体がボロボロになりながらも、頑張る人を称賛する社会は怖い。

変われない

知ってますか?

プリンセス駅伝で、岩谷産業の飯田選手がコケてしまい、血だらけになりながらゴールまで這っていった衝撃的な話。

残り200mの地点でコケて、監督はすぐに中止を支持したそうですが、大会関係者に届いたのが残り20mの地点だったそうです。

なので止めずにそのままタスキを繋いだと。

この件について

  • よくやった!
  • 感動した!

って声がネット上で上がってるんですがね… 私はこれ、正直に怖いと思いましたよ。

 



称賛している人がいるという悲しい事実

いや〜恐ろしい恐ろしい。くわばらくわばら。

ほっしー

いったいこれのどこが感動できるシーンなんですか? みんなドSなのかな?

こういうところから始まるんですよ。

根性論、ブラック企業、気持ちで勝て!みたいな話。

これに感動する人が多いってことは、日本にはまだまだ働き方改革は訪れないでしょうね〜。

 

監督と大会関係者の情報伝達の問題

たしかにこれもありますが、後ろから大会関係者が見てましたからね。

私が見たTV番組では、大会関係者が後ろからこう言ってました。

男性
なんとかいかせたい!なんとか…!

いやいや…ほんと日本って恐ろしい国ですよね。監督の許可が降りてなくても、即止めるべきでしょ。

 

コンクリートを四つん這いで這っていってるんですよ?膝を血だらけにして。

これのいったいどこに感動するポイントがあるんですか?

 

そりゃ私にはマラソン経験がないので、タスキを繋ぐ重要性なんてわかりゃしません。

でも、タスキを繋ぐ重要性を知っている人にこそ、止めて欲しいシーンでしたね。

Twitterを見ている限り、陸上経験者は称賛の声を上げている人が多いです。残念。

 

日本の生産性が低い理由は、こういうところから始まっている

「みんなの思いがのったタスキを繋ぐ」

耳障りのいい言葉ですが、周りに絶対に迷惑をかけちゃいけないという強迫観念が潜んでいます。

体育会系ではない人が、この体育ポルノに巻き込まれて精神を疲弊していく。

台風でも地震でもミサイルが飛んできても、会社を休まない日本人。こういうところから来てますよ。

 

私はメンタル弱くてすぐに逃げ出しちゃうからすごいなって思いますよ素直に。

でもね、思考停止して根性で頑張る姿は、果たして美しいんでしょうかね。

血だらけになりながら、骨折しながら血を張ってタスキを繋いだあの選手のように、日本の企業戦士は今日も身を粉にして働くことでしょう。

 

変われない

心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(最高45万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。

#うつマッピングの著者です。

詳細プロフィールはこちら

YouTubeチャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。