「双極性障害だけど、広報の仕事を10年続けてます。」……え?まじっすか?

どうも、双極性障害と戦うブロガー星野 良輔(@hossy_FE_AP)です。

双極性障害の体験談レポートでございます!

今回は、体調に不安を抱えながらも社会で戦うキャリアウーマンな方。

双極性障害でも10年仕事を続けていると聞いた時、正直驚きました。

タイトルにもあるように、「え?まじで!?」と(笑)

 

医師は双極性障害を隠していた

ほっしー

最初に受けた診断と今受けている診断名をお願いします!かわっていなければ1つでいいです。

うつ病 ⇛ 双極性障害

となった人が多いのでw

Nさん

最初は21歳のときに抑鬱症と診断されました。

ただ、入院する際の診断書(封がしてあるもの)を透かしてみたら、「双極性障害Ⅱ型」と書いてあったので、その頃から本当はなっていたんだと思います。

はっきりと双極性障害だと言われたのは2014年11月でした。

あ、今37歳です。

 

私とは逆パターン。双極性男子と言っておきながら診断書にはうつ病と書かれたり…。

うつ病↔双極性障害は交互に診断が入れ替わると言っても過言ではないので、診断名が全てということは一概にはいえませんけど、皆さん振り回されているんだなぁという印象です。

私は病名はハッキリ言ってほしいのですが、あなたはどうでしょうか?

 

飲んでいる薬

ほっしー

薬は何を飲まれてるんですか?

Nさん
  1. ラミクタール 朝晩2錠
  2. メイラックス 夜、半錠
  3. マイスリー 夜、2錠

ですね〜!

 

まさに双極性障害といった処方ですなw

私は双極性障害なのにレクサプロ1錠です。

ラミクタールは激しい副作用に襲われました。

Nさんは服用されていないようですが、双極性障害によくあるリーマスも私は合わなかったので、今の処方に落ち着いたというところです。

おそらく、双極性障害としては異端だよなぁ(笑)

 

仕事をはじめてなんと10年

ほっしー

お仕事をされていると聞きましたが、症状が上下する病気なのにできるものなのですか?

Nさん

今の職種(広報・PR)は10年になりますが、なんとかできている…って感じですかね。いい上司、同僚に恵まれてるっていうのも多分にあると思います。

今となっては、病名がはっきりしたので、あのとき辛かったのはそれだったのか!ってわかってよかったなぁと思う部分もありますね。

今のお医者さんに仕事についても相談したのですが、辞めるほどでもないし双極性障害の人はむしろ向いている職種なのでとりあえず無理のない程度にやってみればいいのでは、と言われてます。

 

す、すげぇ。10年ですよ。

双極性障害は、ハイとローが交互に入れ替わる病気で、基本うつ病なので、仕事を続けることはかなり難しいんですよ……。

 

ほっしー

「辞めるほどでもないし双極性障害の人はむしろ向いている職種」というのは、具体的にどう言われたんですか?それと、ご自分で双極性障害に広報が向いている仕事だと思いますか〜?

Nさん

私自身は広報に向いてると思ったことはないです(笑)

ただ、代理店時代にクライアントさんに「向いてると思うよ」と言われたこと、あとはぶっちゃけ年収のことなど考えるとこのままやり続けた方が良いのかな、と。

お医者さんに言われたのは、(意訳すると)双極性障害の人は人当たりがよく神経が細やかなので、広報みたいな仕事は実は向いてる、ということでした。だから今むやみやたらに違う職種に就くよりも、このままやってみれば、と。

 

精神障害者の平均年収は100〜199万円と言われているので仕事が続けられるなら絶対に続けたほうが良い。

ただ、健康は絶対大事なので難しいところですよね。

 

人当たりがよいとはいえ、無理してないですか?

ほっしー

その人あたりの良さが返って無理につながらないのかな?とも思っちゃいますが、どうなんでしょうね?

最近は体調の方は安定されてますか〜?

Nさん

無理に繋がってるのは確かだと思います。

つらいなー、と思う周期が短くなってきたのでそろそろネクストキャリアを考える頃だな、と。

安定は、どうでしょうね…無理矢理させている、というのが正直なところかもです。

 

体調が不安定ながらも10年仕事を続けるというのは尋常なことじゃない。

彼女の体調が少し心配になりますね。と、同時にすげぇ…ほんとに💧

 

体調が悪いとき、同僚に話を聞いてもらえる

ほっしー

仕事でつらいときは会社にどのような対応を取ってもらうのですか?

Nさん

会社には特に何も言ってないので、そういうときはルーチンをひたすらこなして過ごしますね

同僚には話してるので、よく話を聞いてもらったりしてます

 

職場に自分の話を聞いてくれる人がいるというのはNさんが仕事を続けられている理由の1つかもしれません。

精神障害者は理解されにくいという特性から、孤独になりがちですからね。

職場でも浮いてしまうというケースが多いようなので。

 

就職または転職のとき障害を隠すか?オープンか?

ほっしー

就職、または転職のときは障害を隠して転職しましたか?

Nさん
一回は明かして、もう一回は明かしてないですねー。後者はだんだんと体が弱いアピールをしていきました(現職です)。
ほっしー

明かしたときと明かしていないとき、今振り返って結果的にどっちが良かったと思いますか?

Nさん
どっちにも良し悪しはありますね。

明かすと、やっぱりものすごく気を使われますし仕事量もそれなりになるので自分的に満足できないな、と。

明かさないと、まぁできるよね!ってドンドン振られてくるのでかわすのが大変です。その代わりやりがいはありますね。

 

どちらをとっても、双極性障害の人にとっては不満が残りそうです。

これも、双極性障害という病が理解されていないこと、またわかっていても会社として付き合ってられないという事情もあるのでしょう。

 

自分でできる体調調整法

ほっしー
プライベートの方でつらいときに試していることなんかはあります〜?
Nさん

ライトなときは人と会って美味しいものを食べる・飲む、ディープなときは部屋にとじ込もって寝る、映画などを見る、料理する、とかですかねー。

裁量労働制なので、ほんとに辛いときはしれっと早く帰ったりもしてますねー。

 

裁量労働制は相性いいですなぁ。発症する前じゃないと就職できないように思えますが…

裁量労働制とは?

裁量労働制とは、業務の遂行方法が大幅に労働者の裁量に委ねられる一定の業務に携わる労働者について、労働時間の計算を実労働時間ではなくみなし時間によって行うことを認める制度です。

引用:裁量労働制とは?

専門職に多いのですが、広報では珍しいんじゃないでしょうか…?

私がシステムエンジニアだったときも裁量労働制でした。

 

双極性障害は優秀な人が多い?

ほっしー

双極性障害の人って、優秀な人が多いといいますが、仕事をしていると優秀だと思われてるな〜と感じることあります?

Nさん

うーん、どうでしょう(笑)

ただ、代理店時代に1度、次に転職したところで2度MVPをいただいていますし、査定の評価を下げたこともないですね。

 

Nさんが普通に優秀なだけかもしれませんね(笑)

双極性障害に優秀な人が多いように見える理由

躁状態の症状がそうさせるのです。無限にアイデアが湧いてきたり、寝なくてもOKという過活動状態になります。

単純に人より働く時間が長くなるので、優秀に見えることが多いです。

ただし、立派に反動が起きるので、プラマイゼロどこか、マイナス要素のほうが大きいんですよ……。

 

家族も精神疾患

ほっしー

家族に精神疾患の人とかっています?

Nさん

母と姉がそうですねー。

 

双極性障害は遺伝するとかしないとか、いろいろ言われていますが、結局のところまだわかっていないようですよ。

参照:双極性障害は遺伝する病気?パートナーとはちゃんと話し合おう。

 

躁状態のエピソード

ほっしー

躁状態で周りに迷惑かけたエピソードなんかあったりします?

Nさん
結婚、離婚あたりですかね…当時の夫には迷惑かけたな、と。
それ以外は他人にはあまりないと、思ってますがどうだろう、自信ないかもです(笑)
ほっしー

なるほど、もし差し支えなければ当時の旦那さんとの躁状態の具体的なエピソードとか教えて頂けますか?

Nさん

結婚したい!離婚したい!と、どちらも私が言い出したんですよね…

結婚生活では、どちらかというと鬱状態のほうが長かったですね。夫の転勤で知らない土地に行った、ということもあって。

元夫からは二度と連絡してこないで欲しい、と言われています(笑)

 

転勤とかあって環境変わるのはキツイっすねぇ💧

躁状態というのは、必ずしもうつが治ったときに起こるものではなくて、環境が変わっただけでも起きちゃうんですよ。

私も横浜から名古屋に転勤になって一時的に躁状態になったりしてたと今になって思いますね。

引用:双極性障害2型の軽躁状態の症状で、お金の感覚がなくなり1ヶ月に40万使った!

 

双極性障害の人は結婚できませんかね?w

ほっしー

これは個人的な質問ですが、双極性障害の人って結婚難しいですかね?💧

Nさん

うーん、どうでしょうね…あの頃はダメダメだったけど今なら…?とか考えたりしますが、子供を作ることは考えられないのでなんとも…ですね。

ここは非常に微妙なところです。早く歳をとって、恋愛とか結婚とかどうでもよくなりたいです(笑)

私はまだ双極性障害になって2年程度の若輩ですが、それでも当初よりはコントロールできるようになりました。昔はダメだったけど今ならできそうってこといっぱいありますもんねぇ。

でも一回はしてみてもいいのかなと思いますよ、結婚(笑)

 

最後の一言が妙に恐ろしい…(笑)

双極性障害のひとは結婚できないのか?というのは、誰しもが思い悩む問題ですよね。

うつ状態ならまだしも、躁状態になったりでもしたらパートナーがどうなっちゃうか…恐ろしい。

 

利用している制度について

ほっしー
現在、何か制度は利用しています?
Nさん
制度はなんにも利用してないですねー、調べてもないです。何かあるなぁとは思いつつ…。

 

せめて自立支援医療ぐらいは利用されたほうが良いですよね!

 

どうしても体調を崩して働けなくなったときのために、障害年金も知っておいたほうがお得。

ちなみに障害年金は現在の収入がどうなのか?といったことは審査対象ではありません。これ、豆です。

 

双極性障害のひとへ、メッセージ

ほっしー
最後に、いま双極性障害またはうつに悩まれている方に先輩としてこうすればいいよ!といったメッセージがあれば教えてくださいw
Nさん

なんだろう…
診断されたときは3日間泣き続けました。なんで私が、って思ったんですけどなってしまったものは仕方ないんです。

私は日記をつけて気分の浮き沈みを見つめてみました(三日坊主だったのに3年続いています)。そして毎年「今年やりたいことリスト」を作って、それらが叶ったときのワクワクを妄想しながら日々生活してます。

人それぞれ、対処のしかたは違うと思いますが「楽しみ」を忘れないで生活してほしいな、と思います。

なにがあれって、自殺率が高いっていうのがすごく落ち込むんです。わからなくもないんですけどね。でも楽しい、嬉しいこともあると思うんです。どんなに小さくても。それを1つ1つ拾ってみると、あ、意外に私ちゃんとやれてるやん、幸せやん、って思えるんじゃないかなって。

なんか綺麗事だなーと思いましたが、正直な気持ちです。

 

日記は本当に良いですよ。

私はブログという形で自分の毎日を記録していますが、あとで読み返すと笑けてきたりしますね。

悩みを書き出してみると、あれ?意外とたいしたことねーな。なんて思えたり、思わぬところからコメントをもらって救われることも。

逆に傷つけられちゃうこともありますけどw

いずれにしても、自分を客観的に見つめられるツールとして使えば、いかに認知が歪んでいるか……身をもって経験することになります。

 

Nさんは、ご自分のメディアで発信されています!

 

Nさんのnote⇒https://note.mu/wendys/m/m71a50285577a

 

インタビュー随時募集しています。

あなたの体験をお聞かせください。

基本的にはLINEやSkypeを使用した電話でのやりとりですが、LINE等のメッセージのやり取りのほうが気軽でいいというのであればそちらでも!

 

 

1時間500~1000円で電話相談も受け付けています。

気軽にご応募くださいー!

 

 

インタビューが無料で電話相談が有料である理由

 

インタビューは、個人情報を伏せたうえで、ブログ上で公開させていただいています。

電話相談の場合はただの相談なので、どこにも書きません。

双極性障害のインタビュー記事一覧

死にたくなっても旦那とペットがいるから思いとどまれる

2016.09.06

天才か? 双極性障害と潰瘍性大腸炎に苦しみながらも明るく楽しく生きる音楽家

2016.08.24

双極性障害だけど治療やめたった! うつ状態は瞑想することで切り抜けました!

2016.08.11

双極性障害は症状が軽いからといって異常性がないわけではない

2016.08.06

気分変調症でも週1休みで楽しく仕事! そんな素敵な女性に電話インタビュー

2016.08.04