フリーランスになりたいけど、私は向いているのかな?と考える人は会社員を辞めないほうがいい。

大学を中退して起業するというブロガー石田さんの選択 が世間を賑わせてから、フリーに転身するかどうか考えている人は多いようです。

今回たまたまTwitterで見つけた記事は、石田さんの件とは関係ないんでしょうけど、タイミング的にぴったりだったのであえて石田さんを引き合いに出しました。

フリーランスに興味のある人はご一読ください。特に、仕事と育児を両立したい主婦の方が読むと首が取れるぐらい縦に横に斜めに振ることになると思います。

んで、ツイートした記事のももねさんもおっしゃっていますが、私もフリーランスになるか迷ってるぐらいだったら会社員をやめるべきではないと思いますね。

悩んでる時点であなた、向いてないですよ。

フリーランスになりたい人は迷わないんじゃないか?

フリーランスになりたいんです!という人は、自分の事業を持ちたいとか、個人で仕事をしたほうが裁量があってもっと自分の実力を出せるとか……そういう正しい発想ではなく、フリーランスという肩書に憧れている人のほうが多い印象があります。

理由は、私がシステムエンジニアをしていて、フリーランスを目指したときにそう思ったからです(笑)

 

なんとなく、いいじゃないですかフリーって。かっこいいし、自由そうだし、楽しそうだし。

社会のしがらみなく好き勝手に仕事しているイメージありますよね。

フリーランス。フリーランサー。なんかこう。ね?肩書もかっこいいしね?(笑)

フリーランサーのイメージ画像

楽して稼げるんじゃなくて、苦労して稼げないのがフリーランス

ちなみに、会社から飛び出して自由の身になったからといって、仕事が楽しくなるわけじゃ〜ないですよ。

私のやってるブロガーなんて、なっかなか収益でないんですから(笑)

注意事項

これはA8というASPの会社の調査なので、Google AdSenseの収益は含まれません。

ね、楽して稼いでそうなイメージが崩壊するでしょう。

サラリーマンの方みたいに、成果が出なくても固定の給料がもらえるわけじゃないんですよ。

始めたばかりのときは1ヶ月働きまくって収益100円とかザラでしたからw

 

もともと人脈があるとか、スキルがあるとか、売れるものがあるとか……そういった方じゃない限り、いきなりフリーで始めると、収益がゼロになるということは当たり前です。

この点の衝撃度については、学生さんからいきなりフリーになったほうが柔らかくて有利かもしれませんね。

私も一応会社員やってたのではじめての収入が300円だったとき、それはそれで死ぬほど喜びましたが、同時にサラリーマン時代の仕事量と月収と比較したときのコスパ悪すぎ感は半端じゃなかったですから(笑)

その仕事、お金貰わなくてもできるかい?

背に腹は代えられないので、ずっと無給でというわけにはいかないでしょうが、想像してみるとわかりやすいです。

今の自分の仕事を無給でも続けたい!と思えるかどうか。

自分のやりたい仕事でフリーになりたい人はここを考えるといいと思います。

私はこのブロガーという仕事、ずっと続けたいと思えますね〜。実際、半年間無給みたいなもんでしたし、たった100円、300円でもうおおおお!って友達に自慢してたぐらいですから。引かれましたけど(笑)

 

もし、今の仕事を自営業とするとき、無給だったら嫌だなぁ。やる気なくなっちゃうなぁと思うなら、いきなりフリー転身は向いてないでしょうね。

会社員続けながら道筋が見えるまで考えるのもアリでしょう。

とはいえ、いくら準備したところで失敗するときは失敗するので、いきなりフリー転身ってのも私は悪くないと思いますよ。

ところで、フリーに転身するか悩めるコトを幸せと思えよ!

世の中には私のように、フリーになるかどうかなんて悩むことすらできず、爪弾きにされ強制フリーランスになった人もいます(笑)

双極性障害で仕事復帰ができず、ブログを書き始め、それが仕事になるまでの話。

2016.09.03

 

病気になって好きなことを好きなだけやっているうちに「書く」ことが好きだと気がついた。というのは、極極極少数だと思います。

普通は、会社員という路線から強制的に降ろされてもなんとか社会復帰するために皆さん頑張ってます。

もう社会復帰できますよという医師からの診断書キップを持った人。

障害者雇用を目的に障害者手帳キップを持った人。

いろんな人が、あなたの「普通はつまらない電車」に入りたがっているのです。