双子の赤ちゃんがお腹に! 双極性障害を抱える私の子育てに対する不安

どうも、ほっしーです。

以前、双極性障害を抱えながら妊娠した体験談を投稿いただきました。

そのとき、泣く泣くカットした部分があります。

それは、「子育てに関する不安」。

今回はその子育ての話を掲載します。

以前の記事「双極性障害でも妊娠は可能! ただし、断薬は地獄です。 」も合わせて読むと理解が深まるかと思います。

それでは、どうぞ!

 

出産よりも、子育てが不安

正直、出産の不安はないですが子育てに関しては不安しかないです。(笑)

なんと私のお腹には今、双子がいるのです。

病気を抱えながらの子育て、なんてただでさえハードル高い。

健常者でもかなりのハードル高めとなる双子を育てる…。

お互い妊婦である友達と2人で会話をしていた時、産後が不安だという話をしていたら

女性
私も子供生んだらヒステリックになっちゃうかもー(笑)イライラしたり落ち込んだり、双極性障害になっちゃうかもねー☆笑!!

と、明るく話してくれましたが(もちろん、悪気はない)

すでに双極性障害の私は、

笑えねー

と思ってしまいましたw

ヒステリック確定です、きっとw

 

自分の母を見ていると、とても育児なんて…

私自身、4人兄弟で、上に1人、下に2人の兄弟がいます。

その下2人が双子なんです。

私が2歳の時にはすでに4人兄弟。

だれも保育園には行っておらず、お母さんはお父さんが仕事に行っている間、誰にも頼らず1人で子供たちの相手をしていました。

もちろん2歳の私も下の子にミルクをあげたりオムツを畳んだりとお手伝いはしていました。

が、子どもができる範囲です。大人ほどのサポートはできまさん。

お母さんは元々病気ではありませんでしたが、育児ノイローゼになっていました。

イラスト 女の子 グルグル思考

ヒステリック、とまではいかなくても毎日イライラ怒ってましたね。

正直、私はだいぶ今でもその時期のことを引きずっていて…。

もっとあの時、抱きしめて欲しかったとか、さみしかったとか、怒らないで欲しかったとか色々思います。

私が母になるとき、旦那さんが仕事の間は、お互いの実家も県外にあり、誰も手は貸してくれません。

さらに引越しをしたので周りに友達もおらず。

お母さんは4人だったことを考えると私はまだ2人。マシかなー?とは思いますが…。

虐待してしまわないか?とか育児放棄してしまわないか?とか 冷静に考えられる今だからすごく心配です。

子供2人同時に泣いたら

当時の母
黙れって言ってんでしょー!バシッ!

とかしてる姿とか

お父さんがただいまーって帰ってきたら子供2人が泣いていて、お母さんも布団の中でわんわん泣きながら「死にたい」とか言ってる姿とか…

容易に想像できるのが怖いです…ほんとに。

子供の頃の自分の体験と重ね合わせるとそんなことはできない、そうも思えますが…子供は可愛い、そんな綺麗事じゃ済まない時期もあると思います。

なるべくそうならないようにベビーシッターを雇うなり、地域の福祉センターに行き話を聞いてもらうようにしたいと思います。

 

地域の福祉センターを活用しよう

これは私の地域の話ですが、妊娠して母子手帳を貰いに健康課などにいくと申し込み用紙に記入しなければいけない自治体がほとんどだと思うのです。

が! 色んな質問が書いてあります。

  • 今までの妊娠経験
  • 里帰りについて
  • 出産する病院は決まっているか
  • 現在の体重
  • etc…

そこで今までかかった病気について聞かれます。

全部の病気が入る訳ではなくて、当てはまるものに丸を付けてください、といった感じ。

項目の中に「精神疾患」という項目がしっかりあります。

なんで言わんとならんのだろう?と最初は不思議だったし、なんか申告するのも嫌でしたが一応〇しました。

記入すると…1通り用紙に記入した回答にそって保健師さんとお話をします。

  • ちゃんと産院に通えてるか、里帰りは協力してくれる人いますか?
  • ご飯は食べれてますか?
  • 妊娠したときどんな気持ちでしたか?

ここら辺はたぶん全員にしてると思うのですが 今までにかかった病院に〇をしてると最後にそれについても聞かれました。

  • あの…ご病気はなんという病気でしょうか?」
  • 現在どこの病院に通ってますか?」
  • 現在の経過はどうですか?」

などなど。

引越し前の役所でも、引越し先の役所でも同じような流れで聞かれました。

(妊娠中の産婦人科は基本、健康保険が効かないので、自治体で補助券をもらえます。県外に引っ越す場合はその都度補助券の申請が必要。さらに毎回申し込み用紙に記入して保健師さんと話をするのです)

最後に決まって

女性
これからもしっかり通院してくださいね!

と言われますw

この時はなぜ、精神科の内容まで聞かれたか分かりませんでしたが…その2週間後、双子の母親学級に参加した時その理由が判明。

母親学級が終わり、アンケートに記入している時間、私だけがなぜか呼ばれ、保健師さんがやってきました。

  • 最近、体はどうですか?
  • 生活慣れましたか?
  • ご病気ある、って聞いてますが、病院はきちんと通われてますか?
  • 何か不安とか辛いことないですか?

色々質問してくださって答えていたら…周りに見た感じ25歳以上のママさんたちしかいなくて母親学級が超アウェイの場で辛かった…(私は22歳)。

それと、前日にひどい痙攣を起こしてたのもあって周りにママさん達がたくさんいるのにボロ泣きしてしまいました。

女性

いつでも辛かったら福祉センターの事務所に電話かけてね。

話なんでも聞くし、母親サークルとか行きづらかったら 遊具で遊んでる赤ちゃん見学してるだけでもいいよ!保育士さんもいるし!

女性

7ヵ月入ったらこちらから連絡して家庭訪問伺うわね。困った時は頼るのよ、そのための地域福祉なんだから!みんなで助け合い(^^)

と優しく接してくれました。

私だけ声をかけられた、ということはあの場にいたママ達のなかで精神科に通ってるのはきっと私だけだったんだろう、と思います。

が、母子手帳をもらう時に答えたあの質問だけで今日、あの人母親学級きてる!ってとこまで管理できてて、なおかつサポートにきてくれるという対応にびっくりしました。

子供の命もかかってますし、地域としても しっかりサポートしなければ、といった所でしょうか?

ありがたいですね。 虐待をしてしまうくらい辛くなる前に、地域の福祉センターに相談ですね。

ただ、母親学級で幸せそうなお母さんを目にするのはもう辛いので よほどの事がない限りもう母親学級には行かないと思いますがw

 

悩みの1つ…「母乳の問題」

もう一つ、私を悩ませたのは母乳の問題でした。

男性の世界にはどんなヒエラルキーがあるかわかりませんが女、とくに母という括りの女の世界では…

  • 自然分娩か
  • 帝王切開か
  • 母乳で育てるか
  • 人工乳で育てるか

というヒエラルキーが昔から存在するそうで…

人工乳をあげていると今でも心無い言葉がいろんな女性から浴びせられる、というエピソードを聞いて怖くなってます。

私も母乳のメリットを考え、なるべく母乳をあげたいとは考えていますが…。

ヒエラルキー関係なくどこの産院にいっても母乳で育てましょう!というポスターが貼ってあり…

母子手帳を受け取っても 一緒に貰えるパンフレットに 母乳で育てましょう!と、書いてあり…

母親学級に参加すれば 母乳のメリットについて語られ…

とにかく母乳、母乳、母乳!! という話を妊娠してからたくさん聞いて、私も母乳をあげなくては、そう思ってました。

しかし、 引越しをして、産婦人科と精神科が同じ病院で診てもらえるように大学病院に転院したところ

新しい精神科の主治医の先生は

精神科医

母乳はあげずに、人工乳で行きましょう

妊娠中ですら、薬を飲まないといけない状態なので、産後はかなり不安定になると思います。必ず薬は必要になると思います。

大人が飲む薬を赤ちゃんに与えてしまうことになるので母乳はあげられないです

優先順位としては…

  1. 母体の健康
  2. その次に赤ちゃんが健康
  3. 母乳か人工乳かはその後

です。お母さんが元気でないのに、赤ちゃんが健康で入れる訳はないですから、必要なら薬を飲んで人工乳で育てましょう

その時は何も言えなくて、分かりましたと言って帰ってきましたが、悔しくてたくさん泣きました。

妊娠初期の頃も、私が薬を飲んでいることで 子供が本来必要のない薬の成分を受け取っている…と思い だいぶ苦しみましたが

産まれてからもなお、本来貰えるはずの母乳を貰えないのが私の薬のせいなんて…

しかも、妊娠はお腹が大きくなるだけではなく 乳房も母乳を出す準備にかかり、どんどん成長します。

せっかく二つも(笑)おっぱいがついてるのに、しかも、こんなに母乳あげる準備が整ってるのにあげれないなんて… なんのために私のおっぱいはついてるんだろう?

旦那
母乳が出なくて人工乳で育ててる人に失礼。人工乳でもちゃんと育つよ!

と、旦那さんには励まされましたが

その後、母親サークルに参加してみると 参加してるお母さんの中にミルクをあげている人は誰1人おらず…

全員が赤ちゃんに乳房を含ませてあげてました。

なんとも幸せそうな光景に

やっぱりみんな、母乳で育てるんだ…

と すごく悲しくなり、帰ってきてまた泣き続け、

ストレスで痙攣を起こし…結果、精神科救急へ行き受診www情けない。

泣きながら前回の受診の時に言われたことと母親サークルでの出来事を話して、母乳をあげたいことを救急の先生に伝えると

救急の先生

今の人工乳は母乳と変わらないくらい栄養価も高くて昔の人工乳とは違うんだよー!赤ちゃんもちゃんと元気に育つよ!

との励ましをされました。

付添ってた旦那さんが

旦那
僕もそう言って励ましてるんですがー…なかなかそうもいかなくて

と困ってると

救急の先生
女の人はね、なかなかそんな簡単には切り替えられないよねー、うんうん

救急の先生
でもね、僕は母乳絶対ダメとは思わないよ!今飲んでる薬をみると…ロラゼパム以外はそんなに問題ないと思うんだけど、ほら、ここ見てみて!

そう言って見せてくれた妊娠・授乳についての薬のパンフレットには 確かに今の処方の薬は影響の少ない薬だと書かれていました。

救急の先生
まあ確かに、絶対大丈夫!とは言ってあげれないけどできないこともないよ!今度の受診の時に、先生に相談してみてよ、今電話してあげるから

ちょうど前回、母乳反対の意見を述べた先生は転勤のため、新しい主治医に交代の時だったので、次回からの主治医の先生に私のいる前で丁寧に次の先生に引き継ぎの電話をかけてくれました。

さすが大学病院。連携も素晴らしい。 ちなみに救急で診察してくれた先生は教授でした。

偉い先生は時間外なんてやらないかと思ってましたがそうでもないんですね。

大学病院の優しい先生に救われた

次回、新しい主治医の先生に相談してみたところ

精神科医

僕も授乳に関しては今のところ絶対ダメ、とは思ってないです。どんどんあげて!大丈夫!とは言ってあげられないけど…

このロラゼパムだけはちょっと心配なので止めたいですが、出産まで時間はあるので調整出来ると思います。

ただ、今は母乳あげたいかも知れませんが 実際に出産してみて赤ちゃんを抱いてみてその時になって 薬の混じった母乳をあげることに不安になるのならあげない方がいいと思う。

母乳をあげることによって、お母さんの精神も安定して、赤ちゃんとのスキンシップにもなるっていうメリットの方が大きくなれば授乳に賛成出来る。またそこは生まれてから考えましょう。できる限りの事はします。

そう言ってもらえ、とりあえず今、母乳問題に関しては一安心しております…。

産婦人科の主治医の先生も母乳あげることは可能だと思う。パンフレットなどにはあまり肯定的な意見は書いてないけど

実際に服用しながら授乳を行った人のデータベースがあるからそこから調べてみるね!と言ってくれてます。

ただ、双子育児ということで 現実はにこやかに「おっぱいあげるねー♡よしよし♡」 なんていう理想とは程遠く

どうやって2人同時に授乳すればいいのよー!!!

と嘆きながら1人は人工乳、1人は母乳を与える、というのが現実的だと最近は考え始めてます。

首の座らない赤ちゃんを同時に両手で抱えるなんて無理ですw

 

さいごに:男性のほっしーから

私も、同じ双極性障害を抱えています。

…が、やはり妊娠・出産というイベントは女性特有のものですよね。

もちろん、2人で授かった命ですから、男性側も協力するのは当然。

しかし、こうやってリアルな声を聞くと、妊娠・出産にさらに子育てに関わるイベントの認識の甘さを痛感します。

ここはもはや、双極性障害は関係なく…ですね。

双極性障害を抱えながら出産を控える方に向けてのメッセージになるかと思って書いてもらいましたが、編集し終わっての素直な感想は

男性に読んでもらいたい。です(笑)

もはや精神疾患関係なく、男性に読んでもらいたい。

 

他の精神疾患体験談はこちら!

参考になる話がいっぱい! 精神疾患の体験談記事まとめ

2017.01.15