結局朝食は食べた方がいいの?食べない方がいいの?どっちなんだ??

どうも、ほっしー(@hossy_FE_AP)です。

皆さん、朝食食べてますか?私は食べない派として生きていますが、最近は気分で食べることがあります。

食べないほうが頭の回転は早いんですよね。でも、お腹は空いてしまうもんですわ。

ということで、ちょっとだけ食べる…というのを意識してますw

フルーツグラノーラがちょうどよい

 

 

朝食をとるかとらないか…結局どっちがいいの?

みんな迷ってる

 

 

私も迷っています。朝食抜きダイエットをしたこともありました。

その時は体調が良かったような気がしますが…劇的に何かが変わったことはありません。

 

 

このように、朝食を食べたことによって体調が悪くなってしまった人もいるかと思います。

前日からの疲れを引きずっていたり、飲み過ぎてしまっていたり…。

必ずしも朝食を食べたほうがいいと言い切れない原因はこういった生活習慣の変化(悪いからだけかも?)もあるのかもしれませんね。

ちなみに気になったのでTwitterでアンケートをとってみました。

ご協力頂いた方々、ありがとうございます。

食べる派の意見

朝食を食べると胃腸が活発に動き出します。その効果で眠っていたカラダが動き出し、睡眠中に低下した体温を上げてくれます。体温を高く維持するために体内のエネルギーが消費されるので、体温が高くなることは「基礎代謝」が上がることにつながります。基礎代謝を上げる=燃えやすいカラダになる、ことですから朝食を食べることは「太りにくい体質をつくる」と言えるのです。

逆に食事を抜いてしまうと、エネルギー不足になったカラダは一時的に飢餓状態になり、次に食べ物が体内に入ったときに余分に栄養を溜め込もうとします。ですから朝食を抜くことが習慣になると、脂肪を溜め込みやすい「太りやすい体質」になってしまう恐れがあります。

引用:あすけん

確かに朝食をとると、目が覚めたー!と感じることもあります。

しかし、逆に食べ疲れてしまうことも…。そうすると、その日の午前中の仕事の効率がガタッと落ちてしまいます。

太りやすいというのはどうなんでしょうね。朝食を抜くと、脂肪を溜め込みやすいことも昔から言われていますが…。

この点については、朝食抜きダイエットを実践した私から言わせてもらうと納得出来ないポイントかなって思います。

朝食抜いて昼と夜は好きなモノを好きなだけ食べるダイエットで、3ヶ月で5キロ落ちました。

ただ数値的に本当に朝食を抜いたことが要因なのかはちょっと怪しいところではありますが(笑)

朝食を抜くと、お腹が好きすぎて昼頃にバクバク食べてしまいうのは事実です。

朝食を抜いてもお腹はたいして減らないなぁと思う方にはオススメのダイエット法だといえるかもしれません。

 

食べない派の意見

私は以前朝食をとらずにダイエット成功しました。食べないことは胃を休ませる効果があります。

人間の消化活動には時間がかかるんですよね。

食べた物は、3時間ほど胃で消化され、小腸に運ばれ、8時間から12時間で排泄されていくそうです。

少食健康法のダイエット効果とサーチュイン遺伝子について

だとすると、朝食をとるという行為は、1日三食、食べている人の時間によっては、胃が休むことがないので体が疲れてしまうことになります。

 

個人的には

先ほど紹介したように、朝食抜きダイエットを敢行したことから朝食は食べない派なんでしょう?と聞かれますが最近は食べます(笑)

結局どっちがいいのかというのは自分の体調と相談するしかないんですよね。

私が朝食抜きダイエットをしてみようと思ったのには本を読んでやってみようかなと思ったこともひとつですが、この時は単純に朝食をとると体調が悪くなるような気がしていたんです。

今は朝食をとって少しだけゆっくりすると体が動き出すような気がしています。また変わるかもしれませんが(笑)

要するに、現在の自分の体調と照らし合わせて食べたければ食べる。いらないなと思えば食べない。それだけでいいと思うんです。

現代人が栄養過多であることは周知の事実です。少し食べなくても大して問題はないでしょう。

 

まとめ

  1. 朝食を食べるメリット、食べないメリットそれぞれある
  2. 自分の体調と相談しよう

どっちがいいのか、迷う気持ちはすごくわかります。正直私も今でも迷っているところではあります。

しかし、自分の体のことは自分の内なる声に聴いてみましょう。

内なる声に従うというのはめちゃくちゃ大事なことで、私のうつの改善にもつながりました。

あなたのネガティブな考え方が消えない理由を科学的に解説する

 

 

私が朝食抜きダイエットをするきっかけとなった本

朝食抜きダイエットを実践し、サーチュイン遺伝子を活性化させることで人生がよくなった!と書かれている本です。興味のある方は是非!