精神障害者に対して差別がなくならないのは、健常者を恨んでいる障害者側にも問題があるかも。

どうも、ほっしー(@hossy_FE_AP)です。

 

精神疾患者の中には健常者を強く恨んでいる方がいます。

私も、憎んだ時期はありました。外部のせいにしても何の意味もないのに、病気になったのは会社のせいだ!と思っていたんですよ。

 

事実として、私がサラリーマンという職業にストレスを感じてはいましたが、あくまで自分自身がそう感じていただけの話だと今は思えます。

精神疾患の人が、偏見を受け続けるのは、私たちのほうにも問題があるんじゃないかと思うんですよね。

外部に原因を求めても意味がない


自分視点で考えてみると、外に原因を求めても全く意味がないんですよね。

 

男性
○○さんのせいで私は精神疾患になったんだ!

 

と言ったとして裁判でも起こして責任をとってもらったところで、多分気持ちは晴れないですよ。

 

相手を許せないのは、病気になった自分を許せないのと同じなんじゃないかなぁ。

許すという行為は、相手の罪を無くしてあげるわけではなくて、自分自身が前に進むための行為だと考えています。

考え方を変える


考え方を変えよう!と思ったら、尊敬できる人に会うことが一番いいんですけど、相手も人間なのでなかなか都合ってつかないですよね(笑)

それに、そもそも尊敬できる人なんていねーよっていう人も多いんじゃないかな。

 

本は楽でいいですよ〜。自分の知らない知識の世界がバーって広がってますからね。

今までたくさん本を読んできましたけど、全く学びがなかったという本はありませんね。

 

本はマジでオススメ!なので、いくつかご紹介しておきます。

人生が変わるぐらいの本たち

双極性障害の私が明るい人生を送れるようになった本11選!

2016.06.26

論理的に生きなければならないという幻想をぶち壊す

自分の強み「だけ」を知りたい!

弱みは才能!? 成功者を徹底的に分析して作った強み診断の本がガチ過ぎてヤバい。

2016.05.17

もっと楽に生きたい

「楽になりたい」人生に疲れてしまったあなたへオススメの1冊

2016.05.16

うまくいってる人は何を考えてるの?

うまくいっている人の考え方 元気がなくなったときにそばにおいておきたい1冊

2016.04.23

精神科医によっては……


私の精神科医も、本を読むことには懐疑的だったんですよね…。

特に、病識を付けられるのは嫌だったみたいで(笑)

 

精神科医
精神疾患に関することで、本に書いてあることに変に影響を受けないでくださいね。

 

って言われたこともあります。

そう言われると、余計に読みたくなっちゃうわけですがw

私は本を読むことを推奨します

精神疾患になって、調子わり〜ってベットでぐてっていると、することがないんですよなにも……。

そしてそんな時何をするかといえば、ネガティブなことを考えて眠剤放り込んで寝逃げ!みたいな(笑)

 

それじゃあ良くなるものも良くなりませんわな。

最初は本を読んで現実逃避したろっていう理由でもいいと思います。まぁ…本当にヤバいときって、文字すら追えないのですが……w

健常者を恨むのはやめとこ

Twitterとかで、健常者クソみたいに書いてる人もいますけど、障害年金とかって、巡り巡って健常者のお金なんですよね〜。

恨んでる相手に支えられてるってのもなかなか滑稽な話だと思います。

 

恨む気持ちは痛いほど分かるんですがね…私もそんな時期があったし。

前も書きましたけど、とにかく自分のためにならないんですよ。

 

恨んでも許しても泣いても笑っても、病気を治して生きていくしかないわけです。

あんまり健常者叩きやってると、私たちが苦しくなってしまいますぜ……。