アスペルガー症候群は仕事において最強だと痛感した経験談

どうも、双極性障害と戦うブロガー星野 良輔(@hossy_FE_AP)です。

私は、システムエンジニアとして働く前、専門学校で2年間勉強していました。

そのときであった天才プログラマーの彼はアスペルガー症候群で、東大に行けるぐらい学力はあるけどプログラミングしたいから専門学校きたみたいなひと。

私も自宅学習を含め学校での成績は一応優秀でしたし、上昇志向の強い人間なので彼に話しかけました。

ほっしー
一緒にプログラミングしない?
天才プログラマー
いいよー!
ほっしーの心の声
へへへ、こやつの実力を確かめてやろう。一泡吹かせてやる!

 

結論から言えば、一泡どころか泡拭いて失神するぐらいに私は打ちのめされました(笑)

 

うまく指示を出せば化ける

その時点での仕事の能力の差なんて、たかが知れてるんですよ。

ある程度才能がモノをいうプログラマーの世界であっても、結局は長く続けられて、集中力、吸収力のある人間が最後には勝ちます。

そのとき、私と彼の間の実力差はそれほどありませんでしたが、集中力と吸収力は段違い。

プログラミングが好きだ!という気持ちでバーっとコードを書いているときの彼の目は鬼でした(笑)

もうとにかくその世界に入り込んでる。話しかけても聞こえてないなんてザラでしたからね。

 

いやもうほんとに、一緒にプロジェクトしたとき、精神的に死ぬかと思いました。

彼の成長スピード、やる気、何もかもが私程度なんて鼻くそだなと思わせるほど。

私は普通の人とは別の角度から、アスペルガー症候群の人に恐怖してます……。

日常生活においての苦労は私が知ることはできませんでしたが、仕事においてはもうその才能を前にしたら嫉妬しかない(笑)

 

東大にアスペルガー症候群のひとが多いらしい

東大生だからどうこうという話ではありませんが、単純に偏差値の高い学校にアスペルガー症候群のひとが多いという事実は面白い。

なぜ?そうなっているのかというのは実際に関わってみるとわかります。

ツイートもしてますが、何かに集中したときの彼らはすごすぎる。

過集中というマイナス面もあるようなのですが、凡人がうまいことコントロールできる関係ができれば最高だと思うですよねぇ。

視点を変えれば最強のパートナー

複数指示は受けられて当然。と思われがちな世界だと、アスペルガー症候群の方はコミュ障乙といわれてはじかれます。

しかしそれは超もったいない。これまで書いてきたように、彼らの集中力は異常なんですよ。

まず間違いなく会社に貢献する人材なのに、たかだかコミュニケーションが取れないぐらいで弾いちゃうのはもったいない。

仕事はできんけど、コミュニケーションは得意って人もいるでしょ。そういうひとと組ませればいいだけの話なんですよ。

 

アスペルガー症候群のひとが向いてそうな仕事

ライティングに関しては相性いいんじゃないかなぁと。

プログラミングと似ていて、やること最初に決めたらバーっと書くだけですからね。

関連記事:メンヘラで何もできなかったぼくが月3万ネットでお金を稼いだ方法を公開!

↑の記事を読んでなお、ハードルが高そうだなぁと感じる場合は、こっちもオススメしてます。

参照:メンヘラ.JPが熱い!あなたもメンヘラライターになるのだ!