双極性障害、なんとなく調子が悪いというときが怖い。私の対処法2つ書いてみたよ。

双極性障害、これめんどくさい病気です。ほんとに。

以前にこんな記事を書きました。
双極性障害Ⅱ型(躁うつ病)は誤解されやすい病気だと思う

調子が悪くなってきたときというのも毎回パターンが違うので自分でも誤解してしまうことがあります。

 

なんとなく調子が悪いとき

実は一番危険

 

そんな時が一番危険だと考えています。これが一時的なものなのか長期にわたって落ちていくのか予想がつかないからです。

少しずつ体調が悪くなって落ちていく場合もあれば、今日のように突然調子の悪い日があってガタッと落ちるときもあります。

 

客観的に自分を見よう

 

 

以前こんなつぶやきをしています。これ今でも大事にしている考え方です。

この時と違うのは、自分をバカにするのはやめたことぐらいですかね。

 

でも調子が悪い、いいというときも極力自分を客観的に見るようにしています。

同病の方はお分かりいただけるかもしれませんが、軽躁状態になったときに主観的になるとそのまま躁状態へ突入する恐れがあるからです。

 

躁状態ってなんぞや?

 

躁状態というのは、明石家さんまさんを想像してもらえるといいでしょう(笑)

 

とにかくハイテンションになります。しかも、さんまさんのように人を笑わせる感じではなく害悪でしかないハイテンション野郎になります。

 

なぜ調子が悪くなったのか?

 

先ほどなぜ調子が悪くなったのかわからないと書きましたが一応原因は分析しておきましょう。

 

雨というのは1つのキーワードになります。これ、気圧が低下することによって調子が悪くなるんですよね。

1hPa下がると頭痛などの体調不良を訴える人が64%も発生するそうだ。低気圧=天気が悪いのが相場だから心理的要因もあるのだろうが、たった0.09気圧の違いに左右されるほど人間は繊細

引用:マイナビニュース

64%っちゃなかなかの数字だw

私の場合、体は健康体なので心理的要因じゃないかな〜?って考えてます。

 

福岡の気圧グラフを見てみると、むしろ今日は調子がいい日のはず。よって雨によって気圧が変化したことによって体調が悪くなったとは言えませんね。

 

調子が落ちてきたなと感じるときの対処法

ブログ書く!

 

おそらく一番いいのは無理をしない程度に好きなことを楽しむ。でしょうね。私の場合でしたらずっとブログをかくと思います(笑)

 

精神的に調子悪いときにどんな記事に仕上がるのか実験してみたくて仕方がないw

 

むしろ、ブログを書いているときはあまり嫌なことを考えずに済むので、ほとんど趣味みたいなもんです。

 

本を読む

 

読書も私にとっては効果的。好きな本の世界にのめり込みます。集中しているときは周りの音が消えるので、音楽よりも自分の好きな世界に浸れますよ。

 

音楽は、途中で終わるじゃないですか。好きな音楽がロックで4〜5分で曲が変わるので仕方ないですが、曲の切り替わりで集中力切れます…。

 

それでも、音楽を聞いて頭振りまくるってのも、すごいストレス解消にはなりますけどねw

心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(最高45万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。

#うつマッピングの著者です。

詳細プロフィールはこちら

YouTubeチャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。