がる複数の遺伝子を持っていて、ストレスが強くかかる期間が長くなると発病する。

というものなのでしょう。つまり、絶対に遺伝する! という話にはあまり信憑性がない。

 

性格を決めるヒトゲノム領域と双極性障害の関係はどうかな?

全体的に見て、性格特性と精神疾患は遺伝的影響を受けていると研究チームは結論づけている。

ただし、研究対象となった遺伝子サンプルの数は大きいとはいえ、統計的に十分なものではないとも研究チームは指摘している。

引用:「性格を決めるヒトゲノム領域」が特定される:研究結果

 

まだまだ研究段階ということなんでしょうけど、性格も大きく双極性障害に関係していると言われています。

Twitterでアンケートを取ったことがあるんですが、病前性格で「外向性」が高いひとが多いですよ。

 

外向性を辞書で引いてみると…

興味や関心が外界に向けられ刺激に敏感に反応し、決断が速く、行動的で社交的な性格特性。

引用:goo辞書

つまり、73%ものひとが、病気になる前の性格は「外向性が高い」ということになります

 

ニュースで発表された実験結果と、私が双極性障害のフォロワーさんにとったアンケートを突き合わせるとなんとなく信憑性がありそうですよね。

 

精神科医の肌感覚では、双極性障害は遺伝率が高いと思っているようです。

残念ながら、遺伝するとか遺伝しないとか、精神科医が書いてる本でも言ってることはハッキリしません。

原因がわかっていないので、遺伝するかもまだハッキリとはわからないんでしょう。

ただ、データ上は、何度も言っているように、遺伝子が関わっていることは間違いないけど、確実に遺伝とは言えないということです。

 

私は双極性障害か? 冬季うつ病か? の診断で揺れているときに、精神科医からこう聞かれました。

精神科医
ご家族で双極性障害になっている方はいますか?

この質問をされたときから、双極性障害は遺伝性の病気なのか気になっていました。

 

それからしばらくして、聞いてみたんですよ。

ほっしー
双極性障害は、遺伝子の可能性は否定出来ないけど、遺伝病とはハッキリ言えないと本で見たんですが…どうでしょう?
精神科医
うーん。たしかにデータ上はそうなんですが、診察してきた患者さんのご家族に発病歴が多いんですよねぇ。

精神科医の肌感覚としては、双極性障害は遺伝病の可能性が高いなぁと感じてます。肌感覚ですが。

 

少し混乱してきたかもしれないので整理しておきましょう。

  • 実験データでは、遺伝の可能性はうつ病より高いけど、決定的な要素は見つかってない
  • 精神科医の肌感覚としては、遺伝性の可能性が高いと感じている
残念ながら、誰もわかっていないので憶測でしかしゃべれない状態になってるわけです。

あまり気にしてもしゃーないですね…。

 

不安を煽る本にご注意。何度も言うように、双極性障害が遺伝するかどうかはまだわかってません

本

病院で知り合ったひとが、「言ってはいけない」という本に双極性障害は遺伝病って書いてたよって教えてくれました。

実際に読んでみると、確かに書いてありますね。

依存症、精神疾患、犯罪といったものだ。身長の遺伝率が66%、体重の遺伝率が74%であるのに対して、精神疾患に関しては統合失調症や双極性障害(躁うつ病)の遺伝率が80%を超えているというのだから驚きだ。

ちなみに一般知能(IQ)の遺伝率は77%である。ここでいう遺伝率というのは出現の度合いではないので注意が必要だ。

引用:言ってはいけない―残酷すぎる真実―

 

この本は、人気作家が書いたものですが、遺伝率が80%なのは一卵性双生児の場合です。

二卵性双生児の場合は違う結果(20%以下)がでているので、遺伝子が関係していることは証明できても、確実に遺伝するとは言えないわけですね。

このデータは、双極性障害の専門家が書いた本なので、私は専門家のほうを信じます(笑)

 

双極性障害の本については、私が厳選してまとめていますのでよかったらどうぞ。

根拠のない話や、スピリチュアル系のものは含まれていません。

 

誤診や潜在的患者が多いと言われる双極性障害ですから、親族に確実にいないとも言い切れないところがまた頭の痛いところ。

また、客観的な診断ができない以上、自分自身が本当に双極性障害なのか問題もあるので、永遠に答えは見つからないままですw

 

でも、パートナーとは話し合っておかないとね。

 

仮に遺伝性の強いものだとしたら、結婚する予定の相手にはちゃんとお話しないといけませんよね。

ハッキリいって、双極性障害になると一般的な就労はかなり難しくなります。

再発率は90%を超えるとも言われる病なので、ストレスの多い社会復帰は厳しい。

 

私が結婚をして子どもを育ててその子どもが社会人になる頃は今とまた大きく情勢は変わっているかもしれません。

AIが外貨を稼いで、私たちはベーシックインカムという最低限の生活保障を常にもらっているようになっているかも。

また、精神疾患についての理解が広まったり、双極性障害は治る病になっているかもしれません。

 

だとしても、自分が体験してきた生きづらさを子どもにも体験させるのか…と考えると、躊躇してしまいます。

パートナーには、遺伝する可能性があることも知ってもらった上で、将来を考えていかねばなりません。

パートナーとはちゃんと話し合いましょう

 

まとめ:双極性障害は遺伝子の可能性は否定できないけど、遺伝する病ではない。(現時点では)

私は遺伝性はないのではないか?と考えています。

というのも、私自身の先祖にそういった方がいないからです。

ただしこれは、先ほども述べたように、私自身が誤診を受けている可能性も、先祖が診断されていない可能性もあるので、悩ましいところではあります。

 

大事なことなんで何度も書きますが、あまり気にしても仕方ありません。

  1. 双極性障害を確実に診断できるものがまだない
  2. 双極性障害の原因がわかってない
  3. 双極性障害は遺伝子が関わっていることは確実だけど、遺伝病とは言い切れない

 

こうやって並べてみると、ホント気にしてもしゃーないなって思いますよねw

 

患者としてはやることはそんなに変わんないんですよ。

精神科医と一緒に治療していくだけです。

気にしすぎると身体にさわってしまうので、双極性障害の遺伝については「遺伝の可能性は高いかも!でも、まだよくわかってないんだよねぇ!」とだけ知っておけばOKですw