文章に保険かけてないですか?それだと主張がブレブレですよ…。

どうも、双極性障害と戦うブロガー星野 良輔(@hossy_FE_AP)です。

ブログを書いていると、他人のブログを見ることもあるのですが、たまにこういった書き方をしている人を見かけます。

「これは個人的な意見です。なになにを否定するものではありません。」

文章に保険をかけるのはマジで気持ち悪いのでやめましょう。

内容が八方美人的になって、主張が弱まり届けたい読者にも届きません。

ほっしー
うわぁ文章に保険かけやがった……

と気持ち悪くなります。

文章に保険をかけることは責任放棄

言いたいことあるから文章を書くのに、自分は傷つきたくない。または、人を傷つけたくないとはどういうことですか?

ずいぶんと身勝手だと思います。自分の発言に責任が持てないんでしょうかね。

そもそも、傷つきやしませんよ。誰もあなたの文章なんて読んでないんですから。

ほっしー
この人の書く文章は、気に入らない

と思われたら、今後読まれなくなる。ただそれだけのことです。

文章に保険なんてかけずにに書きたいこと書きましょう。それも書き手としての責任です。

保険のない文章を書くと曲解されます

保険をかけない文章の場合、主張が一方的に見える場合があるので、曲解を受けることがありますが、これは読者がその記事しか読んでおらずそのまま理解するから曲解が起きるのです。

私たち書き手がどうこうできる問題では無いので諦めたほうが良いかと。

こちらの伝え方が悪いということもあるでしょうが、その記事を書いた時点ではどうすることもできませんからね。

ほっしー
あ〜……違うよ〜……そんなこと考えながら書いてないよ……

なんて思っても、反応せずに淡々と記事更新を進めましょう。

なにせ、自分が書き手である以上、自分も曲解している可能性も捨てきれないからです。

曲解した者同士がぶつかり合ってもなんの意味もない不毛な時間となるでしょう(笑)

気を使う文章は対人戦のときだけでいいでしょ

目の前に人がいて対面するとさすがにズバズバいうことは避けなければならないとは思いますが(私はできてないらしいですw)ブログなんて、政治家のやってる街頭演説でしょう?

あなた
読まれなくてもいい、誰も傷つけない文章を書きたい

と考えておられるなら、それでもいいでしょう。まぁ、そんな文章は絶対不可能ですけどね。

しかし、誰かに届けたい。読まれたい文章があるというならば、文章に保険をかけてはダメです。

ほっしー
ターゲットブレブレだし、で?何がいいたいんだ?

と、読者側が考えなくちゃいけないのでw

それに、自分を守りながら文章書くのってだるくないですか?疲れますよ……。

炎上が怖いですか?

実はつい先日書いた記事「うつにセロトニンが効くというのは嘘だった?」という記事が炎上しました。軽くですけど。

直接叩かれたわけじゃないんですけど、はてなブックマークというサービスのほうで、いくつかネガティブなコメントが入っていました。

私から見れば、曲解しているな〜と感じるコメントが多数あったのですが、仕方ないでしょう。

これまで書いてきたように、私も曲解している可能性もありますし、相手も曲解しているのかもしれません。

で、炎上についてですが。

このアンケートを見ると、ほとんどの人が目にすらしておらず、コメントなんてもってのほかだということがわかります。

つい炎上してネガティブなコメントがたくさんつくと、国中の人間が敵に感じてしまうかもしれませんが、実際にはごく一部中のごく一部です。

八方美人的な文章がどれほど無意味であるかこのアンケート結果を見ると一目瞭然ですね!

書き手は書きたいことを丸めずに

  • 保険をかけるとターゲットがブレブレ
  • 保険をかけると読み手が考えないといけないので疲れる
  • 炎上しても超ごく一部の人間しか見ていない

ということで、書き手は文章を丸める必要はまったくないということです。

人を傷つけないように書く文書は、誰もいない壁に話しかけているようなもので……不毛な作業なのでやめましょう。