うつ病は根性や気合いでは治らない

根性や気合
男性
うつ病なんて、気合や根性があれば治るやろw
女性
そうなのかな…私が弱いだけなのかな…

このうつ病あるあると言っても良いような経験、あなたにもあるのではないでしょうか?

結論から言えば、気合いや根性でどうにかなるほど甘い病気ではありません。

気持ちで治ると思っているなら、それこそ甘えですよ(笑)

 

そんな偉そうに言うあんたはナニモンや?と言われると、以下のような感じです。

  • うつ病になってから4年ずっと情報発信
  • うつと名のつく本はとりあえず読む
  • 多くのメンタル疾患者と繋がり
  • うつマッピングを出版

これまでもこれからも、誰よりもうつに対して向き合ってきたからこそ

うつ病は気合いや根性で治るほど、甘いものではない

と、強く言います。

 

この記事では、気合いや根性が誰よりもあるであろう人がうつ病になったエピソードを取り上げます。

もし今あなたが、「うつ病は甘えなんじゃないか?」と落ち込んでいるなら、少しは気が晴れるはずです。

いまだに「うつ病は甘え」なんて言ってる時代遅れな人がいたら、教えてあげてくださいw

 



オリンピックのメダルを28個も量産した、マイケル・フェルプス選手

合計28個のメダルを獲得した史上最高の五輪選手で、2016年のリオデジャネイロ五輪を最後に現役を引退した米国の元競泳選手マイケル・フェルプス(Michael Phelps)氏が、素晴らしい成績を収めた2012年ロンドン五輪終了後に深刻な不安障害やうつ病を患い、自殺まで考えていたことを明らかにした。

五輪で合計23個の金メダルを獲得した現在32歳のフェルプス氏は、米シカゴで16日に開かれたメンタルヘルス(精神衛生)の会議に参加し、極度のうつ病に悩まされたことを赤裸々に語ると、ほかの人々を励ましながら自分のように支援を受けることを訴えた。

引用:元競泳王者フェルプス氏、深刻な不安症とうつ病の体験を告白 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

ほっしー
メダル28個もとったら、そりゃ重みもなくなるよな

なんていやらしい見方もしたんですが、きっとそういうことではないでしょう(笑)

自分の経験を語ることによって人々に手を差し伸べ、命を救うことができる。

私もこの言葉には、すごく感化されるところがあります。

彼ほどの発信力はないものの、ネット上で自分の経験を書き散らしているわけですからね。

私と違って、気合と根性の世界でトップをとった人がうつ病になり、仲間を救う言葉というのはまたひと味違うでしょう。

「精神的にタフであれば、うつ病にはならない」という説がぶっ壊れるわけですからね。

他にもたくさん、気合と根性の世界でうつになった人たち

もうね、これだけ出てきてるのに未だに気合とか根性とか言ってるほうがおかしいんですよね。

うつ病が甘えではないことは、甘えだと思っていた私が実際になってわかりました。

 

うつ病はただの病気で、別に何も恥ずかしいことではない。

こういう認識を広めていくことが、ブロガーとしての使命だと思ってます。

今後もうつ病の認識が改まりそうな情報があったら共有します。

 

根性や気合

心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(最高45万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。

#うつマッピングの著者です。

詳細プロフィールはこちら

YouTubeチャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。