双極性障害(躁うつ病)の私がブログで発信するという意味について考える

双極性障害の記録というテーマで始まったこのブログ。まだまだ発信したいことはたくさんあります。常に私に何ができるだろうと考えながら、でも自分の書きたいことを書くというスタンスでやってます。

Twitterでも言いましたが、まだ双極性障害というのは認知度が低い病気だなぁとつくづく思います。名称にこだわるつもりはありませんが、躁うつ病と言い直さないと伝わらないのも寂しいですね。

昔は躁うつ病と呼ばれていたので仕方ないですが。

双極性障害である私に何ができるだろうか

理解してもらいたいという気持ちは薄くなってきた

双極性障害はどんな病気なのですか?と聞かれて答えることは簡単ですが、その全容を説明するというのはどうしても文字では限界があります。ただ、こういう病気が存在しているということを知ってもらえれば十分かと思います。

このブログには、私がこの病気で苦労したことや、良かったこと、学んだことなどをできる限り生の声で記入しているので、双極性障害に興味を持った方に有益な情報が届けられると自負しております。

もっともっと質も量も高めていかないといけないとも考えています。

それでも何かできることがあるのではないか?

簡単なことではありませんが、精神疾患だから、双極性障害だから何かできることがあるのではないか?と思って始めたのがこのブログです。自分の病気を知ってほしい!と始めましたがいつしかブログを書くこと自体が好きになりました。

理解されにくいこの病気を少しでも多くの方に知ってもらいたいというモチベーションから始めたこのブログで私は新しい生きる道を見つけました

双極性障害は範囲の広い病気

残念なことですが、同じ精神疾患の方でも考え方は様々です。本当に双極性障害ならそんな言い方はしない!と私の言い方を嫌う方も居ます。

正確には双極性障害Ⅱ型という病でして、このⅡ型というのは医師の間でも性格との境界が曖昧だと言われています。

とはいえ、私の説明不足だったり理解力が不足している部分も多分にあるとは理解しているつもりです。

ブログを続けることが治療になっていることも

暗い気持ちを吐き出したり忘れたりすることができる

ブログに自分のマイナスの感情を吐き出すこともあれば、楽しい話題を提供しようとか、この話おもしろいからまとめておこうとか…そんなことを考えているうちに、暗い気持ちはどこかへ吹き飛んでいきます。

私にとっては、服薬よりも効果があるんじゃないか?とさえ思っています。この勘違いは精神疾患を治療する上では大事だと思いますよ。要するに、プラシーボ効果ってやつです。

批判に慣れる

病気に関しても考えに関しても浅かったり気に食わなかったりする方がいるとSNSを通して苦情を言われることがあります。最初は確かに心が傷つきました。ブログの更新ペースが落ちたり、もうやめてしまおうかと悩んだこともありました。

しかし、ただ情報を発信することが楽しくて、ブログ自体が楽しくてずっと続けてこれたってとこがあります。そして今はそれが仕事となっているので、好きなことをがむしゃらにやってきてよかったなと思います。

新しい人たちとの出会い

ブログやその他媒体に投稿することによってそこから新しい出会いが広がりました。精神疾患関係の人だけではなく、ブログを生業としている方や、一般の方、メーカー企業様まで、本当にいろんな人達と繋がることができています。

ブログを始めてからほんとうに最近までほとんど1人寂しく発信を続けていたというイメージでしたから、急に人脈が広がって驚いていますが、これもきっとブログを始めたからだと思います。

これに慢心せずに、最初に決めた自分のスタイルを維持しつつ、精進していきます。

めんどくさい病気だからこそ

まだまだ勉強することがたくさん。知らなければいけないこともたくさんあると思います。軽症もしくは、寛解に近い状態の私だからこそ、どんな発信の形があるだろう?どう工夫するべきだろう?と考えていきたい。

人気の精神疾患に関する記事

双極性障害(躁うつ病)になって悪かったことばかりではありません。良かったこともたくさんあります。

田舎暮らしになって双極性障害(躁うつ病)の症状が落ち着いてきた気がする

精神疾患で仕事できないなら在宅ワークをやってみよう(クラウドワークス登録のやり方を解説)