うつの治療に散歩を取り入れよう!形から入ることも大事です。

皆さんは散歩するとき、足元にこだわってますか?

いやいや、オシャレってことじゃないですよ。足に良いか悪いかってことです。

サンダルにもよるんでしょうけど、私の履いてるサンダルは、足によくなさそう…。

散歩用シューズはちゃんと選ぼう

足が痛いサンダル

5502

足が痛くなるサンダルはこちら(笑)

決して悪いものではないんですけど、なぜか足が痛い…。

5501

ちゃんと凹凸はあるんですけどね、土踏まずの形をしています。

これが私には合っていないのか、もしくは、かかとがないから痛くなるのかはわかりません。

ウォーキングシューズ

5503

ええ、まぁ…なぜ赤を選んでしまったのか、今でも後悔しています(笑)

その辺に買い物行こうと思ったときも色が赤だと服を選んじゃいますからね。

5504

まぁ色はさておき、こいつなかなかいいんですよ〜。

柔らかく足を包んでくれて、地面を蹴るときのクッション性も抜群!

ファッションにこだわらないときは必ず履いてます(笑)

5508

歩いていて疲れないのはこのグニャリですな!

ぐっと地面を蹴っても、しっかりついてきてくれます。

うつの治療に運動

散歩は、うつの治療にもいい効果がでます。

これは、私が寛解した理由の1つだろうなぁと感じています。

参照:考えすぎて頭が熱い!自然に目を向けて思考停止してみました。

参照:双極性障害(躁うつ病)の副作用のない唯一の治療法

精神疾患に使われる薬って、とにかく副作用が多いですよね…。

でも運動は、基本的に副作用がありません。

あるとすれば、足とか膝とかが痛くなることですよね。

それを防ぐために、ウォーキングシューズにはこだわったほうがいいですよってことです!

なにより、やる気が出ますよ。形から入るってやつですな。

まとめ

最初は人の目が気になっちゃうと思いますが、少しずつ始めてみるといいと思いでしょう。

最良は「毎日30分以上歩くこと」です。

でもこれは、私たちにとっての最善ではありません。

私たちにとっての最善は「運動を日常に取り入れること」です。

精神疾患になる方は、完璧主義者が多いので、毎日30分の散歩が効果的だと聞くと、毎日30分歩かなければならない。それができなければ意味がないと思ってしまいがちです。

しかし、本当に大切なことは、散歩を習慣化することです。

最初はうまくいかなくても、とりあえず行ける日だけは続けるという目標にしてください。

そのうち、散歩に必要なエネルギーが減ってきて、楽になってきます。

引用:双極性障害(躁うつ病)の副作用のない唯一の治療法

まずは一歩を踏み出してみてください。

2〜3歩歩いて帰っちゃってもいいでしょう。

全くでなかったよりはマシだとほめてあげてください。