TwitterでURLをタップしたとき、立ち上がったブラウザが自分のブラウザじゃねえ!ときの対処法

TwitterのツイートでURLが貼ってあることあるじゃないですか。

あれタップすると、そのページに飛びますけど、Twitterのアプリ内でブラウザが立ち上がりますよね。

ちなみにブラウザとはインターネット上のウェブ ページの情報を画面上に表示するための閲覧ソフトのことです。

インターネットで何か検索しよう!と思ったとき、インターネットを立ち上げますよね。その立ち上げているソフトのことです。

私はどうしてもそれが嫌で、いつも自分が使っているブラウザのGoogle Chromeをわざわざ立ち上げてます。

でも毎回するの面倒だなと思って、最初からGoogle Chromeで立ち上げる方法ないのかな?とアプリの設定を覗いてみたら、ありました!

何も設定していない状態

9599 ssdfdsfds

これが、アプリ内ブラウザってやつです。

重いんですよね…。それに、自分のブラウザで設定している自動入力データなんかはアプリ内ブラウザでは無反応です。

そんなときは、画像右上の「︙」をタップします。

9601 9602

一応はこれで解決するわけですが、毎度毎度手動でするのは面倒くさいですよね。

なのでデフォルト(最初から)で自分の使っているブラウザで立ち上がるように設定してみましょう。

ちなみに先ほどもいいましたが私はGoogle Chromeを使っているので、立ち上がるブラウザはGoogle Chromeになります。

デフォルトで自分のブラウザを立ち上げよう

9641

アイコンをタップすると、左側からメニューがザッと出てきます。

9603 9604 9605

こやつが犯人です。最初の状態では、ここにチェックが入ってるんですよ。

そのせいで自分の使っているブラウザではなく、Twitterのアプリ内ブラウザが立ち上がるんです。

ここをタップしてチェックを外しましょう。

9606

チェックが外れていればOK!

結構困ってる人多いみたい

私のように、スマホ触るのが好きで、ITにもちょっとだけ詳しかったりすると、なんとなく動きで「あーこれGoogle Chromeじゃねえな。アプリ内で立ち上がってる」とか分かるんです。

でも、ITに弱い人だったら「保存してたパスワードがたまに消えてる…なんでなん…」って思うかもしれません。

それはもしかすると、Twitterからアプリ内ブラウザを立ち上げてそのままネットサーフィンをしているからかもしれません。

これを機に、ご自分のTwitter公式アプリの設定を見直してみてください。