双極性障害になったからって人生を諦めないよ! ブログ書いて人生変わり始めたなう。

どうも、双極性障害と戦うブロガー星野 良輔(@hossy_FE_AP)です。

病気になって家で塞ぎ込んでいたとき、もう人生終わったと思ってました。

ほっしー
社会からドロップアウトしてしまった。社会復帰が怖くてもう駄目だろうなこれ。あー終わったかな俺の人生…。

そんなことを考えながらベッドの中でスマホをいじる毎日。

根が寂しがり屋なので、Twitterで同じ病気の人と繋がって情報収集と発信を始めました。

すると、双極性障害ってなんやねん?って思っている人が何人か私にリプをくれて

ほっしー
あれ?ほんと全然知られてない病気なんだな。知られてないのは寂しいな。

そう考えるようになって、もっと知ってもらうにはどうするべきかと考えた結果、ブログを始めることにしました。

 

 

ブログを始めたら、人生諦めたくなくなった

ブログを始めたばかりのころ、1日に100アクセスぐらいあれば十分だったけれど、反響がいろいろあって面白かったんですよ。

もともとTwitterでうるさく発言していたので、Twitterから読者が来てくれることが多かったです。

そして、たった数ヶ月でテレビの取材を受けることになりました。

取材する人
社会人でうつ病になってしまって、今は病気療養中でブログやってる人を探してました

という感じなので、そんなのほとんど数いないので、ラッキーですねw

残念ながらブログの宣伝は皆無だったのでアクセス増加にはつながりませんでしたが、何かしら発信することによって自分の世界は変わるんだとこの時に認識しました。

病気を知ってもらいたいという承認欲求がたまたまとはいえテレビ出演までこぎつけるなら、なんか変えられるだろ! っていう。

若造が考えそうな理由ですが、モチベーションにするには十分です。

 

ライティングによって双極性障害はむしろ強みになってきた

双極性障害に限らず、精神疾患は、基本的に弱みだと思われていますし、当事者もそう感じていることが多いです。

ライティングの場合、双極性障害そのものもネタにすることができます。

それと、双極性障害患者の立場から見た意見を言うこともできます。

精神疾患になって過ごしたつらい毎日は、誰かをすくうヒントになっていたりするので、それを書くだけでお金に換えることができるんですよね。

 

ブログのおかげで交友関係が広がった

イケハヤ書房さんから本を出版させてもらったのも、良い経験になりました。

双極性障害の本を出版! うつ病のひとが読んでも満足の1冊です。

これらすべて、ブログからつながった関係です。

私が病気になって辞めてしまった会社の人と会うのは気が引けるけど、障害をオープンにしてから通じた人とは緊張せずに会うことができます。

不思議ですね。ブロガーだから! という理由だけで心が軽くなるんですよ~。仲間意識だろうか?

 

精神疾患になったからって、人生あきらめなくて本当に良かったなと。

とりあえず何かしら意見を発信することが好きだった私は、反応欲しさに双極性障害であることをカミングアウトしたり、オープンにしたりしているわけですが…。

まさかそこからネットワークが広がり、仕事につながるなんて思ってもみませんでした。

ただ好きだった意見を発信していただけなのに。です。

好きだからこそ、飽きもせず毎日毎日更新していられるんでしょうけど、好きなことは言い訳せずに打ち込むべきだよなぁと私は体感しています。

 

どんなふうにこれから広がっていくのかわかりませんが、興味のある仕事はバンバンやっていきたいですね。

最近は、セミナーなんかやってみたいなと思って、詳しい人に声かけました。現在調整中(笑)

出不精で引きこもりがちな私ですが、ブログ関係のことになるとむしろ外にでたくなります。

追記:セミナーやることになりました!

参考記事:初心者ブロガー向けの勉強会を福岡で開催します。ブロガー仲間を作ろうぜ!

 

意見を丸めずに発信しているので、批判なんかももちろんありますが、それ以上に楽しさが上回ってますね。

「書く力」はつけておいて損することは100%あり得ないし、ただただ楽しいのでこれからもガシガシ発信続けていきまっす!

 

後先考えずに、療養かねて好きなこと始めてみたらどうだろう?

うつ状態の激しいときは、とにかく安静にベッドで寝るしかないのですが、調子が少し上向きになってくると趣味なんかに手を付けようかなという気になってきます。

そんなとき、こんな気持ちになっちゃうんですよ。

ほっしー
働いてないのに好きなことばっかりするのは社会人としてどうなんだろう。

そうやって自分を抑圧してしまうと、楽しめるものも楽しめなくなってしまうので、何も考えずに楽しむことが一番良いと思うんです。

周りから何言われても気にするな! ってのは、心の病を抱えた人にとっては酷な話ですが、ここだけはなんとか割り切ってもらいたい。

療養しているんだから、楽しいことをしてはいけないわけじゃありません。むしろ、病気を早く治すためにも遊ぶべき。

 

私だって、何も言われてないわけじゃないですよ。

偉い人?w
いつまで遊んでるんだ?いつ働くんだ?

と、おせっかいなご指摘を問い合わせからメール送ってくる人もいます。

全く気にならないですね。だって楽しいからいいじゃんって感じ。それに、これで飯食ってますから!w

 

生活が経済的に苦しいなら、自立支援医療を申請して医療費を抑え、障害年金を請求して元気になるまでお金をもらいましょう。

セーフティーネットは積極的に使っていくべきです。

結果的に早く元気になって医療費を抑えることができるので、長い目で見れば、経済に貢献できるはず。

「お金がない」というプレッシャーはすごく重く心にのしかかりますからね…。

 

少しずつ、自分のペースで好きなこと始めてみてください。

私も、ブログを始めるまでぐーたらやってたんで、ゆっくりでいいっすよw

 

 

もし、発信することが好きで、ブログを始めるなら、何かしらアドバイス的なこともできるかもしれません。

Twitterでリプライください!