自己啓発本を読み続ける理由と読書のコスパは最高だという話

どうも、ほっしー(@HossyMentalHack)です。

私はビジネス書や自己啓発本が好きでよく読みます。

正直、自己啓発本はある一冊を除いて、ほとんど同じだと思います。

自己啓発本を読む

思考は現実化する

大抵はこの本のパクリ、流用もしくは、ちょっとだけ自分の考えを付け加えただけというのが自己啓発本です。目新しい物は特にありません。

 

この1冊、読み応えがありますが注意が必要です。特に双極性障害の方は躁状態になるおそれが高い劇薬です(笑)

 

簡単に、どういった本か説明するとあなたの頭の中で想像したものは良いものだろうが悪いものだろうが、現実のものとなって現れるであろうという内容の本です。

 

人間は意識の中で想像した出来事を無意識にまで浸透させると、無意識にその願望を叶えようとするそうです。

 

これが正しければ、私は仕事を辞めたくて病気になったともいえますね。アドラー心理学の目的論にも通ずる考え方です。

 

もちろん、傾倒しすぎると自分のダメさに打ちひしがれることになるので、都合のいいものだけ取り入れていればいいと思います。

 

自己啓発本はハマりすぎると危険なので気をつけてくださいね。

それでも読み続ける

単純に面白いからというのもあります。この人のナポレオン・ヒル論はどんな感じだろうって(笑)

 

一種の哲学みたいなものなんですよね。いかに自分を騙すか、もしくは信じるかっていう学問だと思います。

 

ネガティブ思考な方からしてみたら、意識高い系だったり宗教じみてるなどといった声が聞こえてきそうですね(笑)

基本的には大事なこと書いてある

自分を騙すという表現を使いましたが、人間が生きていくうえである程度は根性論が必要な場合もあると思います。

 

例えば、基本的には人間は、すぐにネガティブ思考に陥ってしまうそうです。特に現代は飽食の時代で、我々は生まれた時からものがそろっていますよね。

 

昔と違って夢が持ちにくい(具体的に想像しにくい)世界だと思うんです。例えば、一人暮らしなら給料だって20万そこそこもあれば贅沢な暮らしできますから。それ以上何を望むんだろうっていう気持ちになるのもわかります。

 

そのような思考になると、できるだけ責任を取ることは避けたいという安全策を取るようになります。そして、リスクを避け続けるつまらない刺激のない人生となってしまいますね。

 

そんな中、仕事に生きがいを感じる楽しさであったり、自分はこうやって生きてきた!という成功者の言葉はどこか励まされます。

 

彼らもまた、私たちと同じもがき苦しんだ時代が必ずあるので、親近感が湧いてくるんですよね。もしかしたら俺にもできるんじゃないかって。

 

そんな気になって終わってしまうので、私は進歩しないんでしょうけど(笑)具体的な行動に移せるとしたら、こうやってブログに書いて自分に言い聞かせることぐらいですね。

読書のコスパは最強

簡単な人間力養成

人間力ってなに?と言われると難しいですが、まぁ、人として尊敬されたり、立派な人だよねといわれる人が人間力の高い人だとします。

 

そういった人間力のある方は、知識が豊富であることが多いです。この知識というのは学校の勉強で培われたものとは少し畑が違います。

 

考え方が柔軟であったり、何かにとらわれているようなこともなく、俯瞰して物事を見れる方ですね。

 

あくまで私の感覚ですが、人間力のある方はたくさんの本を読んでいることが多いんです。

 

そして、読書という行為は最も安いコストで人間力を養えます。たかだか1000円前後で著者の頭の中を垣間見ることができます。

 

例えば哲学なんかがわかりやすいです。今のような文明が発達する前から人とはどういう存在か、どうあるべきかを追い求め続けてきた学問です。

 

その哲学は、多くの人に支持された。つまり、多くの人が生きる上で必要な考え方だと思ったということです。

 

その先人たちの知恵をたった数千円で頭に叩き込むことができます。やっぱりコストパフォマンスは高いですね。

ネットでも良くない?

もちろん、ネットで無料もしくは有料で情報を集めることは可能です。ただしネットの場合、整理されてなかったり、精査されていない情報が並んでいることは言うまでもありませんね。

 

そういった乱雑な情報を組み合わせ、自分の中に噛み砕いて消化させる技術はやはり読書で身につけるほうが効率的かなと私は考えます。

 

知識や見識が浅い様態でネットの情報の海に飛び込むのはやはり溺れてしまうだけだと思います。まずは泳ぎ方を覚えてから海に行きましょう(笑)

まとめ

今回は、私が自己啓発本を読み続ける理由と読書のコストパフォーマンスは最高だという話でした。

 

みなさまは読書をされているでしょうか。嫌いな方もいらっしゃると思います。私も大学を卒業した頃までは一切本を読んでいませんでした。

 

活字なんて読んでも眠たくなるだけだし、漫画のほうが絵があって楽しい。そんなふうに考えていました。

 

人生にもがき苦しんだ時に手にとった「思考は現実化する」という本にハマって、考え方が変わりましたね。今思うとこの本に最初にハマったのは危険でしたけど(笑)

 

とにかく、読みたいけど楽しくないという方は本屋さんに行ってみて適当にパラパラめくってみるといいです。

 

言い方はアレですけど、あなたの考える悩みなど、すでに誰かがもがき苦しみ解決しています。その答えは本にありますよ。

 

心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(最高45万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。

#うつマッピングの著者です。

詳細プロフィールはこちら

YouTubeチャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。