双極性障害2型の症状は、外見からはわからないからこそ、理解されない。

直接私には関係のないお話ですが、双極性障害2型に苦しむフォロワー様の1人が、周囲の理解を得られずに自ら人生に幕を下ろそうとしてしまいました。

正直めちゃくちゃ悔しい

腹立ちますね。

双極性障害を広めるというミッションのもと、このブログを発信しています。

いったい俺は何やってんだろって思いました。

まだ認知度が低いんだ、理解されていないんだって、分かっていたつもりですが、改めて現実を突きつけられてしまったような感覚です。

何とも言えない気持ちがこみ上げてきました。

フォロワー様であるという以外に、かかわりがないので、下手なことは言えませんが、やっぱり自分としては悔しい。

理解がないというのは本当に孤独

私は幸い、家族の理解がありました。

病気を理解してもらうことはさすがに厳しかったですが、たまに小言を言うことはあっても、家に住まわせてもらってます。

それでも、うつ状態がひどいときは孤独を感じていました。

私のように恵まれた環境でもつらいのに、環境に恵まれていなかった場合、どれほど絶望するんでしょう。

全く想像もつきません。

とにかく症状が見えないというのが厄介

双極性障害1型の躁状態は、入院を伴うほどにエネルギッシュです。躁うつ病として有名なのはこっちなんですよね。

私たち双極性障害2型の場合は、入院するほどのエネルギーはありません。

とはいえ一応、病的な範囲の軽躁状態というものを持っています。

人によって程度は異なりますが、あまりに正常の範囲に近いとなると、これがまた理解されないんですよ。

ブログでは再三記述しておりますが、医師でも性格との境界の判別が難しいと言われています。

そりゃ理解されないのも無理ないですよね……。

この病気を知らない人からしてみると、周期的にうつ病になってる人に見えると思います。

解答者の写真

うつ病は治るんでしょ?やっぱり甘えじゃね?

と、なってしまうんですよね。

身近な環境に、双極性障害2型の方がいないと、接する機会も知る機会もないと思います。

  1. 躁うつ病が双極性障害という病に名称が変わっていること
  2. 双極性障害には1型と2型があること
  3. 一般的に知られている躁うつ病は双極性障害1型を指すこと
  4. 躁状態のエネルギーが少し弱めの双極性障害2型という病があること

これらを認知してもらう必要がありますね。

課題はたくさんありますが、社会の理解を得るには、まずは病気を知ってもらうことからです。

私にできること

私は、傷ついた本人に直接声をかけることは下手っぴなんですよ。

人の気持ちを理解してあげられるような、共感してあげられるような才能はあまりないなと感じています。

どちらかというと、人を怒らせてきたほうが多いですから(笑)

だからこういうときは、声かけられませんけど、めちゃくちゃムカついてます!何もできない自分に。

この悔しい気持ちは執筆エネルギーにさせていただきます!負けませんよ!

うつ病と同じぐらい、双極性障害の認知度を上げます。必ず。