出生前診断で精神障害が分かるとしたら、命の選別を行いますか?

ニュースを見ていて気になったものがありました。新型出生前診断の活用が広がり、胎児に「異常」が見つかった場合、96%もの方が中絶を選んでいる…と。

自閉症の弟と、双極性障害の私。現時点では該当しませんが、技術の進歩により該当する日が来るでしょう。

 

 

出生前診断

出生前診断とは?

妊婦の血液を採取することによって、胎児の染色体の異常の有無を調べるものです。例えば、「ダウン症」といわれるものであれば、21番の染色体が1本多いことがわかっています。

「命の選別」という批判もありますが、実際にはかなりの確率で中絶をしていることがわかりました。

 

誰にも批判する権利はない

 

うちには自閉症の弟が居ます。自閉症は出生前診断ではわからないとされていますが、いずれ解明されてわかることになるでしょう。

この件については、家族が選択するべき問題であって、誰も批判することもましてや肯定することもしてはいけない気がします。

 

個人的には…

 

「賢明な判断」だとは思いますが、100%そうとも言い切れない自分が居ます。

なにしろ、弟が似たような立場に置かれているので、これを完全に肯定してしまうとなると、弟の人生を全否定してしまうかのような気がするからです。

私も兄ですから、弟はかわいいです。そんなに話したりはしませんけど(笑)やはり唯一の弟なんですよ。他のどこにも変わりになる人はいません。

 

しかし私も

私が人の親となる可能性が出てきたとき、自分の子供が出生前診断で「異常あり」とでた場合は、96%に含まれることになると思います。

この件について母親と意見を交わしました。

 

ほっしー
俺は、奥さんとの話し合いになるだろうけど、中絶を選ぶと思う。
母親
あたしもあんたの子どもがそのような診断を受けた場合は、中絶を進言すると思う。
母親
ただ、知的障害の子を育てた親からすれば、「障害を持っているだけ」で生まれてくる権利が剥奪されると思うと、割り切れないわね。
母親
ただ、それを踏まえたとしても、やっぱり中絶した方がいいと思うわ。

 

もちろん、すぐに中絶しようと決断できる問題ではないと思いますが、母親の言葉は重いなと感じました。知的障害の子を持ち、愛情を注ぎ、育ててきたからこそ言える言葉だと思います。

 

 

先天性の病気が全て出生前診断でわかるとしたら

もし、双極性障害が事前にわかったら?

 

双極性障害も先天性のある病気だと言われています。まだ解明できてきませんから、出生前診断で判断することはできません。

いずれ解明されて、出生前診断の候補にも上がってくるのかもしれませんね。

そのとき私は、自分の人生を全否定するような選択を、できるのかどうか…正直難しいです。

 

いずれは私たちのような存在は居なくなってゆくのか

 

命の選別についての賛否は多々あるでしょうが、私は賛成派です。複雑な気持ちを抱えたまま、賛成。

あまりこういったことを自分の口からは言いたくないのですが、精神障害者というのはどこにいっても疎外感があります。

病名を話すとやっぱりキチガイなのかという目を向けられます。

 

いや、向けられていると思っているだけなのかもしれませんが。とにかく生きづらさは感じますね。

だったらいっそ、生まれてこなかったほうが…と思ってしまうのも、仕方のないことだと思います。

 

もし生まれ来る子どもたちが

 

今も昔も、楽しいことたくさんあります。

生きててよかったと思うこともたくさんあります。

それでも、もし生まれなおせるなら…と思ってしまうことも同時にあるものです。

 

双極性障害は先天性のある病気だと先ほど書きましたが、完治はしない病気です。

躁うつ病という言われ方もします(双極性障害の古い名称です)が、うつ病と違って治りません。

治らない病気と一生付き合っていく覚悟は私自身はもうできています。

 

ですが、一生治らない病気を子どもに背負わせるのか…と思うと、神でもない私が、「今回はやめておいたほうがいい」と言ってしまうことになるかもしれません。