ゼネラリストよりスペシャリストになりたい理由

こんにちは、ほっしーです。

私はゼネラリストよりスペシャリストになりたいと考えています。

ゼネラリストとスペシャリスト

ゼネラリストとは?

簡単に言うと、広く浅い知識を持っている人のことです。器用貧乏とも言えますね。

スペシャリストはその対極としてよく使われる言葉です。

スペシャリストとは?

これについては説明は不要かもしれませんね。要するにとんがってる人のことです。この人といったらこれだよね!っていうものを持っている人ですね。

なぜスペシャリストになりたいのか

スペシャリストのほうが印象に残る

仕事においても人間関係においても、何か一部分光るものを持っている人というのは印象に残ります。

 

リアルやインターネットの世界において私が友人だと思っている方々の中でも特に自分が注目してみている人というのは、スペシャリストが多いんです。

 

それに、ブログを書いている身としては、キャラが立っているということが大事になってくると思うので、よりスペシャリストにあこがれを持つのかもしれません。

スペシャリストにあこがれを持っている

例えば、音楽の世界で考えてみましょう。

私はどんなジャンルが好きというわけではありませんが、キャラの立っている人に心を奪われがちです。

男性ならばB’z。彼らは昔から大好きです。彼らにしか奏でられないサウンド、そしてなによりボーカルの実力。

このクオリティまで持っていけるグループを私は他に知りません。

女性であれば、Superflyをデビュー当時から注目しています。彼女の声も大好き。ボーカルとしての実力もほかの女性アーティストと一線を画していると思っています。

ジャンルがかぶっているような気がするので、どうせなら違うところから。

声優としてデビューし、最近では歌手活動が成功してメディアの露出度が高くなった水樹奈々。

 

昔から歌手として注目していました。アニメソングと演歌の喉を併せ持ったスペシャリスト性に惚れこんでいます。

 

ボーカルや演奏の実力に関して、私は音楽に詳しくありませんからわかりませんが、個人的にはいずれもスペシャリストと感じているので憧れています。

ゆるぎなく信じられるスキル

私にはこれがある!といえるものがありますか?

 

私は書くことが好きです。ブログを毎日書いています。それに外部サイトでもライターとして週に2日執筆しています。(serene Garden)

 

文章力と問われると正直自信はありませんが、自分の考えを書き連ねることは得意です(笑)

 

毎日ブログを書いていてもTwitterで夜中につぶやきまくったりするときもありますから。

まとめ

B’zや水樹奈々は、アンチファンも多いです。それだけとがっているという証明なんだと思います。

 

さすがに叩かれるのは辛いですが、ゼネラリストとして印象に残らないよりはスペシャリストになって矢面に立つほうが、私はいいかなって思います。

 

まずはスペシャリストにならなければいけませんが(笑)