夫からのDV、離婚、裁判、入院…壮絶な双極性障害の体験記

どうも、ほっしーです。

問い合わせボックスからインタビューしてほしいとの依頼があったのでお話を聞かせていただきました。

最後のコメント以外は全て体験者の回答をそのまま乗せています!

それではいってみましょう!

 

寛解して再就職までのエピソード

初診から約7ヶ月で退職・同時に結婚しました。

結婚により体調が安定し、結婚後8ヶ月で通院・服薬が終了。

ちなみに当時の診断はうつ病です。

再就職は精神科を卒業した2ヶ月後、老健のオープニングスタッフとして介護士を経て相談指導員になりました。

7年間の施設職員の経験があったので再就職はスムーズでしたね。

たまに気分の悪い日もありましたが正社員として問題なく勤務してました。

 

出産にあたってのメンタルの変化・再発してから離婚するまでの経緯

出産

つわりがひどく、あまりのつらさに泣いた日もありましたが、精神状態は安定していて、妊娠も出産も幸せな思い出です。

産後2日目にうつ状態になりましたが、その日だけ。

再発したのは子供が1歳半のころ。

何があったわけでもないのにうつ状態が始まり、通院・服薬再開。

診断はうつ病。

当時の夫は子供を溺愛していて子育てには協力的でしたが、うつ状態の私には次第に冷たくなりました。

子育てに関する価値観の違いや、うつに対する理解のなさから夫婦仲は悪化。

体調が悪く床に座りこんでいた私の顔面に手加減なしで蹴りを入れられ、顔が一週間腫れる怪我をした事も(元夫は空手道場の師範)。

それをきっかけに元夫も私も離婚を決意。

親権を争う裁判が想像以上に長引き、私の精神はズタボロに…。

裁判所に提出された私の診断書は「重度のうつ病」。

両親の不仲を見て情緒不安定になりだした我が子を見て、

これ以上裁判を続けても子供を傷つけるだけ。私が親権を諦めればいいんだ。私1人泣けば済む事なんだ

と思い、裁判をやめ、離婚しました。

 

ほっしーからの質問:うつが再発して子育て・家事で苦労した点はどこですか?

再発から離婚まで約2年。

まず朝起きるのが辛くなりましたが子供は目を離せない時期だったため、幼児向けの番組に夢中になっている間にダラダラと出来る家事をしていたと思います。

朝食は、いつ、何を作ってどうやって食べさせていたのか全く憶えていません。

朝の記憶が曖昧です。

うつが原因で子育てや家事で苦労したという事はあまりなかったですね。

ただ、公園デビューは苦痛に感じて出来なかったので、家で遊ぶ事がほとんどでした。

ママ友

公園デビューは貴重な問題

敷地が比較的広く(400坪)外遊びも十分出来ましたが、他の子供と遊ぶ機会が少なかった為それは申し訳なかったと思っています。

どうにも動けない程辛い日は母が手伝いに来てくれましたが数える程度です。

重度のうつ病と言われていたのに動けていたのは子供がいたからでしょうね。

 

ほっしーからの質問:どういった部分で理解のなさを感じたか、どうしてほしかったですか?

結婚する時私がうつ病だった事を承知の上での結婚だったのに、再発してつらくなり「病院に行きたい」と訴えても「もう治ってる。行くな」と反対されました。いきなり否定です(笑)。

しつこく訴えてしばらくして、やっと受診を認めてくれましたが、無関心で、体調や受診の様子を聞いてきた事は一度もありません。

元夫は週1回夜に空手を教えていましたが、一度だけ、体調が悪くてどうしようもなかった時、「今日だけは行かないで」と涙ながらにお願いしましたが無駄でした。

理解してもらえないのはかなりツライ…

…当時は色々思うところもあったでしょうし、実際色々なエピソードがあったはずです。

が、私の中で当時の辛かった記憶は無意識に蓋をしてしまっているようで、これ以上語れるような事は思い浮かびません。

今回のご質問にあたり、自分なりに記憶を手繰り寄せてみましたが、再発してから離婚までの出来事は十数年も経ち、蓋はなかなか開きません。

 

入院時のエピソード

病院

11回入院してるので長くなりますが…。

13年前、今の主治医に変わった途端「双極性障害」に診断名が変わりました。

精神科にかかって8年半、5人目の先生がやっと私の病気を見抜いてくれました。

離婚して2カ月、実家に住んでいたのに

独り身だから働かなきゃ

と心身に鞭を打ってケアマネジャーに。

自分では何とか仕事が出来てると思ってたのに

精神科医
すぐ入院しましょう

と、言われてしまいました。

 

先生が変わって1ヶ月も経ってなかった時。

1年間で3回の入院。計7ヶ月。

何度看護師さんや先生に叱られたか数え切れないですね。

  • 喫煙室で患者仲間を増やし、朝から晩まで騒ぎまくり。
  • 就寝時間が過ぎても病室へ戻らない。主犯は私。
  • 他の患者さん達のトラブルにも首を突っ込み、余計ややこしくする。
  • 男性患者さんとキスをしたり先生に愛の告白をしたり。
  • 気に入らない事があれば病院を脱走。車で捜してくれてた看護師さんに保護される事数回。
1、2回目の入院は解放病棟でしたが3回目以降は閉鎖病棟。

閉鎖ではイライラが酷く、備品を壊したり、他の患者さんに暴言暴力。暴れる私を男性看護師4人が抑えつけ、保護室へ。

1ヶ月半保護室に入りました。暴れるので、毎日日中に眠剤を注射されて。

度々食事や服薬を拒否して先生に叱られたり。

死のうとして煙草の吸殻の入った水を飲んだりと、問題行動を数えればキリがありません。

聴診器

先生も大変そうですね…。

4回目以降は記憶が曖昧ですが、それほどの問題行動は起こしてないと思います。

入院のきっかけは希死念慮がほとんどな為、ほぼ毎回監察室に入院してます。

入院に関してはうつのせいか躁のせいか自分でもよくわかりません。

 

ほっしーからの質問:毎日、日中に眠剤を注射された事は保護室のような閉鎖的な空間では普通の事なのか

これはわかりませんね~。自分以外に保護室に入った事がある人を知らないので。

2年目以降の入院は他の患者さんと関わりを避けてきたので私のまわりは健常者しかいませんし。

注射されていたのは最初の2週間くらいだけでしたよ。

初めて注射された日の会話…

看護師
「この注射すると体がクタンクタンになって動けなくなるからね~」
わたし
何の注射?
看護師
眠剤だよ、フルニトラゼパム
わたし
ん、わかった

きちんと説明され、自分も納得した上での事だったので特に疑問も持たなかったし、今でも別に酷い事をされたとか思ってないんですが異常な治療法ですかね…?

ODで意識不明の状態で入院し3日位経って意識が戻ると必ず手足縛られています。

時には肩も拘束されます。

こちらの方が辛いし腹立ちます。

私の身を守る為とはいえ、私の意思関係ないですから。

 

質問:入院がうつのせいか躁のせいか分からないが先生から説明はなかったか


全ての入院のきっかけはうつが原因だとわかっているのですが、入院中にイライラして暴れる為、それが躁なのかうつによるものなのか混合状態なのかが分からないのです。

先生から今どういう状態なのか説明をされた事はありません。

通院でも「上がってる(躁)」と言われると私がムッとするので、躁はあまり指摘されず、カルテには書いている状態です(カルテ見えちゃう)。

 

病気と闘いながら資格を取るメリットや意味、また使ったサービスなど


病気と闘いながら…って言うと大げさですね。

体調の良い時に短期集中型でガーっと勉強し、体調の悪い時は無理せずぼんやりテキストを眺める程度の勉強法でした。

メリットは何と言っても就職に有利な事。

病気の為に仕事が長続きしないのですが、退職してもすぐ次の就職先が決まります。

手に職をつけ、その道のプロになれば食いっぱぐれません。給料も普通のOLさんよりいいと思います。

そして何より自分の心の支えになります。

精神疾患を抱え、自分の存在を丸ごと否定して何度も自殺企図をしてしまう私ですが、仕事が出来てる時は「こんな私でも役に立ってる」と少々誇らしい気持ちになれます。

お金

お金が入ると誇らしい気持ちになる。これはほっしーもよくわかります。 ≫うつ病の特効薬は「お金」だと思う3つの理由

障害を抱えて生きづらいからこそ、自分の得意分野を見つけ、活かしたい。それが結果的に資格取得に繋がったということです。

利用しているサービスは自立支援、障害者手帳、障害年金です。手帳、年金とも2級です。

一年前までは転職を繰り返しながらもパートで仕事出来ていたんですけどね。

それも先生の言う事を聞かず勝手に働いてた状態だったので、無理したツケが回ってきたのかも。

 

ほっしーからの質問:資格取得で何かテキストは使ったか

社会福祉士、精神保健福祉士とも受験資格を得る為、日本福祉大学の専門学校の通信制に入学しました。

通信といっても、2週間だけですが学校へ通うスクーリングはありました。

学校で支給された教科書を主に勉強し、他にはワークブックという各教科の要点やちょっとした練習問題の載った本のみ使用しただけです。

ケアマネジャーは本屋で要点をまとめた本と問題集を一冊ずつ買って勉強しました。

 

ほっしーからの質問:障害年金は誰にも頼らず取得したか

かかりつけの病院のPSWに必要な書類を教えてもらい、申し立て書は初診から申請するまでの大まかな状態を私が書いたものをもとに話をし、PSWが文章にまとめてくれました。

初診の病院や役所や年金事務所には夫についてきてもらいました。

社労士が申請代行出来る事は、ほっしーさんのブログで初めて知りました。

社労士と障害年金を取るまでの流れをまとめてみたよ

2016.08.25

 

精神疾患体験談は以下にまとめてあります!

参考になる話がいっぱい! 精神疾患の体験談記事まとめ

2017.01.15