重くなってきたうつ状態を記録しておこうと思う。

どうも、双極性障害と戦うブロガー星野 良輔(@hossy_FE_AP)です。

11月の中旬から精神的な体調を崩して、落ちっぱなしの日々が続いております。

せっかくうつブロガー? ということもあるので、今の感情を記録しておこうかと(笑)

 

落ちるところまで落ちると、寝る以外に手段がないというのがうつのやっかいなところ。

不眠タイプの方が一般的なのですが、私の場合は過眠タイプ。

基本的に冬にうつになることが多いので、まるで動物の冬眠ですよw

 

ということで、冬眠なうなうつブロガーの現状報告を開始しま〜っす!

 

 

心に溶けたチョコレートがへばりついてる感覚

fcfg100125449_tp_v

ドロっとした感じです

特に何かあったわけではないんですがね…。

ほっしー
「あのこと」が気になって仕方がない。不安で不安でどうしようもない…。

という状態が続いてます。

 

ちなみに、「あのこと」がなんなのか、私にもわかりません(笑)

だからこそやっかいなんですよねぇ。原因不明の不安感に心が押しつぶされそうになってる。

溶けたチョコレートが心にへばりついてて、重いんですよ。

 

うつ状態が重くなるとこのへばりの粘度が増します。

よりドローっとした感じに。

押しつぶされそうというか、飲み込まれそうと表現したほうが正しいのかな?

 

これ、心だけじゃなくて身体にも影響します。

失恋したときに寝込むぐらい落ち込む人だったら分かるんじゃないかな?

心が折れたら、身体も動かないもんなんですよ。

 

夜は普通に寝て、昼も普通に寝る。

s__3694594

愛用のマクラ、親友です(笑)

1日12時間以上、眠ってんじゃねぇかな…。

昼に3時間ほど眠っても、夜の睡眠に全く影響ありません(笑)

夢も見ないので、深い睡眠ができているんだと思います。

 

最近の基本的なスケジュールは、0時までには眠って朝は10時頃起床。

13時ごろから昼寝し、15〜16時に起きる。

ひどいときはまた眠ったりします。でも、眠れないなんてことはないですねぇ。超過眠だ…w

 

毎日、すんごく疲れちまうんですよ…。

特に何かしてるわけではないのですが、心がザワザワしてますからねぇ…頭もぐるぐるしてますし。

ベッドの中でうーうー言いながら疲れたら眠って、起きたらまたうーうー言って。

 

暇なのか忙しいのかよくわかりませんな(笑)

過眠については、うつの薬として処方されているレクサプロの副作用にもあるので、それかもしれません。

 

現実逃避もできなくなってきた

寝っ転がりながら現実逃避してます〜。

寝っ転がりながら現実逃避〜のはずが…。

小説、漫画、アニメなんかで現実逃避をして不安感を少しでも軽く…という戦略もそろそろ厳しくなってきました。

というのも、うつ経験者ならわかると思うんですが、頭回らないんですよね(笑)

 

うつ症状の1つに興味の喪失というものがあります。

こいつのせいで、たいていのことに興味関心がなくなる。

そんで、謎の不安感で頭が埋まってるので、内容が入ってこないんですわ…。

 

ただ不思議なのは、こうして書くことはそれなりにできちゃう。頭パンパンだから外に出すことはできるってことなのかな?

単純にブログはもう1年続けて習慣になってるから苦じゃないってことなのか…?

んまぁその辺はよくわかりませんが、とにかく現実逃避に関しては、不可能になってきたので次の手を打たねばと考えているところです…。

 

外の新鮮な空気は気持ちがいいけど…

外に出るのもひと苦労?

外に出るのもひと苦労?

窓をあけて、冷たい新鮮な空気が入ってくると気持ちがいいです。

一瞬だけでも「気持ちがいい」と思えれば御の字。すぐに閉めちゃうんですけどね(笑)

ただ、起き上がるまでが時間かかります。

 

不登校時代の学校に行くまでが辛いというのと似てる気がしますな。

いざ登校してみるとそうでもなかったなということはわかるんですが…これがなかなか(笑)

最初の一歩目がキツイんですよね。

 

ほっしー
ま、とりあえず窓開けて外出るかは後で決めるか。

って思うと意外とすんなり行けるので「とりあえず精神」大事にしてます。

 

調子戻るまでスローペースでいくか〜

落ちるところまで落ちると、薬飲んで寝るしかありません。

なにをしようにも、チョコレートへばりついてるんでやる気出ませんし、身体も動かしにくい。

無駄な抵抗はやめて今は回復に専念します。

 

自然と何かがしたいと思える感情が湧き上がってきたら、少しずつ回復している証。

そのときまた無理をせずにやりたいことをやるってことが大事なんですよねぇ。

今はなかなかそんな気分にはなれませんが、過度な期待はせずにチョコレート地獄に埋もれて過ごすとしますか。