どうも、ブログからの収益で暮らしているほっしーです。

インターネットの発達で、「知識、経験」を「情報」に変えて売る人が増えました。

私もその1人です。

 

私のように、うつ病になって働けなくなった人でも、ネットでモノを売る方法を学べば在宅で仕事ができます。

もちろん簡単じゃないですけどね。

秒速で稼ぐとか言う話は、存在しませんからw

 

  • ブログで稼いでるってどういうこと?
  • イラストとか書けるけど、ネットでの売り方がわからない
  • ハンドメイドグッズ売ってるけど、いまいち売上が…

 

そんな人は、ちょっと目を通してみてくださいな。

 

 

あなたの簡単なことは「誰かの教えてほしいこと」

私にとって、比較的簡単なことは…

  • ブログを毎日書くこと
  • 読まれる記事を書くこと
  • プログラミング
  • 精神疾患の体験談+知識

ってな感じです。

 

これらスキルを組み合わせ、無料にブログで知識をバンバン公開して、お客さんに集まってもらってます。

集まったお客さんに対して、企業の商品を売り込んだり、独自で展開しているサービスを告知させてもらったりしてるんですよ。

また、ブログが有名になるにつれて、ライティングの仕事やコンサルの仕事も入ってきます。

 

私としてはそれなりに頑張っているつもりですが、ほっしーだからできるという話ではありません。

最初は「26歳になりました」とか、誰も興味ねぇだろみたいなことも書いちゃってたんですよw

継続と改善を毎日繰り返してきたおかげでここまでこれたのです。(月間23万PV前後)

 

たとえばあなたが「売れるレベルではないけど、文章をわかりやすくマンガにできる能力」があるとします。

一昔前なら、厳しかったでしょう。

でも今は、ネットが発達しているので情報発信のやり方次第でニーズを掘り起こすのは簡単。

TVでもよく見かける「いらすとや」のイラスト。こんなのでも需要はあるんですよ。

なにせ、私がそのイラスト買いたいですからねw

自作で図とか書いてますけど、マンガやイラストのコミカルさがほしいな〜って思いますから。

ちょっと画像出してみますね…センスやばいでしょ?

 

インターネットで情報を売ることで得られる「労働上の」メリット

特に私のように、精神を病んでしまった人にとっては最適なビジネスの形なんですよ。

上のツイートの条件は楽々満たしますからね。

 

知り合いの精神疾患者で長く働いている人も、ぶっちゃけ勤め人は少ないです。

自分の働きやすい環境を整えている人ばかり。

雇われ系だと、プログラマーが多いかな。あとはクリエイター。

 

ブログやSNSを上手に使って、もっと自分優位で仕事を進めている人は数限られてきます。

それは、知らないからなんですよ。

みんな売れるスキルや情報を持っているのに、どうやって売ればいいのか、そのやり方を知らないんです。

 

2年以上苦労してやってきたことが、そのまま本に書かれてた

インターネットを上手に使うと、コンテンツの横展開やできるだけ労力をかけずに稼げる仕組みが、リアルのビジネスより簡単に構築できます。

あ、簡単ってのは、リアルと比較してってことですよ。

努力すれば誰でもできるってことで、超簡単に秒速でできるって話じゃないですw

 

自分で言うとやらしいですが、私もそれなりに頑張ってきたんでございますよ。

  • 先輩にアドバイスもらったり
  • オンラインサロンに入ったり
  • セミナーに参加したり
  • それらを自分で実践して噛み砕いたり
  • トライアンドエラーを繰り返したり

お金と時間をかけてやってきたことが、なんと本に書かれてしまいました。

 

 

ほっしー
正直ちょっと、えーって思いましたよww

 

これまでは特別なスキルがあっても、売り出す場所がなかったんです。

精神的にやられちゃった人や、そもそも人付き合いが苦手な人は仕事にならなかったでしょ?

それが今や、インターネット上に環境が整ってきてるんですよ。

 

あとは何を売るべきなのか?どうやって売るべきなのかを知って、実行するだけ。 

それを知るために、ぜひ本を手にとってみてください。

悔しい気持ちを少し感じながらオススメします(笑)

以下のことに興味がある人は、ワクワクしながら読める本になってます

  • ローリスク
  • ローコスト
  • 自由な時間に働く
  • 自分の「好き」を仕事に

ちょい、怪しい感じのサイトに飛びますが、私がよく本を買っているところなのでご安心くださいw

興味がある方はお早めに

この本は、10月29日まで新刊発表記念ということで本の価格が無料になってます。

送料550円だけはかかっちゃうけど!

 

 

スポンサーリンク

こんな記事はどうですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。