どうも、ほっしーです。

2016年にロボアドバイザーサービスが始まり、人気が出てきています。

最大のメリットは、自分で資産運用の知識をつけなくても、人工知能なら資産運用を丸投げできるところ。

男性
え、AIに丸投げなんて大丈夫なの?

ゴールドマン・サックスという契約残高140兆円を超える世界最大手クラスの投資銀行があります。

600名いたトレーダー社員が2名になりました。AIに置き換わったのです。


ほっしー
もはやAIのレベルは、私やあなた、そして世界的に優秀な人材の頭脳をも余裕で超えてるってこと!

将来の資産を形成しつつ、自分の仕事や好きなことに集中する。

まさに効率的な時代です。

 

というわけで、このページでは、ロボアドバイザーを5社比較してみました。

私のおすすめ2社も合わせて紹介するので、参考にしてみてください。

 

細かい比較の前に、ざっと知っておきたいこと

公開されているデータから見ると、投資対象やサービス内容に大きな違いはありません。

これは、ロボアドバイザーが日本でまだ始まったばかりってのもあるんでしょうな。

比較するポイントは大きく2つです。

  • 最低投資金額
  • 手数料
これなら、初心者にもわかりやすいですよね。

 

国内ロボアドバイザー5社を比較してみた

手数料・最低投資額を比較
サービス名手数料最低投資額
ウェルスナビ1.0%300,000円
THEO1.0%100,000円
楽ラップ最大0.990%100,000円
マネックスアドバイザー約1%10,000円
クロエ0.88%10,000円

 

1.Wealthnavi(ウェルスナビ)

Wealthnavi(ウェルスナビ)は、私が最も愛用しているロボアドバイザーです。

初心者から投資のプロまで幅広く使われていることが特徴。

ベンチャーながら、大手金融機関からの出資や、NHKを始めとした大手メディアに掲載されるなど、信頼性も高いです。

最低投資金額が30万円と少し高めながら、利用者数NO1(2017年10月4日時点)

さらに、他社にはないユニークな機能もあるよ!

  • 振込手数料無料のクイック入金
  • 自動税金最適化【DeTAX】

手数料は1%ですが、3000万円以上預けると、超えた金額に関しては0.5%になります。

 

2.THEO(テオ)

1万円から気軽に始められます。

どちらかといえば、初心者向けかな。

「THEOにおまかせ」という機能があり、年に1度、資産運用の方針が自動で決まるところがポイントです。

ウェルスナビと同じく、手数料は1%ですが、3000万円以上預けると、超えた金額に関しては0.5%になります。

 

3.楽ラップ

楽天証券が運営するロボアドバイザー。

利用手数料と投資商品の合計コストが1%を切りますが、ちと手数料関係わかりにくいところがあります。

固定報酬型と成功報酬併用型があります。

年率2%以上のパフォーマンスを出せれば、固定報酬型がお得となる計算。

ちと初心者は戸惑うところかもしれません。

 

また、楽天証券に関しては、楽天スーパーポイントを使って投資信託を買えるという特典もあります。

ロボアドバイザーをしていて、本格的に投資に興味が出たら自分で買ってみるのもありかもしれませんね。

 

4.マネックスアドバイザー

手数料が0.3%と最安。

金融市場の動向に合わせて、自分で運用プランをいじることができます。

そのとき、専門家の見通しや、運用会社のリポートなどの情報を反映させることが可能。

 

ただしこれは上級者向けじゃないかな?と感じてます。

マネラップとは違うサービスなので気をつけてください。

マネックスアドバイザーの利用には、マネックス証券の口座が必要になります。

 

5.クロエ

最大のポイントはわかりやすさ。

  • 質問への回答
  • 口座開設
すべてスマホアプリで行えます。

利用手数料は0.88%と、他者に比べるとほんのちょっと安め。

 

実際に使っている! 私がオススメしたいロボアドバイザー

1.ウェルスナビ

  • 使いやすいから
  • 自分が儲かってるから(笑)
  • 利用者数が国内no1だから
ウェルスナビは利用者国内NO1なので、今後手数料の値下げなどが早期に実施されるかも。

利用者が多いってのは、かなりの強みなんですよね。

元エンジニアのほっしー

AIはデータありきだからね! 情報が多ければ多いほど、分析力は高まるのだよ

ノーベル賞受賞の理論を使ってるってところも、ワクワクさせられます。

 

2.マネックスアドバイザー

ウェルスナビが一番好きなのでウェルスナビだけを推したいのですが、もう一点あげるとしたらここかな。

理由は単純。手数料が0.3%で安いからです。

手数料は長い時間をかけるとどんどん積み重なっていきます。

手数料分、毎回儲かればそりゃ問題ないですが、もちろんうまくいかないこともあるでしょう。

そういう意味では、手数料は見逃せないポイントです。

 

さいごに

2016年ごろから国内でロボアドバイザーサービスが始まりました。

まだまだ黎明期で、これから競争が激しくなってくることでしょう。

今のところ、サービス内容に大きな違いはないので好みで選ぶといいかな〜と思います。

それにしても、ほぼ丸投げで投資できるって楽しいし、楽でいいですよ(笑)

 

スポンサーリンク

こんな記事はどうですか?