Twitterと何が違う? マストドンの使い方や特徴について簡単に解説してみた

ども、ほっしーです。

マストドンというTwitterっぽいSNSが盛り上がってます。

パソコンでログインしてみると、TweetDeckを彷彿とさせるデザインですね(笑)

というか、Twitterそのもの

Twitterと比較するのがわかりやすいと思うので、Twitterを引き合いに出しながら簡単に使い方を説明しますね。

 

 

Twitterとの主な違い

トゥート(ツイートのこと)は500文字まで可能

500文字まで打てる

Twitterは140文字で収まるという魅力がありますけど、熱くなったときに限ってだいたい文字数足りねぇってなるんですよ(笑)

マストドンなら500文字もありますから、大抵のことは1つのトゥートに収められそうですよね。

まあでも、500文字もタイムラインに流れてきたら、うざそ。

スマホ1画面あっさり埋まりそうじゃないですか(笑)

 

閲覧注意系には続きを読むタグを入れられる

Twitterにはない機能として、トゥートに続きを読むタグみたいなやつを入れることができます。

S 10354716

これでトゥートしてみると

S 10354717

↑タイムラインにはこのように表示されます。

もっと見るをタップすると

S 10354718

出てきましたね。

目立たせたいトゥートがあるときや、閲覧注意系に使えるかもしれません。

 

自分が所属するサーバーを選択できる

Twitterって、登録したら全世界とつながりますよね?

マストドンの場合は、ちょっとだけ世界を区切ることができます。

例えば、一番上のsoc.ialis.meを選択してみましょう。

スクリーンショット 2017 04 13 22 31 26

こんなページに飛びます。

サーバーは、企業でも個人でも立てることができるので、それぞれに個性が出てますね。

Twitterで言うと、別々のTwitterが作られていると思えばいいかな。

 

トゥートの公開範囲が決められる

S 10354715

  • Public:ローカルタイムラインと連邦タイムラインに乗る
  • Unlisted:YouTubeの限定URL公開みたいな感じかと。限定公開
  • Private:フォロワーのみ公開
  • Direct:Twitterで言うところのDM
んで、1番やっかいなのが「ローカルタイムライン」と「連邦タイムライン」

Mastodon instances

多分この理解であってます。間違ってたら修正しますw

どのローカルがつながり会って連邦になっているのかはまだ分かってません。

とにかくここでは、ローカルタイムラインと連邦タイムラインの違いだけイメージ掴んでもらえればいいかと。

 

流行るかな?マストドン

記事を執筆している間にヤフーニュースにも乗ったぐらいなので、ぷちブームがやってきているのかもしれません。

Twitterの後継なんて言われてますけど、これ、スマホネイティブ世代の人扱えるのかな。

サーバーとか出てきた時点でうぇ…ってなりそうですよね(笑)

まあ、解説ページとかいっぱい出てくるでしょうから、まだわかりませんけども。

私はとりあえず日本人が多いと言われている「https://mstdn.jp」で登録しました。

フォローしてくださる方は「https://mstdn.jp/@hossy0322」までオナシャス!

現在、新規アカウントの解説を停止しています

mstdn.jpは企業ではなく、私費で開設されているサーバーです。

どうやらクラウド環境に移行するらしく、現在はアカウント受付停止中。

4月15日現在、新サーバーへの移行が完了したようです。

新規受付も再開してます。なお、データが消えた人は再登録しましょ。