うつ病にならない16の考え方!うつ病の原因は自分の中にある。

うつにならないためにはどうすればいいのでしょうか。

実際にうつを経験してそのあと双極性障害という診断を受けた私が、16個提示します。

今なんとなくうつっぽいな。ちょっと落ちてるなって方の参考になると嬉しいです。

 

 

自意識

Peaceful 442070 960 720

1.常に自分軸で考える

人の評価を意識して生活していませんか?上司の顔色、友達の顔色、先生の顔色、親の顔色……

それでは、自分の言いたいことが言えず、ストレスを貯めこんでしまいます。

自分の意見が言えないということは、他人に人生を預けているようなもの。

自分の人生なのに、他人にコントロールされているという感覚がとてもストレスになります。

昔の私がそうでした。とりあえず誰かに合わせていたらうまくことが運ぶんじゃないかと。

でもそれだと、人に振り回されて終わるのがオチですね。

自分を信じるたった1つの方法

2016.04.11

 

2.ストレスをあえて意識する

ストレスを意識しないようにしていると、そのストレスの原因が何だったのか忘れてしまいます。

しかし、原因を忘れただけで、ストレスだけはずっと残るんですよ。

これがなかなかに厄介で、イライラしている感じがなんだか残っている…。そしてまたイライラする。

イライラすることにイライラする!あ〜〜〜!という悪循環を産んでしまいます。

今自分がどんなことにストレスを感じているのか、客観的に見つめることは、ストレス解消にうってつけですよ!

「楽になりたい」人生に疲れてしまったあなたへオススメの1冊

2016.05.16

 

3.自分をほめる。

最近自分をほめたのはいつですか?できない部分ばかりに着目して責め続けていませんか?

自分が思ったこと、言葉にしたことというのは、脳に深く刻まれるそうです。

自分に肯定的な言葉をかけてあげて、少しはいたわってあげてください。

自信がなくなってきたな…と思ったら、うつに対する危険信号が点滅していると思ってください。

私が双極性障害という病を寛解したことも、自信を取り戻したからにほかなりません。

 

人間関係

Pinky swear 329329 960 720

4.良好に保つ

人間関係を良好に保つ方法は、基本に忠実にしていればOKだと思います。明るく挨拶するとか、感謝の言葉をかけるとか。

このあたり前のことができていない人のほうが圧倒的に多いので、そこを意識するだけでもずいぶんと円滑な人間関係になります。

人は誰しも、消耗しきっている時代。仕事に追われ、家事に追われ…。

そんなときに「お疲れ様です。」とにこやかに声をかけられると、ちょっと救われた気がするんですよね。大事なことです。

 

これ、リアルだけだと思われがちですが、ネットの人間関係でも同じですよ。

芸能人や有名人ということでないかぎり、普通の人がネットで有名になっていく様を見ていると、基本的なことをしっかりやってる人が多いですね。

有名になるかどうかはともかくとして、人間関係を良好に保つには、あたりまえのことをマメにすることです。

 

5.自分は何を与えられるか考える

自分が辛い時こそ、人に何をしてあげられるのか考えるべきです。もちろん見返りは期待しちゃダメですよ。見抜かれるので(笑)

人に何かをしてあげるっていうのは、心が満たされる簡単な方法なんですよ。

これはブログを書き始めてから気がつきました。

ただ自分がいいなと思った情報をバーって書いてるだけなんですけど、「ためになりました!」ってひとこと言ってもらえるだけで、モチベーションがぐわっと上がりますし、心が満足感で満たされます。

 

何か人の役に立つことはないかと少し意識するだけでも情報がたくさん集まってくるので、意識することは大切です!

注意

見返りを求めるという考え方だと、恋愛にも失敗するので要注意です!(笑)

恋愛が続かないたった1つの理由

2016.06.19

 

6.人の良い面しか見ない

自分に甘く、他人に厳しい。これは私も気をつけなければいけないと思っているところですが、この人ちょっとここが嫌だな〜と思うと、ずっと気になってしまいますよね。

そこをぐっと堪えれて「この人のこの部分を学びたい!」と思うようにしましょう。

すると、いやだと感じていた人でも付き合いがちょっとだけ楽になります。

これは、相手のためではなくあくまで自分の心の平穏を保つための行為です。

自分のためにと考えると、簡単に実行できるような気がします。

 

7.八方美人はやめる

八方美人はやめましょう。嫌われます。

ここで言う八方美人とは、誰にでもいい顔をして自分の意見を言わない人のことです。

八方美人だと、あの人ってどういう人なんだろう?といつまでたっても印象に残らないんですよね。

 

嫌われるというか、存在を認知してもらえないかも…。

孤独感というのも、うつにつながる危険信号のひとつです。

八方美人を嫌いな理由。人の意見に賛同するばかりでどんな人かわからない。

2016.06.11

 

8.社外の人間関係を充実させる

社外の人間関係はとっても大切。固定化された人間関係では、鬱屈した気分になってしまいます。

仮に揉めたりしてこじれたら、相当めんどくさいですし、エネルギー使いますよね。

そんなときのために、別の場所にもコミュニティを作っておきましょう。

Twitterが一番簡単じゃないですかね。自分の意見も発信できますし、好きな人をフォローして繋がると楽しい場所です。

他にもいろいろ

Twitterだけじゃなく、FacebookやGoogle+など他のSNSを利用する手もあります。

また、リアルの交流イベントに突撃するのも楽しいですよ!

「やぎろぐ」八木仁平、「まじまじぱーてぃー」あんちゃ主催、博多ブロガーナイトに参加してみた。

2016.06.26

精神疾患者の交流会に突撃取材して学んだことまとめ

2016.06.05

 

休日の過ごし方

PA151026263510 TP V

9.目的を持った一日を過ごす

なんでもいいんです。本当に。

休日は○○をしよう。というものがあればずいぶん違うと思います。

私がうつになる前の休日は、とりあえず部屋でゴロゴロして時間を浪費するだけでした。

テレビをボーッと見て、サザエさんが始まると心苦しくなる(笑)

これではブルーマンデーのまま会社に行くことになります。

こういった小さなストレスの積み重ねがうつに繋がるんです。

 

10.在宅ワーク入れる

副業として小銭稼ぎもいいでしょう。

ポイントサイトよりも立派なお仕事としてやれば、充実感満載!

このあたりが一番稼ぎやすいですね。私も利用してます。

在宅ワークは空いている時間にパパッとできて、充実感も得られるので超おすすめですよ。

詳細はの記事≫メンヘラで何もできなかったぼくが月3万ネットでお金を稼いだ方法を公開!

 

ハッキリ言って、ポイントサイトはダメです。

換金率も悪いし、ただクリックしているロボットのような作業なので、あれやるとうつになっちゃうかもしれませんよ!(笑)

その点、データ入力という簡単な仕事から専門的なライティングまで幅広く仕事が用意されている在宅ワークはいいですよね。

4498731754643_LINE.jpg

お礼のメール

ポイントサイトと違ってお仕事なので、お礼のメールとか届いちゃいます。

 

11.睡眠リズムは崩さない

リズム崩壊はうつへの序章。睡眠は相当大事ですよ。

私も寝具にはこだわっています。寝心地が変わると、朝起きたときのストレスの軽減が半端じゃないんですよ。

人生の3分の1は睡眠時間と言われている人間ですから、寝具にこだわらないほうがおかしいですよ!

リビングインピースというサイトで自分の症状にあった寝具を選ぶことをオススメします。

  • いびき
  • ストレートネック
  • 肩こり
  • 腰痛
  • アレルギー
  • 安眠

など、悩みから商品が探せます。

また、「お医者さんの快夢まくら」も熱いですよ!!首肩を邪魔することなく緩やかな寝返りを打つことができる、そら豆型の枕なんです。

特殊な素材構造によって、横向きで寝ても理想的な高さになります。

寝返りを打ったときに、枕の最適な高さが失われてしまうので、肩が凝ってしまうんですよね。

最適な高さが保たれるというだけで、睡眠が劇的に改善します!

12.ネガティブなことを考えないように

自分はなぜ毎日毎日同じことばかりして生きているんだろう……

そんなふうに考えたことはありませんか?

人間は、基本ネガティブなので仕方のない部分はあるのですが、ネガティブなことを考えていると、悪い方向を望んでいると脳が勘違いするそうです。

自分の考えていることって、結構現実に起きちゃったりするんですよ。

とくにネガティブなことに関しては、確信が持てるじゃないですか。いいことより悪いことのほうが起きそうですもんね?

だからこそ、自らネガティブ思考を経たなければならないのです。

ただし、無理やりポジティブになるというのも難しいので、物事を肯定することからはじめて見るといいかもしれません。

ポジティブシンキングに疲れたあなたへ贈りたい1冊の本

2016.05.22

 

日常生活で意識すること

Studio 737569 960 720

13.朝日を浴びる

朝日を浴びることで、脳内のセロトニンを増やすことができます。これ、幸せホルモンと言われるほどのもので、とっても大切。

曇や雨の日でも、窓際に立つだけで効果があると言われています。

セロトニンを増加させるサプリメントもあるので、こちらも合わせて使うと、より効果的です。

仕事中も、休憩の合間に太陽光を浴びるといったことができるかもしれません。

外の新鮮な空気を吸うという意味でも、大切なリフレッシュとなりますよね!

注意事項

朝日を浴びるのは何分がいいのか?と意見はありますが、私の体感としてはたった5分でもやらないときに比べると全く違います。

また、ただ単に陽にあたってればいいだけ!決して太陽を見たりはしないように!目を痛めてしまいます。

 

14.運動を取り入れる

運動量が減ると、脳のあれやこれが…なんていう難しい話もありますが、単純に身体がこりますよね?

身体のこりが全くとれない…毎日毎日デスクワークで、もうガッチガチ…はぁ…仕事行きたくないな。

こういった、日常にあふれたストレスでさえもうつの原因になります。

身体のこりがとれなくてそれが辛くてうつ病になったという人は結構いるんですよ…。侮るなかれ!

どうしてもつらいときは、マッサージや整体、カイロプラクティックなどに頼るのもありですね。

 

私はいろんなところに通いましたが、カイロプラクティックが一番良かったです。

このあたりは、個人差があるので、いろいろ体験してみることをオススメします!

注意

私がうつになったとき、身体症状として肩こり、腰痛、頭痛がでました。初めてマッサージを受けに行ったとき、「強モミ」をされて、余計にひどくなりました。

強いモミは、間違っています。脳から防衛本能が働いてより筋肉を固くしてしまいます。

マッサージのお店を選ぶときは、できるだけソフトなところにしましょう。

 

15.本を読む

ついつい自分の悩みは大きく考えがちですが、私たち程度が悩むようなことなど、先人たちがすでに悩んでることが多いです(笑)

というか、生きてる間に先人を超える悩みなど浮かんでこないのではないか?と思うぐらいに、本には答えがあります。

双極性障害の私が明るい人生を送れるようになった本11選!

2016.06.26

また、本を読むと必ずと言っていいほど学びがあります。この学びが脳に刺激を与えます。

脳は刺激が大好きなので、新しい知識を仕入れるだけでも、うつの予防になりますよ。

それこそ、うつを予防する本を読んでみるという手も(笑)

16.何か新しいことを始める

脳は、新しいことが大好き。脳を刺激して、活性化させるとポジティブになれます。

趣味なんか見つかると、良いかもしれません。

もし、すでに趣味があるというなら、Twitterアカウント作ってその趣味の人たちとつながってみるというのもいいですよね。

そこから新しい出会いがあるかもしれません。

私は、双極性障害という病になってTwitterで同病の方たちと繋がって、この病気がほとんど認知されていないことを知りました。そして発信するようになって今の仕事に繋がっています。

 

まとめ

うつというのは、誰しもがかかる心の風邪のようなもの。ちょっと生活の中で意識を変えることで、予防することは充分に可能です。

私は、今症状は落ち着いていますが、油断しているとすぐにうつになってしまいそうになります。

ここに提示した16個というのは、普段私がうつに戻らないために実行していることでもあります。

まだうつになったことがないひと、うつから復帰した人、どちらに対しても有効な予防策16個だと自負しています!

少しだけ意識を変えて、心の風邪を吹き飛ばしましょう。