昭和レトロな世界を無料で楽しめる門司港の海峡レトロ通り

どうも、双極性障害と戦うブロガー星野 良輔(@HossyMentalHack)です。

福岡県北九州市にある海峡レトロ通りに行ってきました。

関門海峡の歴史や文化を観て学ぶ事ができる面白い施設です。有料区画もありますが、無料区画で十分に楽しめますよ。

裏にある駐車場が1日500円でやすいので、そのまま門司港にも遊びに行けます。

入り口はこんな感じ。でかいな…。

手軽に無料で昭和レトロが体験できる

上のほうを見ると思いっきりスタジオですが、上を見なければ雰囲気ありますw

看板も昔ながらで雰囲気あってよき!

夫婦喧嘩は犬も食わぬ〜とかなんとかいうアナウンスが流れてました。

夫が犬に喧嘩を売って困っているとのこと。ストーリー的によくわからん…(笑)

昔って本当にこんなだったのかな〜?

風情があっていいですね。

のれんを開いて大将、やってる?っていってみたいものですw

私が子供時代にこういう床屋さんはまだあったような気がする…。

もっと田舎に行けば、まだギリギリ見られる光景かも。

ほっしー
あれ?ここちょっと中世ヨーロッパみたいじゃね?

と、謎にテンションが上がりました。

瓦から撮影してみると、すごいリアリティありますよね。

欲を言えば、階段はもっとレトロにしてほしかったかな…。

上から見下ろすとこんな感じ。

細部、までこだわって作られていることがわかります。階段以外(笑)

忘れましたけど、どこかの銀行です(笑)

昔はこんな感じだったとか!

今の時代だと、逆にオシャレな感じしますよね。

クラシックな電車だ…。

失礼ながら顔のドアップとってみた。

うーん、すごい。これ彫刻でほってるのだろうか。

触れないので素材がわからず…。

門司港と言えば、バナナの叩き売りですね。

昔は本当にこんな感じで売られてたのか〜。

アクセスはこちら

門司港から唐戸市場へ

片道390円しますが、たった5分で山口県下関市の唐戸市場へ行くことができます。

ふぐ刺しとうにソフトが絶品の唐戸市場。門司港から5分でいけます。船めっちゃぶっ飛ばしますよw

2016年10月21日

心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(最高45万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。

#うつマッピングの著者です。

詳細プロフィールはこちら

YouTubeチャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。