双極性障害で仕事をしない場合、自尊心の低下に気をつけよう。

双極性障害は、ハイとローを繰り返す病気いつ社会復帰するべきか?というのは大きな問題です。

タイミングを間違えると、症状が悪化することもあるんですよ。

 

私が、社会復帰を目指していたときは、軽躁状態のときに医師に相談することなく勝手に行動してしまって、やらかしました(笑)

といっても、面接前にうつ状態になってしまったので、他人に迷惑をかけることはありませんでしたが。

仕事を避けすぎるのも問題

自尊心の低下

ストレスを避けるために人間関係や職業・学業的な達成からあまり遠ざかってしまうと、かえって患者の自尊心は低下し、社会機能をさらに低下させてしまうことになるのではないでしょうか。

社会活動の最適なバランスは個人で異なると思いますので、患者本人や家族、医療側は長期的に見て、患者にとって何が最良かを熟慮する必要があるのだと思います。

引用:双極性障害ーその波の向こう

どこまで逃げることが許されるか?あまり逃げすぎると、ストレス耐性はどんどんなくなっていきます。

社会の役に立ちたいという欲求は例え、双極性障害であろうともあるもの。

 

あまりに何もしないというのは、自尊心がボロボロになっていきますよね。

お金を稼ぐだけではダメだ

お金を稼ぐ。という行為だけでは、自尊心が待たされないことは、ポイントサイト等を使ってみると分かります。

仕事したー!感がないんですよね。

 

なんだかこんなことでお金を稼いでしまっていいのか……という罪悪感が湧いてくる方もなかにはいるかもしれません。

それから、仕事があまりに単調すぎて続かないという方もいるでしょう。

在宅ワークがオススメ

  1. クラウドワークス
  2. ランサーズ
  3. シュフティ

この辺りのクラウドソーシングを利用するといいと思います。

 

参照:メンヘラで何もできなかったぼくが月3万ネットでお金を稼いだ方法を公開!

 

なぜなら、これは立派なお仕事なんですよ。

4498731754643 LINE
自尊心を取り戻す

このようにお礼のメールをいただけるのも、在宅ワークの強み。

これすごく勇気もらえますよ。

「あ、今、社会の役に立てたのかな」

と思えます!

 

月1万ぐらいなら簡単に稼げます。頑張れば3万円の大台を超えられるという感じ。

もちろん、本気で取り組むなら、月20万稼いでいるという方もいますよ。少ないですが…。

 

案件も、日記から専門的なものまで、幅広く揃っていて、スキルの有無もあまり関係ありません。

精神疾患の場合、時間だけはめちゃめちゃあるので、ゲーム感覚で楽しんでみてはいかがでしょうか。

行動すればなにかが変わる

私も最初は暇つぶしにブログと在宅ワークやってました。

やってるうちに「あ、俺って書くことが好きなんだな」と気がついたんですよ。

 

それが今では仕事になっているから不思議です。

もちろん、この仕事が本当に好きなのかどうかというのはありとあらゆる手段を使って考えました。

 

弱みは才能!? 成功者を徹底的に分析して作った強み診断の本がガチ過ぎてヤバい。

2016.05.17

やりたい仕事が見つからない人は、やりたくないことリストを作ってみよう。

2016.05.06
補足説明

関連記事の中にある「やりたくないリスト」は本当にオススメ!

やりたいことだけをリスト化すると、その中にやりたくないことが含まれてしまう危険性があるので、まずは絶対にやりたくないことから考えてみましょう。

 

好きな仕事ってなんだろうな〜?って漠然と考えるだけではダメだと思います。必死に追い求めないと。せっかくなら楽しんでやりたいじゃないですか。