精神疾患者が働きやすい環境は、「農業・林業」にあるのではないか?

 

体験したことがないので、もろもろ甘い考えが散りばめられていそうですが、少なくとも普通の会社員になるよりは人間関係のストレスが少ないのではないかと思うんです。

そういう意味で、精神疾患者向きではないか?と考えています。

 

すべての悩みは対人関係にあり

個人が幸せに生きるための心理学として有名なアドラー心理学を提唱したアルフレッド・アドラーによれば、すべての悩みは対人関係にあるそうです。

極端ですが、そういう意味では、競争する人と極力かかわらないのではないかと思う農業・林業などが最適なのではないかと考えました。

 

精神疾患者が働ける新しい場所を作ってみたい

 

農業をされている方からは考え方が甘いですよという指摘を頂きました(笑)

もちろんそうでしょう。私は全くの未経験で、草刈りぐらいしかしたことありませんしw

 

でも一番可能性があると思うんですよねぇ……。現時点では知識が乏しいので、具体的なものは何も見えてないですけど、ワクワクしますw

 

もろもろ挑戦します

まだまだ理想の段階ですが、いつか実現してみたいと考えてます。

まずは、私自身がガッツリ稼げる力をつけないと挑戦すら難しいので、自分の力をつけねばなりませんね。

 

「田舎で農業・林業」というのは、コスト面においても精神疾患者には有利だと思うんですよねぇ……。

働いてもらうには、やっぱり田舎がいいんじゃないかと。

 

病院が近くにあるかどうかという問題は残りますが、経済的な打撃が我々にとっては一番でかいものですから。