精神科の待ち時間、人生最大の無駄な時間で辛いよね

精神科に通っている人ならあるあるだと思うけど、9時に予約したとしても、平気で1時間ぐらい遅れる。

医者には医者の事情があるのだろうけど、そんなの考慮してられっかよってぐらい待たされる。

病院の待ち時間は誰にとっても苦痛だろうけど、メンタル的な疾患を持っている人からしてみると本当につらい。

私は寛解しているのでマシだけど、それでもやはりイライラする。

そして精神科診察の日は、24時間フルで働いたかのようにぐったりしてしまい、帰宅後に数時間の眠りについてしまう。

男性

そんなに暇なら、暇つぶしのなんか持っていけばいいじゃん

ほっしー

ええ、ええ、その通りですよ。その通り。

だがね、なぜ患者側が気を使わねばならんねん!という本音もあるよね〜。

そりゃ医者の世界ののことはわからんけど、心の中ではみんないい加減にしろと思ってるだろうよ。

実際に診察される時間なんて5分もないし、聞かれることもいつも同じ。

それだったらもう、診察なしで薬だけくれやって感じもするよね。

先生から呼ばれるまでの時間、本当に無益な時間を過ごしているな…と感じる。

どうやったら有益に使えるか?考えた結果、なんとパソコンを持って仕事することですよ。ええ。

周りの患者さんからは「こいつ本当に病気か?」というような訝しげな顔をされるし、机がないので姿勢悪くしなきゃあかんので疲れるし。

病院の待ち時間を有益に過ごすなんて、とてもできないんじゃないかと思う今日この頃。

ちなみにこの愚痴ブログも、精神科の待合室で書いてますw

書きながらこんなことを考えていた

ほっしー

「今は呼ぶなよ…!今はノッてるんや…!」(呼んで呼んで!!!)

いよいよこの記事も終盤。もう書くことがなくなった。

うん、今日もやっぱり呼ばれない。

心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(最高45万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。

#うつマッピングの著者です。

詳細プロフィールはこちら

YouTubeチャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。