「かかりつけのカウンセラー」を流行らせたい

かかりつけのカウンセラー

どうも、メンタルハッカーのほっしーです。

カウンセリングってどんな印象ですか?

メンタル疾患持ちの人だけが受けるもの。そんな印象じゃないです?

 

カウンセリングっていまだに「特殊なもの」って印象強いんですよねぇ。

  • 受ける人が少ないから
  • 受ける人が精神疾患の人ばかりだから
って理由で、日本では定着してないんでしょう。

でも、現代人には絶対に必要なサービスですよ。相談する人いないでしょ?

 

そんなことをツイートしたら、面白いリプライをいただきました。

ほっしー
いいよね!かかりつけのカウンセラー!

そう!かかりつけのセラピストって響きはいいんですが、日本だとセラピストはなんか胡散臭さあるんすよねぇ。

カウンセラーの方が馴染みがあるし、医療っぽさが感じられる。

かかりつけの内科医みたいな感じで使って、よく知らない人に錯覚させたいんですよ。

 



「かかりつけのカウンセラーってみんな言ってるよね」が生む効果

人間は「みんながやってることに流されやすい」ことが心理学でわかってます。

ラーメン屋の行列とか見ると、不思議とおいしそうに見えるでしょう。

アッシュの同調実験では、74%もの人が流されやすいと言われてます。

てなわけで、かかりつけのカウンセラーがいる人はガンガン使ってもらえると嬉しいです。

「うちのカウンセラーが」を「かかりつけのカウンセラーが」に変えるだけだから!簡単だよね!w

カウンセリングが一般化すれば、もっと競争原理が働いて価格も下がると思うんですよ。

今って5000-20000円ってな感じで幅がバラバラ。競争原理がまったく働いとらんです。

 

「かかりつけのカウンセラー」さっそく使ってます

かかりつけのカウンセラー文化があたりまえになって、今はまだ健康な人が

女性

うちのかかりつけのカウンセラーさぁー

みたいな感じで、愚痴ってる未来が来るといいなと思ってます(笑)

それぐらい、ポピュラーになってほしい。

うつ病は事前に防ぐことがいちばん大事だと思うので。

そしてあわよくば、カウンセリング料金を下げたりたいですね!w

 

かかりつけのカウンセラー

心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(最高45万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。

#うつマッピングの著者です。

詳細プロフィールはこちら

YouTubeチャンネル