双極性障害は診断が難しいので、病名が変わっても気にしないほうがいい

うつ病と誤診を受けやすい双極性障害。

適切な治療を開始するのに、何年も病名が確定せずにさまよう人もいます。

アメリカで行われた研究によりますと、病名が確定するには、平均八年を要したというデータがあります。

長すぎると思われる方もおられるでしょう。

引用:双極性障害 __躁うつ病への対処と治療

 

現時点では、双極性障害を診断することは不可能なんじゃないかと私は考えています。

医師は可能だといいますが、それは結果論ですよね。

うつ病か? と疑い、抗うつ剤を処方すれば、躁状態を誘発してしまい、双極性障害だったのか…! と言った感じで。

 

最初から「あなたは双極性障害なので、治療を開始します。」ということになるのは稀です。

うつか双極性障害かは考えないほうがいいというのが私の意見。というのも、考えても無駄だからです。

わかんないし、精神科医でさえも判断が難しいと本に書いているぐらいですから…。

 

 

双極性障害の診断方法

双極性障害は、波のある病気です。

なので、長い期間の経過を見ないと安易な診断はできません。

双極性障害を疑う一番重要なポイントは「経過」にあります。

現在ある1つの病相だけで判断しようとすると間違えます。

今までの自分の気分の波の経過を思い出し、それが双極性障害に当てはまるかを見返してみることが大切です。

そのため双極性障害は今の症状だけをみて、ワンポイントの判断で診断をすることはできません。

引用:せせらぎメンタルクリニック

 

精神科医が双極性障害の診断を行う場合、国際的な精神疾患の診断基準の1つである、DSM-5の双極性障害の診断基準を参考にします。

が、参考にする程度で、実際にはマニュアルどうり診察するのは無理でしょうな。

DSMを読んでみると、◯◯状態が何日以上続くと躁エピソード。といった記述があるんですよ。

 

気分が上下するには外的なストレスなんかも関係してくるわけで、そんな単純な話ではありませんw

ということで、結論的にはDSMを参考にしながら患者を診て、臨機応変に診断しますといったところでしょうか。

ポイントとしては、うつ病よりも経過を見なくちゃいけないということです。

 

双極性障害を診断することが難しい3つの理由

躁状態のときに患者は診察に来ない

双極性障害の診断は、経過を見ることが大切だと書きましたが、それは躁状態だったときのエピソードがあるかどうかを探るためでもあります。

診断基準にもあるように、躁状態の有無は何日間ヤバいぐらいのハイテンション期間があったかを精神科医が知る必要があるんです。

ただ、躁状態のときは基本的にハイテンションでスーパーサイヤ人状態なので、病院なんか行きません(笑)

 

睡眠時間は2〜3時間しかとってませんでした…資格の座学だけじゃなく、パソコンを使った実技(プログラミング)も同時進行できてましたね。

ちなみに、私は7時間ぐらいは寝ないとキツイので、2〜3時間でも大丈夫だったというのは明らかに躁状態のせいです。

引用:双極性障害の躁状態は人間関係と財布を破壊していった

引用したのは、私が専門学校に通っていたときの話です。

身体がまったく疲れないんですよ! こんな状態で、自分が病気だとおもうひとはいますか?

試験の結果も良好だし、周りからの評価もうなぎのぼりですよ。だって、人より寝なくて人より作業量が多いんですからw

 

私の場合、どちらかというと軽躁状態に近く、躁状態のようにぶっ飛びまくっているわけではありませんから、周りから見ても優秀な人にしか見えないわけです。

ちょっと周りから浮くぐらい性格がキツかったり、エネルギッシュだったりするひとっているじゃないですか。

それが病気かどうかの判断が、精神科医でさえも難しいと言われているのに、素人が異常だと思えるわけがないのです。

 

周囲も本人も、病気だとは気が付かずに悪化させてしまっているわけですね。

なかなか破滅的…。

 

躁状態とフラットな状態の見極めが難しい

先ほど少し触れましたが、躁状態であるか? フラット(正常)な範囲か? の判断が難しいんです。

この点は、主治医が正直に語ってくれたことがあります。

 

主治医
そのひとの性格とか考え方もあるんで、長年付き合っていかないとすぐにはわかんないんだよね。
ほっしー
なるほど…でも、速度違反で捕まってしまったときは、いつも以上にイライラしてて頭に血が上ってたんですよ。しかも2ヶ月ぐらい続いてたと思います。そのときは躁状態じゃなかったんですか?
主治医
いや、だって星野くんクルマ好きなんでしょ? スポーツカー好きって言ってたじゃん。
ほっしー
そ、そーっすねw (おい、それは偏見だろ。)

 

冗談はさておきw 性格と病気の境界線が難しいようですね。

これは軽症うつ病にも言えることでしょうが、本人がいくら主張しても精神科医に伝わらない場合もあります。

 

そもそも客観的な診断方法がない

うつ病もそうですけど、今のところ客観的な診断方法がありません。

医師と面談して、患者の様子を見ながら病気を確定していきます。つまり経験と勘が頼りの医師の主観の世界。

精神科医
ほらみてください。脳のこの部分がこうなっているでしょう? これはうつ病によく観られる特徴なんです。

 

普通の医療ならこういった会話が成り立つわけですが、精神疾患に限ってはまだ無理です。

ただ、研究は進んでいて、うつが血液検査で分かるかもしれないという話も出てきています。

 

うつ病やほかの精神疾患の可能性もかんがえているのかも

私が精神科医から実際にそう言われています。

精神科医
軽躁…っぽいっちゃぽいけど、最近は冬季うつ病のほうが近いかなぁと思ってる。まぁ、でも気分障害という大きな枠組みで考えていますよ。

自分の病気が何かはそんなに心配しなくていいです。あなたがやることは変わらないから。

 

ついつい気にしちゃうんですよね。自分が何の病気かって。

個人的には◯◯ブロガーって名乗りたいので確定させたいところなんですけど…w

まぁとにかく、大事な点は、患者としては何病だってやることは変わらないんですよ。

 

私たちがやること

  • 適切な食事
  • 適度な運動
  • 十分な睡眠

うるせーわ! って感じでしょ? 聞き飽きてますよねw

ええ、私も聞き飽きました。簡単に言ってくれるなよ…と…。

 

ま、でもやらなきゃいけないことはこの3つなんです。

自分の体調と相談しながらぼちぼちとやってくしかありませんな。

 

大事なのは医師とのコミュニケーション

ほっしー
うつ病と言われたり、双極性障害と言われたり…もうなにがなんだかわけわからん!信用できんわ!

と、自暴自棄になりたくなる気持ちは痛いほどわかります。

実際に私が、精神科医の言っていることが信用できなくて、勝手に治療を中断して断薬したことがあります。

 

案の定、めっちゃ調子悪くなっちゃって、投薬治療を再開。

少しずつ復活して低空飛行ながら安定してきました。

ガクッと落ちて少しずつ回復してます

 

そのあと、主治医とみっちり話す機会がありました。

私が勝手に勘違いしていたポイントも多くあって、深く話し合ってもいなかったのに勝手に決めつけてやらかしちゃったなぁと。

 

あなたに限って勝手に断薬をするということはないと思いますが、断薬してしまったら治療が0から再スタートになっちゃいます。

投薬治療はじわりじわりと効いてくるので、効いてないんじゃね? なんて思っちゃうかもしれませんが、医師がちゃんとコントロールしてくれてるんですよ。

 

さいごに:双極性障害の診断はかなり難しいということを患者として頭に入れておこう

双極性障害は精神科泣かせの病気なんだそうですw

まぁ経過観察をしないと双極性障害かどうかわかんないなんて、そりゃ診断できてるといえるのかも微妙ですしね。

うつ病から経過をたどって双極性障害に診断が変わることは、誤診ではない。と、精神科医は口を揃えて言いますが、患者からしてみたらそんなこと知りませんよ…。

 

病名がころころ変わってたんじゃ信頼もできなくなっちゃいますよね。

でも、患者としてやることはうつ病だろうが双極性障害だろうが基本的には変わらない。

今の医療では、ここが限界なんでしょう。

 

自分にできることを自分のペースでじわじわとやってくしかありません。

少しずつ自信を取り戻していきましょう。

双極性障害は完治ではなく寛解を目指す病です。私がやってきたことをまとめているので、参考にどうぞ。