中間市のランチでオムライスを食べるならここ!中間高校の入り口にあるカフェ・ド・バルビゾン

どうも、双極性障害と戦うブロガー星野 良輔(@hossy_FE_AP)です。

今回は家庭的で温かみのある料理が特徴のカフェ・ド・バルビゾンを紹介します。

 

中間高校の入り口の向かいにある洋食屋さん

DSC_0017

 

中間高校の入り口、そのすぐ向かい側にオシャレなお店がありました。

 

DSC_0025

 

カフェ・ド・バルビゾン。なんともオシャレな洋食屋さんです。

ランチのメニューもリーズナブルな価格で、地元のお客さんで賑わっていました。

 

お店の雰囲気

DSC_0020

 

かわいらしい外観で閑散とした住宅街にさんさんと輝いてました(笑)

平日の昼間だというのに、駐車場はすぐに埋まってしまいましたね。

 

DSC_0024

 

4〜5台は停められるスペースがあるのですが、大きな道路沿いにあるので、軽自動車で行ったほうがいいかもしれません。

 

DSC_0007

 

誕生石を使用したブレスレットが売ってあり、可愛らしい雰囲気を演出していました。

私が行った日は、高齢の方が多かったので残念ながら見向きもされていませんでしたが、普段は若い人が興味を示したりするそうな。

 

DSC_0008

 

平日の昼下がりにまるで実家に帰ってきたかのような温かい雰囲気。

日当たりが良好で、晴れている日は気持ちのいい日差しを感じることができます。

 

オムライスランチを頂きました

前菜サラダ #ランチ #カフェ・ド・バルビゾン #中間 #中間高校の近く#サラダ

ほっしーさん(@hossy_bp2)が投稿した写真 –

さっぱりした卵スープ #ランチ #カフェ・ド・バルビゾン #中間 #中間高校の近く#卵スープ

ほっしーさん(@hossy_bp2)が投稿した写真 –

どれも家庭的で温かみのある料理。

私がこの辺りに住んでいたとしたら、週に1回は通いたくなる心をリセットできるような味でした。

お袋の味的なそんな感じ。

 

カフェ・ド・バルビゾンのダメなところ

完全禁煙ではない

個人的にここが一番気になりました。私の座ったところは分煙されたところで、一応区切られてはいるのですが、煙が入ってこないような設計はされておらず、プラズマクラスターがおいてあるだけです。

さすがにやっつけでやっているという印象が拭えず、ここは印象が悪かった。

せっかくおしゃれで良い雰囲気の洋食屋さんなので完全禁煙にしてほしかったです。

 

カフェ・ド・バルビゾンへのアクセス

 

車で行くことをオススメします。公共交通機関はあまりありません。

筑豊電鉄の最寄り駅、通谷駅からタクシーという手もあります。

 

同じ中間市には隠れ家的名店の生パスタの店もありますよ〜!

筑豊・中間市にある生パスタ「秀虎」は隠れ家的な大人のお店

2016.08.22