気圧が下がると体調が悪くなるのは「天気痛」のせい?

どうも、ほっしーです。

ほっしー

雨が降る前に体調が悪くなることが多い…

という経験はありませんか?

私はうつ病を患っているので、気圧が落ちてくると精神的な不調に襲われるんですわ。

 

周りの人に話しても

女性

雨の日は私もやる気が無くなるよ〜わかる〜〜

ほっしー

だよね〜(そんな生やさしいもんじゃねぇよ…)

寝込んで動けなくなることもありましたから。仕事どころか日常生活もままならねぇ。

 

んで、さすがにこれはおかしいだろってことでいろいろ調べてみたら気象病、天気痛という言葉がヒットしました。

Amazonで以下の本をポチっ。

天気痛

私はこの本を読んで、自律神経を整えることで天気痛にだいぶ対抗できるようになったんですよ!

こりゃぜひ知ってもらいたいってことで、ブログで情報共有します。

 

 




気圧の変動で不調になる「天気痛」とはなんぞや

昔から、気象の変化によって持病が悪化することを、医療現場では「気象病」と呼んでいました。

その中でも、特に痛みや、うつや不安といった心の病にまつわる病気を「天気痛」と私が名付けたのが、今から5年ほど前のことです。

ほっしー

医療現場でも気象病って言葉あったんかい…

私は精神科に通ってますが、雨の日調子が悪いって言っても「そですか〜」程度でしたからね…。

医学的にはなんの関係もないものなのかと勝手に判断してましたわ。

 

天気痛で苦しむ人は多い

天気と人間の相互関係は、私があえて声を大にするほどのことではありません。

「生きる知恵」として昔から言われていたことなのです。

しかしその割には、天気痛に関する実証実験はほぼされてきませんでした。

実は天気の変化がきっかけで、痛み、めまい、うつ状態に陥る患者さんの数は、みなさんが想像している以上に多いのです。

社会的にもこのつらさを理解してもらいたいという思いで、「天気痛」という名前をつけました。

ほっしー

うつ病は甘えに似たところを感じるよね!w

現在、日本の総人口は 19 歳以下を除くと約1億500万人です。

そのうち慢性痛を持つ人が 39%で、その4人に1人が「体調で天気予報ができる」と計算してみると……。

どれぐらいになると思いますか?

なんと約1千万人以上の方が、気象病や天気痛に悩まされながら生活していることになるのです!

(この統計には天気痛の常連である「片頭痛」持ちの人は含まれていないので、実際はもっと多くの人がいると思われます)

国民の10人に1人以上の割合じゃないっすか。相当な数がいるじゃないっすか。

そりゃ、「誰でもあるよ。気のせいだよ」って言われるわけですわ。

ほっしー
自分が弱いだけだ…

って悩んでる人、めっちゃ多いでしょうなぁ…。

 

私だってそうでしたから、天気痛のことを知らなかったときは自分を責めてました。

雨の日になんとなくやる気が無くなったりだるくなったりするのにプラスして自分がうつ病だから…

動けなくなるのは、うつ病を言い訳にしてるんじゃないかって。そんなふうに考えちゃってましたねぇ。

 

天気痛で起こる症状

天気痛と言っても、日常生活が困難なほどの症状が表れる方、自覚症状がありながらも、本人が天気痛と気がつかずに普通に生活している場合など、症状にはばらつきがあります。

また痛みのみならず、めまい、はきけ、モヤモヤする、やる気が出ないという自覚症状も天気痛に含まれます。

また、現在、うつと診断されている症状の中には、天気の変化が原因で気持ちが落ち込んだり、だるさを感じている人も少なからずいると思われます。

ほっしー
はいはいはいはい! 先生!それ私です!

しかもTwitterでアンケートとってみたら、かなりの割合で気圧に弱くなったって言ってますから。

絶対関係あるわ…。

自律神経を整えると症状は軽くなる

自律神経には2つの種類があります。

心や体を活動的な方向へと促すのが交感神経、そして興奮した精神や肉体を安らぐ方向へ調整していくのが副交感神経です。

人間の体は、この交感神経と副交感神経のバランスがうまく取れている状態がベストコンディションだとされています。

自律神経の図

自律神経と気圧の関係を測定した実験結果によると、 気圧が下がる(=天気が悪くなる)と、人間の体はこの変化をストレスと感じてそれに抵抗しようと交感神経が優位になります。

そして慢性痛のメカニズから見ると、人間は外部からの負荷を跳ね返そうとする交感神経が活発になればなるほど、痛みが強くなってしまいます。

一方で、気圧が下がりきると交感神経の活動は安定します。

天気痛の方の中で「雨が降り始めると痛みが治まる」という人がいるのは、こういう理由が隠されているのです。

交感神経と副交感神経を、どちらも適切な時間に、高く振れるようにしようと意識してから本当にずいぶんマシになりました。

効果があったのは以下の2点

特にハーブティーは効果があったと感じてますね。

できました

パニック障害の経験者が立ち上げた会社の商品だけあって、自律神経には並々ならぬ思いがあります。

私はこれを愛用することで

  • 朝やる気が出ない
  • 夜眠れない…
ということが激減しました。

以下の記事に詳しくまとめているので、気になる方はぜひチェックを!

うつや無気力に!MENTのメンタルケア専用ハーブティーでスムーズな毎日を

2018.11.04

 

まとめ

  • 雨の日に調子が悪くなるのは低気圧のせい
  • 気圧が下がると人間は体にストレスを感じて、交感神経が優位になる
  • 交感神経が活発化しすぎて、古傷が痛みだす
  • しかーし! あまり知られていないので「気のせい」と断罪されがち
  • 自律神経を整えることで、症状は改善する

▼引用文献▼

関連記事

 

天気痛

ほっしー(星野 良輔)福岡県在住。

心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(最高45万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。

現在は認定心理士資格を取得するため、放送大学で猛勉強中。

著書:「うつを治すために努力してきたので、効果と難易度でマッピングしてみた

詳細プロフィールはこちら

Voicyでラジオ放送してます

LINE@もやってるよ

元気になれるInstagramはこちら