「頑張り過ぎない。ありのままに生きる。」は生き方の話

仕事はやっぱり競争社会

残念ながら、この世は資本主義社会なので、みなさん生き残りに必死です。残酷なほど努力の差が出てきます。

努力どうしても必要。特に最初の期間は普通に疲れるぐらいには必要。

ここは社会人経験した人ならきっとわかると思う。慣れるまできついもんね…w

でも、得意なこと、好きなことを仕事にできれば「努力だと感じない努力」になる

それが難しくても、やってて苦痛じゃないことを仕事にすることで苦痛は軽減できる。そして成果もやはり出やすい。

 

私の例で言うと、YouTubeをバッシバシ撮ると言うのはそれほど苦痛じゃない。むしろ楽しい。


書くこともそれほど苦痛に感じたことはない。最近は喋ることの方が楽しいかな。

なので、他人より努力している実感はない。でも、他人からは「変態だぁ」と言われてしまう(笑)

ほっしー
あ、でもね、努力量が多いから成果が出るとも限らないのよね

仕事は努力が必要だけど、その努力は主観的に感じないようにすることもできる可能性がある。

メンタル疾患治療中のひとへ

今回の記事は結構健康度が高い人向けの話なんよね〜。というわけで最後に補足。

心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(最高45万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。

#うつマッピングの著者です。

詳細プロフィールはこちら

YouTubeチャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。