双極性障害をもつ主婦な私と、健常者な旦那さん

メンタルハックをご覧の皆様、初めまして。「こむぎこ」と申します。

今回は双極性障害をもつメンヘラな私がなぜ結婚し、主婦になれたのか、私の経験を紹介します。



私の事

私は自身の双極性障害が判明してから旦那さんと結婚し、主婦になった、少し珍しいかもしれない経歴の持ち主です。

子供は私の病気の事があり今はまだ産むことは考えていません。

これから先、私の病気が落ち着いてきた時にまだ適齢期であれば「出産」「子育て」は経験したいなとは夢見ています。

そこまで思える旦那さんとどうして付き合い、結婚するまでに至ったのかを説明させていただきます。

 

結婚までの経緯

さて、そんな私の旦那さんですが、とても心の広い、健常者の旦那さんなのです。

付き合い始めた当初、私はまだ自分の抱える病気を自覚していませんでした。

普通の人間で、定期的に何も出来なくなるポンコツだと思い込んでいました。

 

そんな双極性障害も、ひとり暮らしが割と金銭的にもメンタル的にも限界を迎えた頃に判明しました。

旦那さんとはその頃から大阪と愛知県の遠距離でお付き合いしていて、定期的に彼が大阪に来てくれる、私にとても優しいお付き合いをしていました。

 

私の限界が来た頃に旦那さんの大阪転勤が決まり、前から一緒に住もうと考えていた私たちは同棲を始めます。

この頃はまさか結婚してもらえるとは考えていませんでした。

菩薩のように心の広い彼ですが、厄介な病気を持つ私を養おうと考えているとは微塵も考えていなかったからです。

 

その彼ともお付き合いしているときに一度だけお別れの危機が訪れました。

私がメンヘラと浮気のようなやり取りをしているのが発覚したからです。それはもう地獄のような日々でした。思い出したくもありません…。

その危機感から私を離したくないと思ったのか、このタイミングで婚約を申し込まれ、結婚に至ったのがまず結婚の経緯です。

ひどいものです。今はもうそのような事は二度としないと決めています。

 

結婚してから

彼が旦那さんに変わってからも、相変わらず仲良しな夫婦生活を送っています。

元々彼が私の事を一途に思い続けていてくれていて、今でもそれは変わりません。

私も彼の事が一番に大切です。

休みの日は外に連れ出してくれたり、出来ない時は家で一緒に過ごしてくれます。

 

結婚生活で心がけている事

彼には散らかし癖があり、片づけをするのが一人ではできません。

なので、お休みの日に「一緒に片付けようか」「手伝うからお片付けしよう」と私からうながしています。

私の躁、うつがわかりやすく出てきた時は素直にそれを伝えて彼にも対処してもらうようにしています。

以前メンヘラ.jpというメディアにも投稿させていただいたことがあるのですが「双極性障害を持つ私の取扱説明書」のような冊子を過去に作りました。

メンヘラ.jpこむぎこの記事一覧

 

彼にも読んでもらい、病気の事は理解してもらっています。

だからこそ、無理はせず、素直に出来ない事は出来ないと伝えているのです。

その方がお互いに困りませんし、変な気の使い方や無理をしなくて済みます。

なので家事なども無理してはやりません。

できる時しかやらない事も寛容に受け入れてくれています。

 

現在とこれから

今の私は抑うつ状態で低いところを推移しながら、なんとか在宅の仕事をこなしています。

彼はそれをそっと見守り、いつも

旦那さん
お疲れ様。頑張ったね。

と声をかけてくれます。

初めてそんなに長くない仕事ですが、続けられるうちは続けていこうと思っています。

これから先、私たちがどうなっていくかはわかりませんが、双極性障害という厄介な病気をもつ私の事も愛してくれているという実感はあるので、きっと大丈夫だと思っています。

 

2人の間で大切な事

双極性障害があっても、結婚は出来ました。とても寛容で素敵な人と巡り合えました。

あくまでも私の場合ですが、精神疾患があっても結婚は出来ますし、結婚生活も送っていけます。

そこには相手の理解は不可欠ですが、そこは自分からも歩み寄ることが大切だと思います。

 

私のように冊子にしなくとも、伝える事が大切です。

良く解らないけど辛そう。今度はやたらと元気だ。

そんな相手を何も知らずに見ているのは相手も辛いし困ってしまうはずです。

自分でも分からないならば分からない事を伝えましょう。

情報をシェアしていくのは、お付き合いや結婚をする上でも不可欠だと思っています。

一緒に人生を歩んでいく結婚ならば尚更です。

 

まとめ

障害があっても健常者と結婚はできます。幸せになっていいのです。

ですが、そこには相互理解が欠かせません。

自分の障害について自身も知識を蓄えて、大切な人にザックリでいいので情報をシェアしましょう。

双極性障害ならば、うつとやたらと元気な時が交互に来るんだよ、くらい簡単でも良いと思います。

 

また、今の自分の状態を適度なタイミングできちんと伝える事は大切だと思います。

察してチャンではいけません。

以上、私がなぜ結婚できたのかのお話しは終わりにしたいと思います。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

こんな記事はどうですか?



心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(最高45万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。

#うつマッピングの著者です。

詳細プロフィールはこちら

YouTubeチャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。