うつ病を治すことが経済発展に繋がるのに、自力で治すしかないよね。

どうも、ほっしーです。

WHO(世界保健機関)がうつ病は万病のもと! と発表しました。

世界保健機関(WHO)は今月「病気と障害の主要原因はうつ病である」と発表した。

うつ病の患者数は10年で18パーセント以上も増加し、今や3億人がこの病気で苦しんでいる。 WHOが2005~2015年にかけて実施した調査によると、この期間で患者数が18パーセント以上増加したという。

引用:うつ病は万病のもと。病気と障害の主要原因はうつ病であるとWHO(世界保健機構)が発表 – エキサイトニュース

メンタルヘルスに関心の薄い人が見たら、ちょっとびっくりする数字かもしれません。

が、患者の私からしてみれば、そんなものか…といった印象。

Twitterのように、本音を吐露しやすいツールを使っていると、疲れ切っている人があまりにも多いと感じます。

ほっしー

うつ病は万病のもと…うん、納得できる言葉だなぁ。

そりゃ嬉しくない響きですが、これを期に「うつ」というものを国家レベルで真剣に考えてもらえると嬉しいです。

 

 

うつ病は他の病をも引き寄せる

WHOはうつ病とその他の非感染性障害・疾病とには”強い関連性”があるとし、「うつ病は糖尿病や心臓疾患のような物質使用関連障害のリスクを高める」と説明する。

また、その逆の因果関係もあり、そうした障害を患う人はうつ病になるリスクが高まる。さらにうつ病が大勢の人々の命を奪っている自殺の重要なリスク因子であることも指摘する。

引用:うつ病は万病のもと。病気と障害の主要原因はうつ病であるとWHO(世界保健機構)が発表 – エキサイトニュース

病は気からという言葉がありますからね。

自分で言って苦しくなりますが(笑) やっぱ、気持ちが萎えていたら身体も弱るんですよ。

うつになって明らかに疲れやすくなりましたからねぇ。

身体全体の免疫に異常が出ることは、精神科医も指摘しています。

うつ病の発症において、免疫反応が関与していることも明らかになりつつある。

うつ病では、身体的な病気がなくても、白血球が増加する傾向が見られ、体のだるさや疲れやすさのような、風邪や肝炎でも出る症状がみられるが、こうした症状には、炎症反応も関係している。

引用:うつと気分障害 (幻冬舎新書)

というわけで、必ずしも心が弱っている「だけ」の病とは言えないんですよ。

こいつぁ今弱ってるぜ、チャンスだ

と言わんばかりに、いろんな攻撃を仕掛けられているような気分でございます。

 

10人中5人しかちゃんとした治療を受けてない

うつ病は万病のもと。世界のWHOがそう言っています。

にも関わらず…

うつ病がこれだけ世界に広まっているにもかかわらず、多くの国々では精神疾患患者に対するリソースの供給が十分ではない状態だ。場合によっては、一切支援がなされないこともある。

こうした問題は途上国に特有の問題などではない。先進国など高所得の国々においても50パーセント近くの患者が治療を受けていないとWHOは指摘する。

引用:うつ病は万病のもと。病気と障害の主要原因はうつ病であるとWHO(世界保健機構)が発表 – エキサイトニュース

仮にこのデータが正しいとして、50%の人がちゃんと治療を受けているのにしても…

最初の治療でしっかりと治る人は全体の3分の1と言われています。

数字にしてみると…

  • 100人中治療を受ける人は50人
  • 50人中、約33人は最初の治療では治らない
  • 50人中、約17人が最初の治療で治る
スクリーンショット 2017 04 09 15 23 28

また、6カ月ぐらいで治るなんて言われてますが、そんな人はむしろ稀です。

そのあたりは以下の記事に詳しくまとめているので、覗いてみてください。

治るけどすぐには治らない? うつ病が寛解(完治)するまでの期間について

治療…受けられる環境にある人はちゃんと受けましょう。

治療を受ける人が増えると、データが増えるので、精神疾患の医療の精度が上がることにもつながりますから。

 

患者に支援が届いていない現状

調べてみると、いろいろと支援はあるんですが、患者が自ら動かないといけないことが多いんですよねぇ。

例えば有名なこの3つ

これらでさえ、私のブログを見てはじめて知ったとコメントを頂いたことが何度もあります。

話してくれる精神科医もいるにはいるんですが、行政とは連携してないので医者は基本、知らんぷりなんですよ。

治療は、精神科医と二人三脚でするほかなく、社会からは切り離されている感が強いです。

ほっしー

まあ、ネガティブ思考が強まるのもうつ病の特徴だから、大げさに言ってる感はあるかもしれんけども…

現実よりも、患者がどう感じているかという部分が大事なんですよねぇ。

本人たちが、支援されていると思えるなら、治療のスピードは早まるはずですから。

また、精神科医も

  • ゆっくり休んでください
  • 元気が出たら散歩してください
  • 生活のリズムを保ってください
と言ってくるのですが、まあなんというかありきたりというか(笑)

そんなことはわかってるんですが、心のコントロール方法的なものを知りたいわけですよこちらは。

心については専門の臨床心理士…いわゆるカウンセラーにおまかせというのが日本の医療の現状なんですけど…カウンセラーは自費診療なのでくっそ高いのでございます。

相場は5000円~1万円。

ただ、公認心理師が国家資格で最近制定されて、それが保険診療となる可能性は高いらしいですよ!

公認心理師について詳しく見てみる

精神疾患者は働けないので、経済的な理由で治療を断念することが多いんですよ。

私も経済的な理由から、カウンセリングに通うのやめちゃいました。

公認心理師が保険適応になるといいなぁ…。

 

精神疾患者の現状は、自分でどうにかするしかない

もちろん書いているようにスムーズには行きませんよ。

何度も1に戻った経験がありますから…(笑)

全部自分でやってきたよ! とは言いませんが、自分でなんとかするしかない範囲が病人としてはあまりにも広すぎる気がしてます。

WHOによれば、こうした精神衛生に予算をきちんと割くことは「経済的にも合理的」であるという。

状況の認識不足やうつ病・不安症の治療対策が不足していることで、世界全体では毎年100兆円にも及ぶ損失が出ているからだ。

引用:うつ病は万病のもと。病気と障害の主要原因はうつ病であるとWHO(世界保健機構)が発表 – エキサイトニュース

そりゃ、復帰するまで相当な時間がかかりますから、経済損失が100兆円と言われても納得…いや…

ほっしー

いやいや、損失はもっと多いはずだぞ

というのが、素直な意見ですね(笑)

 

さいごに:経済発展を続けるなら、患者の救済は必須

優秀な若者を育てることも大事です。

でも、優秀な人が心の病に侵された場合はもう終わりですか?

これまでの実績もあるし、社会が求めている即戦力は、精神疾患者を救ったほうが早いかもしれませんよ。

  • 毎年、世界全体で経済損失100兆円
この事実だけでも、メンタルヘルスに国をあげて力を入れることは経済的にも合理的であることがわかりますよね。

 

私はこのブログを続けて1年半になります。

2017年2月は15万回ページが閲覧されました。

読者さんからも、体験談が多く寄せられています。

参考になる話がいっぱい! 精神疾患の体験談記事まとめ

多くの精神疾患者とやりとりして分かったんですが、みんな優秀なんですよ。

本人はまったく思ってません。自分を責めています。

でも、考えが深いし、傷ついた経験も多いので人にやさしくできます。

仕事ができても、温かみがないと一緒に働きたくはないですよね。

そりゃ、ブランクがあるから多少は仕事の能力は劣るかもしれません。

でも、仕事の能力なんてものは、働いてりゃ身につくじゃないですか。

傷ついた経験の多い精神疾患者はもっと根幹の大事な部分が、しっかりと成熟してるんです。

そういった優秀な方々を社会から切り離すのはどうなんでしょうねぇ…もったいないと思いませんかね?

経済発展を続けたいなら、メンタルヘルス関連、力入れてほしいところです。