どうも、双極性障害と戦うブロガー星野 良輔(@hossy_FE_AP)です。

あなたはこんなことを思い悩んでいませんか?

  • お金がほしいけど体調が悪くて仕事ができない
  • 仕事復帰したけどすぐにやめてしまった
  • 障害年金もらってるけど、もう少しお金がほしい……
  • なんとかして少しでもお金がほしいんだけど、キツいからバイトはできない
  • 人と会いたくないけど仕事はしないいけなくてツライ

お金を稼ぐとなると何を想像するでしょうか?

おそらく、社会に復帰することであったり、アルバイトでお金を稼ぐといった、外界に進出することが基本になっていると思います。

しかし、心がボロボロになった状態なので、どんな簡単な仕事も、人と関わるだけで疲れ果ててしまいますよね。

うんうん、だって、健常者には精神疾患……理解できないもんね。

私もやっているのですが、精神疾患者にはやっぱり在宅ワークがあってると思うんですよ。

Twitterもブログもまともにやってないときに月3万稼いだ

ほっしー
精神的な落ち込みは激しいけど、残高の落ち込みも激しいぞ…仕事しないと…あぁ……

心が病んでいてもうどうしようもないのに、お金という現実からは逃げられないもので。

こんな状態で社会に戻ったり、バイトしたりしても、かえって迷惑かけるだけなんじゃないか?と思いますよね。

そこで私が始めたのが、在宅ワークのライティングの仕事だったんです。

在宅ワークのライティングをしてからちょっと体調良くなったよ

なぜ、メンヘラの私でも在宅ワークのライティングができたのかというと以下のポイントだと思います。

  • 誰とも合わずに家で仕事ができる
  • やり方によっては、人と連絡を全くすることなく仕事完了
  • 自分の好きな時間帯に、好きな仕事を、好きな分だけでOK
  • 失敗しても、怒られることはない

これによって、少しずつ自分に自信を取り戻すことができたんですよ!

ほっしー
あ、俺でもネットでお金稼ぐことってできるんだ。

そして、在宅ワークは、しっかりと社会から求められている仕事なので、社会貢献ができている感もあります。

この、「社会貢献ができている感」は、自分の自信につながるので、精神疾患の治療効果もありと言えるでしょう!

在宅ワークをするには、クラウドワークス利用しよう

私は、クラウドワークスというサービスを利用することで月に3万円の収益を上げることができました。

最初の1ヶ月目は、やり方良くわからなかったのですが、1万円程度なら、ハッキリ行って超余裕!でしたね。

ここでは私がやってきたライティング+初心者に優しいタスク形式について説明します。

%e3%81%8a%e4%bb%95%e4%ba%8b%e3%82%92%e6%8e%a2%e3%81%99%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e7%94%bb%e9%9d%a2%e3%81%8b%e3%82%99%e5%87%ba%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%a6%e3%82%99%e3%80%81%e4%b8%8b%e3%81%ab%e3%82%b9

ホーム画面から下にスクロール

コンテンツ、ライティングにしましょう

コンテンツ・ライティングと書いてあるところをクリックしてください

ライティングになってる

しっかり確認したら、また下にスクロールです。

タスクにチェック
プロジェクト・コンペ・タスク方式について

プロジェクト方式は、ライターの私たちがこんなもの書けますけど、使ってみませんか!?と営業をかける方式です。

コンペ方式は、例えば「新しい企業ロゴ考えてほしいからみんな持ってきてー!」と企業側が提案し、クリエイターである私たちが提出。選ばれた人だけが報酬を得るというもの。

いずれにしても、初心者向きではありませんので、最初はタスクから慣れましょう。

タスク方式は「◯人までで、こういうテーマで書いてください。変なこと書かなければ基本的にお金払います」ってやつです。

絞り込む

これで絞り込むと表示される内容がタスクの仕事のみになります

task

(タスク)となっていれば、絞り込みに成功しています!

初心者にオススメのタスク

日記的な仕事なら

仕事の募集はリアルタイムで変わっていくので、あなたがページを開いたときはおそらくもうこの仕事はないかもしれませんが、常に日記的なタスクは存在します。

最初はこのあたりの簡単な仕事をこなしていき、報酬と自信を掴んでください。

そのうち、書きやすいジャンルがわかってきますから、どんどん稼ぐハードルが下がっていきますよ!

在宅のライティングはこんな人にオススメ!

  • ちょっとでもいいから、お金を稼ぎたい!けど、外には出たくない
  • できれば、人と関わらない仕事がしたい
  • めんどくさくない仕事がいい
  • 社会復帰前のリハビリをしたい
  • 文章書く仕事に興味がある

クラウドワークスを使っている人でバリバリ稼いじゃってる人も!

まとめ:メンヘラこそ在宅ワークでしょ〜!

よく、言われます。クラウドワークスを始めとするライティングの仕事は搾取だ!とか、他の仕事のほうが稼げる!とか。

確かに、タスクの案件は、単価が低く設定されていますね。

プロジェクトやコンペに比べると、仕事のハードルが低いので当たり前といえば当たり前ですが……。

 

でも、メンヘラにとっては最初のレベルが低いことはありがたいですよね。

私自身もお金を稼ぐために……!と思って始めたのですが、お金以上に、自信をつけることができたんじゃないかと思ってます。

自信がつくと、心にも良い効果がたくさん現れました。

治療の一環として、社会復帰を見据えた訓練として、取り組んでみるのもよいのではないでしょうか?

 

ランサーズやシュフティもオススメ

クラウドワークスで書きたい案件がないときに、覗いてみると良き!な2つのサービスをおまけで紹介します。

  • ランサーズ
  • シュフティ

ランサーズは有名なので聞いたことがあるかもしれません。使っている分には、クラウドワークスとの違いは特にないのかな…?という印象。

基本的に操作は同じなので、クラウドワークスの使い方を覚えれば、難なく使いこなせます。

 

ちなみにシュフティは、名前の通り、主婦が有利な案件が多いです。

「子育てをしながら家事をする大変さを書いてください」みたいな。

主婦の方は登録しておきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。