メンタルが病んでいる人に、申請主義はつらすぎる

マイナンバーとは一体なんだったのか。

管理社会にしたいなら、申請主義を廃止し、プッシュ型のサービスにしないとダメだ。

ただこれは公務員からのバッシングがある(仕事がなくなるから)ので、実現可能性は極めて低い。

「申請主義をブッコワァす!」ぐらいの人じゃないと笑

 

せめて…

わかったわかった。公務員からのバッシングは目に見えてる。雇用を守りたいもんな。

じゃあ間とって、電子申請にしてはくれないか…。

せめてスマホから申請できるようにしてやくれないか…。

自立支援も生活保護も障害年金も、それを必要としている人たちは「外に出るだけで精一杯」なんや。

ほとんどの人は自分で調べない(or調べられない)ので、気づかないうちに損してることが多い。

たとえば、以下の動画

コメントにあったのが「知らなかった」というもの。

申請している人は指定病院(精神なら精神科のみ)の医療費が1割(自治体によっては無料)になるので、積み重なると差はヤバイ。

私は1年ほど申請しておらず、毎年3万円近く損してました。3万円っすよ?w

精神疾患者は要注意!自立支援医療を申請しないと1ヶ月で2510円損するよ!

2015年12月3日

 

自殺者を減らすためにも、申請主義の廃止を。

もう一度、冒頭のツイート載せます。

このように、最終的にはもう人生めんどい。みたいな結果になるのがメンタル病んでいるときの怖いところ。

ちゃんと申請ができ、メンタルが回復すれば、日本経済にもしっかり役に立てる人材になる。

心が病みやすい人は、優しい人が多いのです。そんな人は今の時代求められてるでしょ。

 

心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(最高45万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。

#うつマッピングの著者です。

詳細プロフィールはこちら

YouTubeチャンネル

1 個のコメント

  • はじめまして、YouTubeから飛んできました。
    動画を見て、自立支援申請後、早く決定しました。
    手帳もと主張してなかったので、手帳は1ヶ月も
    経ってないので不明ですが。うつなのかうつ状態
    なのかわからず、障害年金について担当医に相談
    したところ、快く承諾していただいたので社労士
    さんに面接できる所までまとまりました。
    私の母は、私より重度のうつになったことがあり
    ますが…理解が乏しいです。今はまだマシですが
    結婚前はリスカやひきこもりでちょっとでも寝てい
    ると、強めの口調で諭してきましたが、それでも、
    数年はほとんど症状はなかったです。しかし結婚後、
    職場でも母と似たような強めの口調で叱咤する上司
    がいるので、欠勤が増え、出勤してもミスが出始め、
    寝ても疲労感が残り、出勤前は震えや腹痛、頭痛の
    日が増え、年末にはもう出勤できなくなりました。
    出れなくなって最初の三ヶ月間は喋る気力もない
    のに、事情で仕事場の敷地内にある家で生活している
    ものですから、入れ替わり立ち替わりで人が来る…。
    この頃はまだ病院の予約が取れなかったので、診断も
    ついておらず、みんなで行って話せば出て来れるだろう
    と思ってたのでしょうかね。ある日、5~6人で来て
    無理矢理布団から出され抵抗すると「いつまで意固地に
    なっているの!!」と一喝。怖くて恐る恐る家からでるしか
    なかったです。その日は、婦人だけの話し合いの日だった
    ので、それで連れ出されたんだと思いますが…これで、
    もう完全に折れました。
    慣れない一定の生活リズムだけでも、合ってなかったのに
    意地張ってると言われるとは思わなかったです。
    その後、なんとか病院の予約が取れて診断書を書いてもらい、診断書を元に代表が説明。それ以来、来訪はなくなりました。しかし、現状、動くのはトイレと食事(作らない)のみ、ほとんど布団の中。何かのきっかけでどうでもよくなる事があります。
    反復性うつ病といえるのか、わかりませんが…
    ほっしーさんにも反復性うつについての見解を聞いてみたいです。長々とすみません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。