八方美人は嘘つきで、自分も他人も大切にしない態度。

どうも、八方美人だいっきらいのほっしーです。

辻仁成さんもおっしゃっているように、八方美人は嘘つきなんですよ。

自分に対して全く誠実じゃない。

 

なぜここまで私が八方美人が嫌いかと言うと、過去の自分が八方美人だったからです。

いじめられたことがきっかけで八方美人になりましたかねぇ…。

嫌われることが怖くて、八方美人になった

いじめられたあとから嫌われないためには周りに合わせていればいい。と、思っていました。

自分を主張せず、人間関係を円滑にする潤滑油になれればいい。それが正解だと。

でもダメなんですよね。八方美人は誰の印象にも残らないので友人もできません。

男性
あいつって何考えてるかよくわかんねーよなぁ。

って言われる人いるでしょ。自分を出せてない人ですよそりゃ。

自分を出せていない=八方美人の可能性が高いんです。

ほっしー
だって、自分を出したら八方美人は崩壊するからね。

 

人から好かれたければ、人から嫌われることを恐れてはいけない

みんなに愛されることは無理。みんなに愛されるには「平均」を取っていかなきゃいけない。

それって、どんだけ気を遣わなきゃいけない社会で生きているのかな、と心配になる。

周囲から嫌われても、本当のことを言ってくれる人のほうが信頼できますよね。そういう見方を僕はしています。

引用:「みんなに愛されようとするから、君は疲れるんだよ」 作家・辻仁成が説く“孤独”のススメ

好きな芸能人を思い浮かべてほしいんですが、必ず特徴があると思うんですよ。

ほっしー
自分は好きだけど、こういうタイプの人には嫌われそうだよなぁw

って想像がつきやすいと思うんです。好かれる人ってのはこういうこと。

裏があれば表があるように、好かれることがあれば嫌われることもある。

 

「平均」には裏がないので、なにもない。ゼロですゼロ。

つまり八方美人ってのは損でしかないんですよ。

人間関係に貢献しているはずなのに、誰からも気づかれないんです。

ほっしー
こんな虚しい話、あるかよ…

八方美人をやめられたきっかけ

私は顔にほくろがあったことが原因でいじめを受けてました。

まぁいじりの範囲内だと今は思えますけど、当時はめちゃめちゃ傷ついてたんですよねぇ。

んで! 高校生のとき、レーザーで焼き払ったりました。

 

次の日! なんと! どうでしょう?

ほっしー
ああぁぁっぁああ!? 誰も気づかねぇじゃねぇかあああ!!!

何十年も苦しんできた顔のほくろ。なんとレーザーで除去しても誰も気づきやしねぇ。

 

ふと思ったんですよ。今まで他人に気を使ってきたのはなんだったんだ?って。

ほっしー

みんな好き勝手いきやがって…俺も好き勝手にしてやる!

そこからはもう、わがままに生きてます。ドン引きされるぐらいに。

 

人とぶつかることも増えましたけど、ほっしーは面白いから好きと言われることも増えました。

八方美人時代には「好きだ」と言ってくれる人はいなかったので、これは大きな進歩です。

 

生きやすくなるために、他人から好かれるために、八方美人はやめておこう

まとめはこれ

八方美人は他人のためになるものですが、実は誰のためにもならないんですよ。

みんなもっとワガママになっていい。自分を大事にしましょう。

心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(最高45万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。

#うつマッピングの著者です。

詳細プロフィールはこちら

YouTubeチャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。