どうする?うつからの再就職! 障害者雇用に特化したエージェントに頼ってみよう

どうも、ほっしーです。

  • 社会復帰したいけど、どう就活したらいいかわからない
  • ハローワークに行ったけど、いい求人がなかった
  • インターネットを使って効率的に情報収集したいけど…よくわからない
  • 就活はしたい。でも、情報を集めに外に出かけるのはおっくうだ
  • 精神障害者と言うだけで、渋い顔をされそう(された)

 

あなたもこのように、社会復帰をしようにも重い腰があがらないのではないでしょうか?

私もはじめてハローワークに足を運んだ時に

ほっしー
え…こんな求人しかないの?
ほっしー
精神障害者っていうだけですげーいやな顔するじゃん。かえろ。

と、傷ついた経験があります。

 

でも、時代は進化していて、ネットで調べてみたらいい求人がたくさん見つかるんですよ。

障害者雇用専門のエージェントまであったりして…驚きました。

Twitterで「うつ 就職」と検索すると、私と同じようにハローワークに対する不満や、自ら紙の履歴書を提出して就職活動をして疲弊している方々を目にします。

就活でうつ病になる大学生がいるぐらいですから、うつ病からの就活でうつが悪化するなんて簡単なことなのかも。

 

障害者雇用専門のエージェントのことを知らなければ、私のように就職活動で苦労してうつが悪化し、就職することが怖くなってしまい、一生社会復帰ができなくなるかもしれません。

そうならないためにも今回は、無料で就活をサポートしてくれるエージェントをまとめました。

では、いってみましょう!

 

 

障害者雇用に特化したエージェントを使うべき理由

障害者雇用特化のエージェントを使うメリット

  • 障害者手帳が必要で、健常者がはいってこないので競争率が低い
  • ノウハウが豊富で、障害者に寄り添ったサービスができる
  • 企業との長い関係により、非公開案件を取り扱っている
  • スタッフに当事者がいるので気軽に相談できる

 

1.アイエスエフネットジョイ

アイエスエフネットジョイは障害者専門の人材サービス会社の先駆けとして、「障害者の完全社会参加」の理念のもと、事業を行ってまいりました。

お仕事を紹介するだけでなく、就職活動におけるアドバイス、スキルアップのための講座紹介、就職後のフォローまでをカバーし、就職に関わるさまざまなサービスを提供しています。

その実績は、転職に成功した多くの方からの声として届けられているほか、マスコミにも広く取り上げられています。

 

アイエスエフネットジョイは業界トップの精神障害者就職数を誇ってます。

障害者雇用ではあまりないと言われている大手の求人情報もありました。

 

精神障害者の平均年収は100〜199万円が一番多いと言われていますから、この求人がいかにすごいかわかりますな。

 

この会社の専務さんは、Twitterでよく情報発信しているので好感が持てますね。

障害者雇用のエージェントって、雰囲気がよくわかんないとこが多いんですよ。

中の人がこんなことやってる! ってわかるのが安心につながります。

 

 

アイエスエフネットジョイの評判

就職活動中の感想 :

職員の方々が大変親切で、面接の練習や講義などを真剣に行っていただけたため、希望の企業様から内定を得ることができました。

病状や目標、悩みなどを定期的に相談し、アドバイスを受けることもできるので、とても実用的だと感じました。

就労後もサポートをしていただけるということなので、安心感も大きいです。

就職後の感想 :

入社予定日まで少し時間がありますので、今は準備をしています。

定着支援もしていただけるということなので、頑張りたいと思っております。

就職活動中の感想 :

講座がいろいろあり、どの講座も、とても考えさせられることが多かったです。

印象深かったのが、経済講座、癒しの講座、手話・点字の講座、マナー講座です。

また、模擬面接の講座もあり、私は、何回か参加して添削して頂きました。

支援員のかたは、とても親切で、丁寧なので、気持ちよく通所できました。

私が通所したのは、約4か月でしたが、とても充実した4か月間でした。

就職後の感想 :

私は、ジョイから現在の会社の案件を頂き、就職しました。

発達障害ゆえ軽作業の仕事を希望しました。現在の会社では、コスチュームの整理・配送をメインにおこなっており自分の希望とマッチしています。

ジョイの支援員の方が、1ヵ月に1回、定着支援で様子を見に来てくれるなど、フォローもしっかりしています。

今後は、安定して、長期にわたって勤務できるよう、体調管理に気を付けてがんばりたいと思います。

※精神障害者の事例をアイエスエフネットジョイの利用者の声から引用

 

無料登録はこちら↓

 

2.【東京限定】 ラルゴ高田馬場

東京限定ではあるものの、障害者雇用に特化したラルゴ高田馬場もオススメ。

ラルゴ高田馬場は、人材紹介事業で培ってきたノウハウで、皆さまの就職・転職活動をサポートさせて頂きます。

就労の準備が出来ている、もしくは転職を希望している障がい者手帳をお持ちの方(障がいの種別は問いません)を主な対象として、多数の求人情報の中からあなたに合った企業をご紹介させて頂きます。

 

精神障害当事者のスタッフが在籍していて、トレーニング内容等の運営に「当事者目線」を取り入れているそうです。

困ったり悩んだりしたときにすぐに相談できるのはいいですよね。

 

私たち障害者にとって、当事者がいるかいないかは大きな問題です。

就職活動という精神的に負担のかかる活動をするならなおさらのこと。

取引先が年間約600社存在しており、 そのうち約7割が30年以上続いている安定企業なので安心して新しい職場に入社が可能なんだとか。

障害者雇用に特化しているだけあって、ラルゴ高田馬場でしか扱っていない非公開求人もあります。

これは特化の強みでしょうな。

 

ラルゴ高田馬場ではバーチャルオフィスとして実践的・実務的なトレーニングを経験することが可能です!

  • PCスキル MOS資格
  • 就活講座ノウハウ
  • コミュニケーショントレーニング
  • 体幹トレーニング…etc.

 

東京限定なのが残念ですが、東京の方は利用しないとむしろ損です。

就労移行支援事業所も運営している会社なので、他の転職エージェントよりも障害者に対する手厚いサービスが特徴ですよ。

 

無料登録はこちらから↓

 

無理して自分の力だけで就活しないことが大切

私は最初、ハローワークに足を運んで就活をしようとしました。

が! ほとんど自分でしないといけないんですよね。

大学時代に経験した地獄の就職活動を思い出しました(笑)

 

いくら病気が寛解状態にあるからといっても、病気になる前の状態まで回復できる人は稀です。

就活でストレスがたまると再発する恐れもあります。

うつから最初の就活でしくじると、恐怖症がついて次の復帰まで大幅に時間がかかると思うんですよねぇ。

少なくとも私は、もうハロワにはいけませんね。

 

精神科医も著書のなかで復職について以下のように語っています。

 

職場復帰に際して、会社が認めてくれるのならば、助走のような期間を三カ月から半年間つくるのも、再発を予防するうえで効果的です。

すなわち、残業、休日出勤、遠方への出張、夜間勤務などを控えるようにするのです。これは職場によって事情が異なり、できないところもありますが、復職当初はなるべく過重な労働は避けるべきです。

(中略)

復職を許可し、再発させてしまったことが何度もあります。そして、二回目、三回目の休職は、「うつ」の人にとってさらに辛く苦しい体験となってしまうのです。

このような経験を数多くしてきたからこそ、復帰は慎重にしたほうがいいというのが、私の意見です。

引用:「うつ」かもしれない~死に至る病とどう闘うか~

 

長時間労働が問題になっている現代社会。

精神科医が推奨するような環境を一般企業は用意できているとは思えません。

しかし、このページで紹介している転職エージェントは一般のエージェントとは違います。

障害者雇用にノウハウがあり、特化している。

つまりわたしたちに寄り添えるサービスができるってことです。

また、障害者雇用のエージェントを使わないということは、健常者と就職活動を勝負することになります。

あなたがその茨の道を歩いていくのは自由ですが、傷つきやすい状態なので、私のようにハロワで足蹴にされると、もう二度と就職活動したくなくなるかもしれません。

社会復帰の第一歩は必ず成功させて自信をつけるためにも、プロに頼るべきだとわたしは考えます。