双極性障害の躁状態になっているのでは?と病気のせいにしてしまう心の汚さ

どうも、双極性障害と戦うブロガー星野 良輔(@hossy_FE_AP)です。

私は双極性障害2型の診断を受けてそろそろ2年になります。双極性障害については下記ページに詳しく書いてあります。

うつ病とは何が違う? 双極性障害(躁うつ病)を大まかにつかもう!

2016.07.25

 

さて、実は先日大学時代から仲良くしている親友とLINEで口喧嘩になりました。

その件について考えていると

 

ほっしー
最近イライラが強くて、何かと人ともめている気がする。躁状態に近づいてるのかな。

 

なんて思いました。

でもこれ、ずるくないっすかね。すぐ病気のせいにしてやんの。

我ながらムカつきましたね(笑)

 

 

なぜ喧嘩になってしまったのか

親友を含め複数人で集まる予定で、それぞれの所在地を考えると福岡市が最適だと思ったんです。

が、親友が「福岡ですかぁ……」とちょっとしぶったんですよね。

 

それに私がなぜかイラッとしてしまって「え?」と険悪なムードを作っちゃいました。

今にして思えば、そこまで怒ることでもないのですが。

 

病気を理解してくれる友人を自ら壊しに行くというなかなかの悪行でございますw

双極性障害であることがカミングアウトする前に友人にバレました。

2016.07.24

 

双極性障害の躁状態なのかも?

たった2つ3つの出来事で決めるには早い

この件以外にも、ネット上でつっかかられたり、記事に対して文句を言われたりと面倒くさい日々が続きました。

が、私は自分の本音を常に発信しているので、それは仕方のない事です。

 

ただここ数日は少し攻撃的な投稿があったのかもしれません。

いずれにしても、こちらに過失があるという見方もできますし捉え方の問題だということもできる。

 

ただ、誰かに直接石をぶつけているわけではないので、親友との口喧嘩以外については勘定に入れる必要もないのかも。

 

ただなんとなく、イライラしている日が続いているようないないような。

なんだか、ここ最近のイライライベントをほじくり返して自分を正当化しようとしているような感じもしますねw

 

そもそも過失を病気のせいにするのは疾病利得だ

いずれにしても何かやっちゃった!というときに「躁状態かも」とすぐに病気のせいにするのはずるい。

これこそまさに疾病利得ですよね。

私はもしかすると、自分の過失を病気という盾を使って責任を逃れているのかもしれないと思うと、とにかく自分がずるく感じました。

今回の1件についてはちょっとイライラしてたときに理性が外れてやっちゃったってなだけの話ですわ。

 

躁状態に移行していたとしたらこんなものでは済まないでしょうし、数時間後に冷静に物事を考えることはそもそも不可能なはずです。

 

躁状態あるいは軽躁状態は、とにかくエネルギー溢れる状態でして、不機嫌躁病というものがあるように、抑えられない不機嫌の渦に巻き込まれることがあります。

その状態なのでは?と考えることは、やはり病気に罪をなすりつけているとしか思えない。

 

自ら疾病利得を得ようとした心の汚さを反省している

喧嘩については、まぁもういいです(よくないけどw)

先日こんな記事を書いておきながら、自ら疾病利得を享受しようとするとは、面白いほどブーメラン。

メンヘラは病気を治したくない、治りたくないんだろ?疾病利得だっ!!

2016.08.27

 

ただ単に疲れやストレスから心が乱れているだけというのがせいぜいのオチでしょう。

こんなときは、人生を変えるきっかけになった本を読み返すとスッと安定することが多いです。

初心に立ち返るという意味でも、もう一度内省を繰り返してみますか。

双極性障害の私が明るい人生を送れるようになった本11選!

2016.06.26