うつ病でも、私は人に会わないとダメになる

どうも、メンタルヘルス研究家のほっしーです。

うつ再燃から2〜3ヶ月ほど引きこもったあと、久しぶりにお仕事で福岡の天神に行く予定が入りました。

めちゃくちゃ緊張した…。なにせ、他人に会うのが2〜3ヶ月ぶりですからね。

終わってみてわかったことは2つ

  • 意外と普通にできた
  • やっぱり人と会う機会を作らないとヤバイ

 

趣味つながりだと、うつ病はあまり関係ない

私はこのブログを趣味兼仕事としてやってます。趣味8割ですがねw

ブロガーという括りなら、趣味仲間なのでうつとか関係ないんですよ。

優秀な人ばっかりなので差別意識なんてありゃしません。

 

同じ趣味仲間だと、一緒に向上していこうぜって気持ちが芽生えるので、ネガティブなものは吹き飛ぶんですよね。

会社の社員とか、リアル友達だとなかなかこうはいきません。

星野良輔 カルピス

元気だった頃の自分を知ってる人って、会いづらくない?

最初からうつ病と知ってて知り合った人というのは、無理のない人間関係が構築できて最高。

 

なんでも良いので、趣味仲間を見つけると良いですよ。

Twitterで発信を続けていたら、少しずつ増えていくはずです。

ポイントは、ネガティブすぎるものを発信しないこと。

 

SNSを駆使して有名になったゆうこすさんの本に、こんなことが書いてありました。

学んだのは、「本気で好きじゃないことを発信しても失敗する」ということ。

自分が楽しくないと、どうしても〝楽しくないオーラ〟が出てしまう。

それは読者から見抜かれてしまいます。

引用:SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方

私もこれには同意。

うつ系のことを書いてますが、ネガティブになりすぎないことを意識してます。

 

久しぶり!心配してましたよ! の声が素直に嬉しかった

男性
出てこないから心配してましたよ

そう言ってくれた人がいました。

いやぁ…ありがたかったですねぇ。

 

悲観的に、自分のことは忘れてるんじゃないかと思ってましたからw

また、趣味仲間に言われると素直に嬉しい言葉なんですよね。

仲間だと思えるから、素直に言葉を受け止められる

 

これが元職場の人だったら全く受け取りのニュアンスが変わります。

ほっしー
そんなこといって、迷惑だって思ってたんだろ…

戻ってきたなこいつとか思われてんじゃないかな…

 

こんな感じで、完全に被害妄想だとわかっていながらも止められないのです。

でも多分、精神疾患の私たちが考えているより、世の中は優しい世界です。

少なくとも、ブログから知り合った人たちにうつ病を差別的に捉える人はいない。

 

うつ病と言えど、他人と会う機会を作らないとヤバい

 

なんだろう…なんか、他人とどう接したら良いのか忘れちゃってたんですよねww

ほっしー
あれ、こういうとき、どう返せば良いんだっけ…

みたいな。 急性コミュニケーション障害とでもいいましょうか(笑)

 

こういう機会を作っておかないと、どんどんコミュ障になりそうだなって思って焦りました。

病気だって、急性を繰り返していると慢性化しますからね。

 

簡単なところから慣らしていこう

友達との飲み会や、ランチなど、短時間で無理なくやっていきましょう。

なんでもいいですよ。ほんのちょびっと頑張れることなら。

私はいきなり仕事のセミナーに参加だったので、精神的負担がかなりデカかったです。

結果的には大成功だったんですが、精神論的すぎるのでオススメはできませんw

 

自分のできる範囲のほんのちょっと外。

少しの頑張りでクリアできるところから、範囲を広げていくことがいいですよ。

小さな成功体験を重ねれば、自信もつきますからね。

 

 

あくまで動けるときに、簡単なハードルを超えていくというイメージで!

 

スポンサーリンク

こんな記事はどうですか?